お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2022-01-29
15:30
ONLINE オンライン開催 エキスパートの感性タグによる飲食店検索システムの開発
高橋裕行立命館大)・門上武司高岡哲郎全日本・食学会)・渡邊淳司NTT)・山寺 純Eyes, Japan)・久住嘉和村山卓弥NTT)・野間春生和田有史立命館大
 [more]
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-05
16:15
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
[招待講演]触覚コミュニケーションがもたらすもの
渡邊淳司NTTCQ2019-149
触覚を通じたコミュニケーション技術や,身体性を共有するための技術がもたらすものについて,著者のこれまでの研究を事例にあげ... [more] CQ2019-149
p.79
HCS 2019-03-08
14:35
北海道 北星学園大学 協力場面における対人インタラクションの当事者評価と客観評価
村田藍子・○熊野史朗渡邊淳司NTTHCS2018-86
対人インタラクションの良好性はどのように評価することができるのだろうか.もし当事者が感じる印象が当事者間で一致しているの... [more] HCS2018-86
pp.111-114
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2016-05-18
15:50
沖縄 沖縄産業支援センター マルチスリット視における自己運動を利用した静止物体の知覚特性
田之上 朋阪大)・渡邊淳司NTT)・前田太郎安藤英由樹阪大HCS2016-14 HIP2016-14
マルチスリット視とは,間隔を空けて配置された数本のスリット列越しに物体を提示したとき,その物体を運動させると,その全体像... [more] HCS2016-14 HIP2016-14
pp.95-99
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 上肢能動運動が視覚における時間知覚に与える影響
横坂拓巳黒木 忍渡邊淳司西田眞也NTT
時間知覚は、身体運動を通じて適切に環境に働きかけるために重要な役割を担っている。これまで、上肢の能動的な運動によって視覚... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 継時的に提示される振動刺激の個数把握に関する基礎検討
飯田直己東工大)・渡邊淳司NTT/東工大
携帯電話のバイブレーションなど、振動によって情報が提示される機会が近年増加している。本研究では、特に継時的に振動を提示し... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 微粒子の薄層に対する粗さの触知覚
坪井広樹東工大)・井上 誠筑波大)・黒木 忍NTT)・望山 洋筑波大)・渡邊淳司NTT/東工大
微細な粗さ知覚の心理物理実験では,精密研磨紙等,表面の粗さや形状が不均一な刺激が用いられ,そのメカニズムを定量的に議論す... [more]
HIP 2013-03-14
10:20
沖縄 沖縄産業支援センター マルチスリットディスプレイにおける三次元知覚に関する研究
安藤英由樹宮崎陽平前田太郎阪大)・渡邊淳司NTTHIP2012-89
 [more] HIP2012-89
pp.75-78
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会