お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 音響シーン識別のための注目すべき音を自動検出するニューラルビームフォーマの検討
市川創大山田武志筑波大)・牧野昭二早大/筑波大SP2022-10
近年,マルチチャネル信号を入力とするビームフォーマを用いた音響シーン識別手法が提案されている.一般にビームフォーマの空間... [more] SP2022-10
pp.35-40
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
13:00
ONLINE オンライン開催 多クラス分類器とその中間層出力の再構成器を用いた異常音検知の検討
松本啓汰山田武志筑波大)・牧野昭二早大/筑波大SP2022-18
近年,正常音データのみを用いる教師なし学習によって,未知の異常音を検出する技術が求められている.現在主流となっているのは... [more] SP2022-18
pp.77-81
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]MVDRビームフォーマの時間周波数スイッチングによる劣決定音声強調
山岡洸瑛筑波大)・小野順貴首都大東京)・牧野昭二山田武志筑波大EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
本稿では,ステレオマイクロフォンから利用可能な新たな劣決定音声強調手法を提案する.我々は以前,時間周波数点毎に事前構成し... [more] EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
pp.149-154
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]複数種録音端末を用いた会議の想定における伝達関数ゲイン基底NMFによる遠方音源抑圧の性能評価
松井裕太郎牧野昭二筑波大)・小野順貴首都大東京)・山田武志筑波大EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
非同期マイクロホンアレイを用いた会話や会議などの録音において,不特定多数の音源からなる拡散雑音を効果的に抑圧できる手法と... [more] EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
pp.335-340
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
14:35
東京 玉川大学 多変量確率モデルによる脳波の信号分離
栗花悠輔宮部滋樹ルトコフスキ トマシュ松本佳泰山田武志牧野昭二筑波大MBE2012-119
信号源分離の主流をなす枠組である独立成分分析は,無数の信号源が混合された脳波の観測信号から目的信号成分を高精度に分離する... [more] MBE2012-119
pp.161-166
EA 2012-12-13
15:20
東京 国立情報学研究所 単一音源区間情報を用いた非同期マイクロホンアレーによる音声強調
坂梨龍太郎筑波大)・小野順貴NII)・宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大EA2012-112
 [more] EA2012-112
pp.17-22
EA 2012-06-08
11:00
静岡 (株)ヤマハ 球状スピーカアレーを用いた放射特性制御のシミュレーション
林 貴哉宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大EA2012-36
本稿では球状スピーカアレーによる距離減衰制御システムについて述べる.
従来研究において,球面調和領域における波の伝搬モ... [more]
EA2012-36
pp.19-24
EA 2012-06-08
14:05
静岡 (株)ヤマハ 高次モーメント分析に基づく非線形MUSICによる劣決定方向推定
杉本侑哉宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大EA2012-41
本稿では,高次モーメント分析によってMUltiple SIgnal Classification (MUSIC) を劣決... [more] EA2012-41
pp.49-54
EA 2012-06-08
15:10
静岡 (株)ヤマハ 多チャンネルウィーナーフィルタを用いた音源分離におけるスパースモデルと最小二乗誤差モデルの性能比較
坂梨龍太郎宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大EA2012-43
歪みの少ない劣決定音源分離手法であるDuong らの多チャンネルウィーナーフィルタは,観測信号が多変量正規分布に従う多チ... [more] EA2012-43
pp.61-66
PRMU, SP
(共催)
2012-02-09
16:30
宮城 東北大学 青葉山キャンパス [ポスター講演]日本語発話能力測定ウェブシステムのための留学生発話分析
栗原理沙和歌山大)・石塚賢吉筑波大)・西村竜一和歌山大)・篠崎隆宏千葉大)・山田武志今井新悟筑波大PRMU2011-219 SP2011-134
本研究は、ウェブプロトコルで動作する日本語学習者の日本語発話能力測定テストシステムを開発する。本システムは、音声認識を応... [more] PRMU2011-219 SP2011-134
pp.141-142
EA 2011-11-18
15:45
熊本 熊本大学 周波数依存の時間差モデルによる劣決定BSS
丸山卓郎筑波大/NTT)・荒木章子中谷智広NTT)・宮部滋樹山田武志牧野昭二筑波大)・中村 篤NTTEA2011-86
 [more] EA2011-86
pp.25-30
EA 2010-08-09
15:15
宮城 東北大学 空間パワースペクトルの主成分分析に基づく時間断続信号の検出
加藤通朗杉本侑哉牧野昭二山田武志北脇信彦筑波大EA2010-47
会議音声アーカイブを効率良く再生するためには,誰がいつ,どのように発話しているかを事前に検出しておくことが重要である.本... [more] EA2010-47
pp.25-30
CQ
(ワークショップ)
2009-11-20 東京 NICT本部 [ポスター講演]雑音抑圧音声の総合品質モデルを用いたフルリファレンス客観品質評価法の検討
篠原佑基山田武志北脇信彦牧野昭二筑波大
本稿では、雑音抑圧音声の総合品質推定モデルを用いたフルリファレンス客観品質評価法を提案するとともに、実験により雑音抑圧音... [more]
CQ 2009-09-10
14:40
岐阜 高山市民文化会館 IP電話における中国・日本・欧米のMOS評価特性の比較
蔡 振宇北脇信彦山田武志筑波大CQ2009-28
MOSによる主観品質評価には、用いる言語や指示語の違い、評価者の国民性などの影響を受けやすいという問題がある。この問題を... [more] CQ2009-28
pp.17-20
CQ, MoNA, IPSJ-AVM
(連催) ※学会内は併催
2009-07-10
09:50
北海道 小樽市民会館 楽音と音声の双方に適用できる客観品質推定尺度の検討
三上雄一郎牧方康裕北脇信彦山田武志筑波大CQ2009-23
全IP(Internet Protocol)技術を特徴の一つとする次世代ネットワーク(NGN:Next Generati... [more] CQ2009-23
pp.49-54
ICM, CQ, NS
(併催)
2008-11-14
16:00
福島 日本大学(郡山) 雑音抑圧音声の品質推定モデルとそのノンリファレンス客観品質評価への適用
加須屋悠己篠原佑基山田武志北脇信彦筑波大CQ2008-56
本稿では,雑音抑圧音声を対象とするノンリファレンス客観品質評価法について述べる.まず,ITU-T勧告P.835により定め... [more] CQ2008-56
pp.59-63
IEE-CMN, ITE-ME, CQ, LOIS, IE
(共催)
2008-09-25
15:10
香川 四国電力 総合研修所(高松) 映像品質と音声品質との相互作用を考慮したマルチメディア品質の推定モデル
門田俊紀北脇信彦山田武志筑波大CQ2008-33 OIS2008-36 IE2008-58
近年,移動体端末画面からPC画面やTV画面まで,様々な画面サイズでマルチメディアを視聴する機会が増加している.筆者らは,... [more] CQ2008-33 OIS2008-36 IE2008-58
pp.39-44
CQ 2008-07-17
14:20
北海道 釧路市生涯学習センター 装置劣化要因の品質評価に用いるテスト信号の検討
青島千佳村田梨思子北脇信彦山田武志筑波大CQ2008-15
 [more] CQ2008-15
pp.9-14
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-25
15:10
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター 符号化劣化要因と周波数帯域及びパケット損失を考慮した客観品質評価法
金森貴彦北脇信彦山田武志筑波大CQ2007-92
近い将来,IP技術とQoS制御技術を基本とするNGNの発展が期待されている.そのNGNを用いて楽音メディアのストリーミン... [more] CQ2007-92
pp.67-70
CQ, MVE
(併催)
2007-01-26
11:55
福岡 アジア太平洋インポートマート 符号化劣化要因とパケット損失を考慮した楽音の客観品質評価法
金森貴彦平栗洋介北脇信彦山田武志筑波大CQ2006-91
近い将来,IP技術とQoS制御技術を基本とするNGNの発展が期待されている.そのNGNを用いて楽音メディアのストリーミン... [more] CQ2006-91
pp.67-70
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会