お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSS研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 岡野 浩三 (信州大)
副委員長 肥後 芳樹 (阪大)
幹事 小形 真平 (信州大), 林 晋平 (東工大)
幹事補佐 柗本 真佑 (阪大)

日時 2024年 3月 7日(木) 10:35 - 18:10
2024年 3月 8日(金) 09:30 - 17:20
2024年 3月 9日(土) 09:30 - 15:50
議題 ソフトウェアサイエンスおよび一般 
会場名 石垣市健康福祉センター 2階 視聴覚室/オンライン(Zoom) 
住所 〒907-0004 沖縄県石垣市登野城1357-1
交通案内 会場は石垣中央運動公園の北西にあります( https://maps.app.goo.gl/ysjsx2b3J7VRhju29 ).[石垣空港から直接会場へ]系統10のアートホテル(中略)空港線で,石垣空港から中央運動公園入口までバス(乗車26分),その後徒歩20分.あるいは,系統4の平得(中略)空港線で,石垣空港から平得までバス(乗車23分),その後徒歩25分.[バスターミナル経由で会場へ]石垣空港からバスターミナルまでバス(35-45分.系統により時間が異なります).系統11の米原キャンプ場線でバスターミナル(8:30/11:30発)から健康福祉センター前(9:01/12:01着)までバス(乗車31分),その後徒歩1分.あるいは,系統7の吉原線でバスターミナル(7:10/12:15発)から真地橋(7:18/12:23着)までバス(乗車8分),その後徒歩15分.セッション開始前に到着するバスは限られますのでご注意ください.また,各日で最終セッションまで参加した場合は系統10,11,7は終バス後で,帰りのバスはございません.系統4は終バス前ですが,平得のバス停の位置をご確認の上,利用の有無をご判断ください.交通の便が良いとは言えませんがご了承ください.
http://www.azumabus.co.jp/localbus/
会場世話人
連絡先
信州大学 小形真平
お知らせ ◎会場の健康福祉センターは,インターネットの提供が無く,幹事団でポケットWifiを用意してインターネット接続を実現します.そのため,通信品質の保証はできかねますので,オンライン聴講をご希望の皆様は,オンライン配信が失敗あるいは不十分となる可能性を考慮しました上でお申し込みください.なお,SS研ではオンライン聴講は補助的な参加手段と位置づけており,仮にオンライン配信が失敗しましても参加費返還などの対応はございません.
◎現地でインターネットを利用したい方は,ご自身でポケットWifiなどをご準備ください.
◎上記の状況から,予告どおり,ご発表は対面のみとなります.
◎8日研究会終了に懇親会を予定しておりますのでご参加ください.会費は一般4,000円,学生2,000円の予定です(変動の可能性あり).席数はMAX50席であり,上限に達しましたら,調整は試みますが,お断りになってしまう可能性がございますのでご了承ください.参加募集時に懇親会申込みフォームを提供しますので,参加をご希望の方は席数の都合上,できるだけ早めにご回答ください.
◎参加者数が多いことを見込み,待機室として「3/7木に1階第2研修室」,「3/8金に1階第1研修室」を各日の最終セッションが終わる頃まで確保していますので,ご利用ください.ただし,これらすべての部屋で飲食は禁止されており,またインターネットは提供されていませんので,ご了承ください.ポケットWifi等をお持ちの方はサテライト会場のように利用できる可能性があります.利用者は原状回復(利用前の状態に戻すこと)にご協力ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SS研究会)についてはこちらをご覧ください

3月7日(木) 午前  セッション1
座長: 岡野 浩三(信州大学)
10:35 - 11:50
(1) 10:35-11:00 要求仕様書における単語類似度を用いた曖昧語辞書作成法 SS2023-49 石井里彩今村咲彩佐伯元司南山大
(2) 11:00-11:25 ニーズに基づくサービス開発の効率化に向けたソフトウェアアップサイクル手法の検討 SS2023-50 中田匠哉陳 思楠神戸大)・佐伯幸郎高知工科大)・中村匡秀神戸大
(3) 11:25-11:50 Rustを用いてOTPアプリケーションを構築するためのフレームワークの開発 SS2023-51 岡本怜士高田喜朗高知工科大
  11:50-13:05 昼休憩 ( 75分 )
3月7日(木) 午後  セッション2
座長: 岡野 浩三(信州大学)
13:05 - 14:20
(4) 13:05-13:30 Arduinoスケッチの開発支援を目的としたArduinoスメルの定義と検出ツールの試作 SS2023-52 忠谷晃佑柗本真佑楠本真二阪大
(5) 13:30-13:55 Nested Timed Automataに対するZoneに基づく到達可能性解析 SS2023-53 城 聖一郎名大)・小川瑞史北陸先端大)・結縁祥治名大
(6) 13:55-14:20 パラメータ調整に基づく対話的なプロセスモデル決定手法の実現にむけて SS2023-54 満田壮晴中川博之阪大)・海谷治彦神奈川大)・竹内広宜武蔵大)・小形真平信州大)・土屋達弘阪大
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
3月7日(木) 午後  セッション3
座長: 高田 喜朗(高知工科大学)
14:35 - 16:15
(7) 14:35-15:00 異なる粒度におけるソフトウェア変更予測結果の比較 SS2023-55 杉森裕斗林 晋平東工大
(8) 15:00-15:25 抽象構文木に基づくソースコード変更パターンの抽出と自動適用 SS2023-56 樋口結子陳 磊林 晋平東工大
(9) 15:25-15:50 CodeBERTを用いたトークンレベルでのレビューコメント箇所推薦手法の提案 SS2023-57 森川靖仁柏 祐太郎奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・平尾俊貴飯田 元奈良先端大
(10) 15:50-16:15 軽量的な借用検査によるJavaプログラムの安全性解析 SS2023-58 西見元希丸山勝久立命館大
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
3月7日(木) 午後  セッション4
座長: 名倉 正剛(南山大学)
16:30 - 18:10
(11) 16:30-16:55 テストカバレッジに基づくテストケース間の包含関係の提案 SS2023-59 岡本琉生柗本真佑楠本真二阪大
(12) 16:55-17:20 テストコードにおけるテストスメルの存在とバグ潜在性の関係に関する定量的調査 SS2023-60 伏原裕生阿萬裕久川原 稔愛媛大
(13) 17:20-17:45 ソースコード変更に含まれるリファクタリングの識別環境の構築 SS2023-61 上野尊義陳 磊林 晋平東工大
(14) 17:45-18:10 リファクタリング推薦におけるCodeT5の転移学習有効性評価に向けて SS2023-62 中島悠斗藤原賢二東京都市大
3月8日(金) 午前  セッション5
座長: 柗本 真佑(大阪大学)
09:30 - 10:20
(15) 09:30-09:55 CDCM: コンテナ仮想化に基づく開発に適した構成管理プロセス SS2023-63 木下彩香小林隆志東工大
(16) 09:55-10:20 Dockerイメージ管理におけるDockerfile Preprocessor採用プロジェクトの特徴調査に向けて SS2023-64 馬渕 航柏 祐太郎奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・平尾俊貴飯田 元奈良先端大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
3月8日(金) 午前  セッション6
座長: 柗本 真佑(大阪大学)
10:35 - 11:50
(17) 10:35-11:00 外部API依存の分析を通じたプロジェクト非依存な共変更パターンの発見 SS2023-65 内野駿亮小林隆志東工大
(18) 11:00-11:25 大規模言語モデルを用いてメソッドのコメントとソースコードの整合性を確認する手法の提案 SS2023-66 武田思美名倉正剛南山大
(19) 11:25-11:50 OSS開発におけるREADMEの変更方法の分析 SS2023-67 石岡直樹伊原彰紀和歌山大
  11:50-13:05 昼休憩 ( 75分 )
3月8日(金) 午後  セッション7
座長: 藤原 賢二(東京都市大学)
13:05 - 14:20
(20) 13:05-13:30 データセットの情報提示及び形式自動検査によって自治体のオープンデータ公開を支援するソフトウェアの評価 SS2023-69 渡邊 輔陳 思楠神戸大)・佐伯幸郎高知工科大)・中村匡秀神戸大
(21) 13:30-13:55 メソッドの制御構造や識別子に着目したメソッド名推薦 SS2023-68 各務仁一朗・○山本哲男龍谷大
(22) 13:55-14:20 Stack OverflowにおけるSBOM利活用に関する質問の分析 SS2023-70 音田 渉神田哲也阪大)・眞鍋雄貴福知山公立大)・井上克郎南山大)・肥後芳樹阪大
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
3月8日(金) 午後  セッション8
座長: 林 晋平(東京工業大学)
14:35 - 15:50
(23) 14:35-15:00 変数の型名と代入式に着目した命名パターンと大規模言語モデルを活用した変数名評価に関する考察 SS2023-71 森 哉尋阿萬裕久川原 稔愛媛大
(24) 15:00-15:25 LLMによるIssue解決のためのプロンプト及びアプローチの調査 SS2023-72 倉林利行丹野治門NTT
(25) 15:25-15:50 ChatGPTを用いたプログラム修正におけるソースコードの意味的情報の影響 SS2023-73 堀 翔太柗本真佑肥後芳樹楠本真二阪大)・安田和矢伊藤信治張潘タンフエン日立
  15:50-16:05 休憩 ( 15分 )
3月8日(金) 午後  セッション9
座長: 阿萬 裕久(愛媛大学)
16:05 - 17:20
(26) 16:05-16:30 異粒度情報の統合に基づく細粒度Bug Localization SS2023-74 積田静夏東工大)・天嵜聡介岡山県立大)・林 晋平東工大
(27) 16:30-16:55 Equivalent Changesを考慮した不具合混入コミット特定アルゴリズムの開発 SS2023-75 三野天羽奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・柏 祐太郎平尾俊貴飯田 元奈良先端大
(28) 16:55-17:20 機能等価メソッドデータセットを利用したLLMによるコードクローン検出の精度向上 SS2023-76 井上龍太郎肥後芳樹阪大
  - 19:00-21:30 懇親会
3月9日(土) 午前  セッション10
座長: 西田 直樹(名古屋大学)
09:30 - 10:20
(29) 09:30-09:55 統計的なメタモルフィック・テスティングを利用したCNNモデルの歪みを示す指標の調査 SS2023-77 土屋拓実岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NII
(30) 09:55-10:20 シミュレーションのためのロボット運用環境の可変性モデリング SS2023-86 中西恒夫藤永拓矢福岡大)・久住憲嗣芝浦工大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
3月9日(土) 午前  セッション11
座長: 肥後 芳樹(大阪大学)
10:35 - 11:50
(31) 10:35-11:00 プログラミング演習における編集中のソースコードに対する自動フィードバック方法の考察 ~ 模範解答プログラムの編集遷移グラフを用いた誘導型フィードバック ~ SS2023-78 澤田侑希蜂巣吉成吉田 敦桑原寛明南山大
(32) 11:00-11:25 大学プログラミング教育で発生したコンパイルエラーに対するGPT3.5による修正の特徴分析 SS2023-79 宇都宮魁斗近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大
(33) 11:25-11:50 GPT-4を用いた対話型エージェントの開発と情報セキュリティ教育への応用 SS2023-80 津田敦哉松崎和賢中大
  11:50-13:05 昼休憩 ( 75分 )
3月9日(土) 午後  セッション12
座長: 小形 真平(信州大学)
13:05 - 14:20
(34) 13:05-13:30 ドキュメント更新の必要性の予測に向けたドキュメントとソースコードの紐付け SS2023-81 井町瑠貴大平雅雄和歌山大
(35) 13:30-13:55 Denoにおける外部モジュール使用の組み合わせについての調査 SS2023-82 志良堂泰成鈴木涼平畑 秀明信州大
(36) 13:55-14:20 スポットインスタンスを用いたクラウドベース画像生成に関する一考察 SS2023-83 笠井菊平片山太輔小板隆浩同志社大
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
3月9日(土) 午後  セッション13
座長: 小形 真平(信州大学)
14:35 - 15:50
(37) 14:35-15:00 被災地域におけるUAVを用いた端末位置推定に関する検討 SS2023-84 浦野悠吾岡島慎次郎角田巧喜小板隆浩同志社大
(38) 15:00-15:25 複数の異常検知モデルを活用した犯罪検知手法の提案 SS2023-85 玉野 樹板野竜也谷津帆乃果小板隆浩同志社大
(39) 15:25-15:50 深層学習を用いた陸上競技の疾走動作の解析と改善システムの構築 SS2023-87 知花偉織宮里智樹琉球大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 小形真平(信州大学)
TEL: 026-269-5468
E--mail: onshu-u 
お知らせ ◎最新の情報はSS研究会ホームページでご確認ください.
https://www.ieice.org/iss/ss/


Last modified: 2024-03-07 06:11:16


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会