お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE, SC
(共催)
2022-11-04
13:35
長野 野沢温泉 桐屋旅館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習プロジェクトの実施における不吉な匂いとその認知度の調査
竹内広宜武蔵大)・小形真平信州大)・海谷治彦神奈川大)・中川博之阪大KBSE2022-31 SC2022-26
 [more] KBSE2022-31 SC2022-26
pp.1-6
KBSE, SC
(共催)
2022-11-04
14:05
長野 野沢温泉 桐屋旅館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
RPAログを用いた処理フロー再構築手法の検討
新田壮史中川博之阪大)・小形真平信州大)・竹内広宜武蔵大)・海谷治彦神奈川大)・土屋達弘阪大KBSE2022-39 SC2022-34
 [more] KBSE2022-39 SC2022-34
pp.48-53
SC 2022-05-27
13:00
ONLINE オンライン開催 意思決定プロセスモデルを活用した機械学習プロジェクトに関する知見の体系化
竹内広宜武蔵大)・小形真平信州大)・海谷治彦神奈川大)・中川博之阪大SC2022-6
 [more] SC2022-6
pp.31-36
KBSE 2022-03-09
14:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) Heuristic Minerを用いたパラメータ調整に基づくプロセスモデル抽出手法
南垣内一輝中川博之阪大)・海谷治彦神奈川大)・小形真平信州大)・竹内広宜武蔵大)・土屋達弘阪大KBSE2021-46
オープンソースのプロセスマイニングツールProM(Process Mining framework)cite{ProM}... [more] KBSE2021-46
pp.30-35
KBSE, SWIM
(共催)
2021-05-22
11:00
ONLINE オンライン開催 エンタープライズアーキテクチャを用いた機械学習サービスシステムのアジャイル開発モデル
竹内広宜武蔵大)・小形真平信州大)・海谷治彦神奈川大)・中川博之阪大KBSE2021-8 SWIM2021-8
 [more] KBSE2021-8 SWIM2021-8
pp.44-49
KBSE 2018-03-01
15:50
沖縄 石垣市民会館 中ホール ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュリティ要求分析からセキュリティ設計を支援するシステムの開発
宮原 光櫨山淳雄学芸大)・田中昂文東京農工大)・鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大)・吉岡信和NIIKBSE2017-50
インターネットが社会に浸透している現在,ソフトウェアセキュリティの重要性が認識されている.とりわけ,セキュリティ設計の困... [more] KBSE2017-50
pp.67-72
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-13
14:40
北海道 北海道立道民活動センター ドメインモデルを用いたアクター間のゴール依存関係分析
海谷治彦神奈川大SS2016-4 KBSE2016-10
ソフトウェアや情報システムを導入するか否かは,
それらが導入される人間や組織が営む活動の分析を通して行なうべきである.... [more]
SS2016-4 KBSE2016-10
pp.43-48
KBSE 2015-09-25
11:15
大阪 大阪大学大学院情報科学研究科(吹田キャンパス) 画面遷移モデリングにおける関心事の分離法の検討 ~ 業務機能と使用性向上機能に着目して ~
小形真平紙森翔平信州大)・海谷治彦神奈川大)・岡野浩三信州大KBSE2015-33
モデル駆動開発による業務系Webアプリケーション開発の要求分析において,業務遂行に必須な機能(業務機能)と,運用操作性と... [more] KBSE2015-33
pp.33-38
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2015-07-23
10:40
北海道 札幌市教育文化会館 セキュリティ,プライバシー向け共通問題EMSsecの提案
大久保隆夫情報セキュリティ大)・海谷治彦神奈川大)・鷲崎弘宣早大)・小形真平信州大)・柿崎淑郎東京電機大)・櫨山淳雄学芸大)・吉岡信和NIISS2015-22 KBSE2015-15
 [more] SS2015-22 KBSE2015-15
pp.69-74
KBSE 2015-03-05
15:25
東京 電通大(調布, 東3号館) ソフトウェアセキュリティ知識を活用したセキュアなソフトウェア開発のための事例ベース管理システムの開発
斉藤大仁櫨山淳雄学芸大)・吉岡信和NII)・小橋孝紀鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大KBSE2014-57
近年,ソフトウェアセキュリティに関する技術開発が進められてきた.一方で,ライフサイクル全体を扱ったセキュアなソフトウェア... [more] KBSE2014-57
pp.31-36
KBSE 2015-01-27
11:15
東京 機械振興会館 B3F-2 ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなWebアプリケーション開発事例ベースの試作
櫨山淳雄齊藤大仁学芸大)・吉岡信和NII)・熊谷 梓学芸大)・小橋孝紀鷲崎弘宜早大)・海谷治彦神奈川大)・大久保隆夫情報セキュリティ大KBSE2014-47
インターネット上でのサービスの増大に伴いソフトウェアセキュリティの重要性が認識されている。そのような背景のもとソフトウェ... [more] KBSE2014-47
pp.49-54
KBSE 2014-03-06
13:40
沖縄 沖縄県青年会館 Traceability Link Recoveryを行うIR手法のマイニング
湯浅諒平小形真平海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2013-83
 [more] KBSE2013-83
pp.25-30
KBSE 2014-03-07
12:35
沖縄 沖縄県青年会館 細粒度の利用者情報の流出を可視化するAndroidアプリ解析法
坂下卓弥小形真平海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2013-93
我々はこれまで,Androidアプリケーションによる利用者情報の流出をユーザが理解しやすいように,外部送信される利用者情... [more] KBSE2013-93
pp.85-90
KBSE 2014-01-28
13:00
東京 機械振興会館 情報検索手法を用いたトレーサビリティリンクの確立によるデータセットの特徴評価
富井悠人海尻賢二海谷治彦小形真平信州大KBSE2013-75
 [more] KBSE2013-75
pp.59-63
KBSE 2014-01-28
14:20
東京 機械振興会館 最適なError-proneモジュール予測器を選択する手法の提案
内宮秀明小形真平海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2013-77
proneモジュール予測には種々の手法が提案されているが、一意に最適となる手法はなく、検査対象毎に最適な手法を選択する必... [more] KBSE2013-77
pp.71-76
KBSE 2013-05-30
16:15
神奈川 慶應義塾大学 Traceability link recoveryのためのmethod miningの提案
上田健之小形真平海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2013-5
Traceability link recovery の種々の手法について、適切な手法を対象ドキュメントの特徴量に基づい... [more] KBSE2013-5
pp.25-30
KBSE 2013-05-30
17:00
神奈川 慶應義塾大学 入力保存機能に注目したユーザビリティ評価のための画面遷移モデル
早川弘基小形真平海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2013-6
ユーザはミスや心変わりから頻繁にデータを再入力するため,ユーザビリティの向上はe-commerceサイト等におけるリピー... [more] KBSE2013-6
pp.31-36
KBSE 2013-03-14
14:10
東京 芝浦工業大学 アセットフロー図と配置図を用いた情報システムのセキュリティ要求分析支援ツール
瀧澤悠介阪井隼也海谷治彦小形真平海尻賢二信州大KBSE2012-74
 [more] KBSE2012-74
pp.31-36
KBSE 2012-11-22
16:05
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 私物デバイスの業務活用におけるセキュリティ要求変化予測法
鈴木祐司海谷治彦小形真平信州大)・大久保隆夫金谷延幸富士通研)・吉岡信和NIIKBSE2012-47
 [more] KBSE2012-47
pp.55-60
KBSE, SS
(共催)
2012-07-27
14:00
北海道 公立はこだて未来大学 多数決手法によるError Prone予測手法の評価
高橋利英大西達也小形真平海谷治彦海尻賢二信州大SS2012-14 KBSE2012-16
 [more] SS2012-14 KBSE2012-16
pp.25-30
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会