お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2024-03-21
11:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]次世代DXアプリケーションに向けたIPパケットレベルの通信遅延制御技術
沢辺亜南篠原悠介高橋英士岩井孝法NEC
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICM 2024-03-22
16:30
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
資源制御機能と連携する拡張型自律運用技術に基づく安定で柔軟なサービス提供機構の実証
村松英二井上晃太郎黒田貴之篠原悠介岩井孝法NEC
 [more]
NLP, MSS
(共催)
2024-03-13
13:05
その他 機械振興会館 MECを用いたCACC集中制御アーキテクチャにおける遅延補償
増子優輝市川晴貴齋藤悠史慶大)・沢辺亜南篠原悠介岩井孝法NEC)・久保亮吾慶大
 [more]
RCS, IN, NV
(併催)
2023-05-25
10:50
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
制御性能品質に基づくイベント駆動型CACCシステムのデータ送信頻度削減に関する一検討
市川晴貴齋藤悠史淡路泰成慶大)・沢辺亜南篠原悠介岩井孝法NEC)・久保亮吾慶大IN2023-3
 [more] IN2023-3
pp.11-16
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-24
13:00
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]自動運転社会に向けた学習型無線通信システム
岩井孝法二瓶浩一逸身勇人篠原悠介高橋英士NECCS2022-51 IE2022-39
 [more] CS2022-51 IE2022-39
pp.19-20
ICTSSL, IN, NWS, IEE-SMF
(連催) ※学会内は併催
2022-10-27
10:55
長野 信州大学 長野(教育)キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]映像配信制御を活用した自動運転バスの遠隔監視システム
篠原悠介NECIN2022-36
AIベースのライブ映像配信技術を活用した安全で効率的な自動運転バスの遠隔監視システムについて紹介する. [more] IN2022-36
pp.1-29
RCS 2022-04-22
13:15
大阪 大阪大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]ライブ映像配信技術と映像分析技術を活用した車両遠隔監視システム
二瓶浩一逸身勇人篠原悠介岩井孝法NECRCS2022-9
地方部の路線バスの利用者数は年々減少しており,事業者の多くが赤字となっている.路線維持のための手段として自動運転バスが注... [more] RCS2022-9
pp.41-46
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-10
14:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]自動運転社会に向けた学習型通信システム
岩井孝法沢辺亜南篠原悠介NECCS2021-49
 [more] CS2021-49
pp.42-43
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-23
09:00
北海道 北海道大学 データセンタネットワークのための低負荷フロー品質計測手法
福田達也篠原悠介八木真二郎NECNS2016-29
データセンタの運用者にとって、ネットワークが正常に運用されていることを常に監視する事は、サービスレベルを維持し、顧客離れ... [more] NS2016-29
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2014-03-07
09:30
宮崎 宮崎シーガイア サービスチェイニングに向けたリソース最適配置手法の提案
逸身勇人篠原悠介千葉靖伸下西英之NECNS2013-245
ネットワーク機能を汎用サーバ上の仮想マシンで提供するNetwork Functions Virtualisationが注... [more] NS2013-245
pp.397-402
NS, IN
(併催)
2014-03-07
09:50
宮崎 宮崎シーガイア サービスチェイニングに向けたネットワーク制御手法とトポロジの検討
篠原悠介千葉靖伸逸身勇人下西英之NECNS2013-246
Network Functions Virtualization (NFV) を実現するための技術として,サービスチェイ... [more] NS2013-246
pp.403-408
NS, IN
(併催)
2014-03-07
10:20
宮崎 宮崎シーガイア NFVにおけるサービス品質保証を実現する管理・オーケストレーション機能の検討
千葉靖伸篠原悠介逸身勇人下西英之NECNS2013-247
Network Functions Virtualization (NFV) を実用化するための課題として,求められるサ... [more] NS2013-247
pp.409-414
CS, CQ
(併催)
2012-04-19
14:00
沖縄 石垣島官公労八重山会館 マルチパスルーティングにおける通信品質を考慮に入れた経路選択方法
篠原悠介逸身勇人千葉靖伸下西英之NECCQ2012-6
一般のネットワークシステムにおいて、サービス提供者が提供する遅延、帯域、ロス率といった性能に関する取り決めであるSLA保... [more] CQ2012-6
pp.29-34
CS, CQ
(併催)
2012-04-19
14:40
沖縄 石垣島官公労八重山会館 SLAを保証する最小変更コストのネットワーク再設計法
逸身勇人篠原悠介千葉靖伸下西英之NECCQ2012-8
近年,MapReduceや分散ファイルシステムの登場により,新たなデータセンターネットワーク(DCN
)アーキテクチャ... [more]
CQ2012-8
pp.41-46
NS, IN
(併催)
2012-03-09
13:30
宮崎 宮崎シーガイア スイッチのon/off制御を考慮した電力消費量最適化システムの提案
本間裕大早大)・会田雅樹首都大東京)・篠原悠介下西英之NECNS2011-256
本研究では,スイッチのon/off制御を考慮した電力消費量最適化システムの提案を試みる.具体的には,最適化システムの導出... [more] NS2011-256
pp.433-438
CQ 2011-07-15
09:00
北海道 小樽市民会館 ノード利用率推定に基づくネットワーク省電力化手法
篠原悠介千葉靖伸下西英之NECCQ2011-25
近年、様々なクラウドアプリケーションの登場により、データセンタ内におけるトラヒック量が急増し、また、そのトラヒックパター... [more] CQ2011-25
pp.37-42
IN, NS
(併催)
2011-03-04
14:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター OpenFlowネットワークにおける制御プレーンOAM機構の検討
千葉靖伸篠原悠介下西英之NECNS2010-220
ネットワークノードのデータプレーンとコントロールプレーンを分離したノード・ネットワークアーキテクチャにおいては,コントロ... [more] NS2010-220
pp.329-334
IN, NS
(併催)
2011-03-04
14:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター MLBルーティングにおけるパスコスト最小化を実現する自動パラメータ設定機構
篠原悠介千葉靖伸下西英之NECNS2010-237
逆行列計算によって経路表の一括計算が可能であるという特性を持つことによって,大規模なネットワ
ークにおいてもマルチパス... [more]
NS2010-237
pp.411-416
NS 2011-01-20
13:25
香川 香川大学 [奨励講演]経路候補の選別とパラメータの最適設定に着目したMLBルーティング制御技術の拡張
本間裕大早大)・会田雅樹首都大東京)・篠原悠介下西英之NECNS2010-144
本研究では,筆者らがマルチパス・ルーティングとして提案しているMLBルーティング制御技術を,経路候補の選別とパラメータの... [more] NS2010-144
pp.13-18
NS, IN
(併催)
2010-03-04
09:00
宮崎 宮崎シーガイア フローベースネットワークおけるフローエントリ削減手法の提案とOpenFlowネットワークへの適用
千葉靖伸下西英之篠原悠介NECNS2009-163
OpenFlowのようなフローベースネットワークにおいてフローを細粒度で扱おうとした場合,ノードが保持すべきフローエント... [more] NS2009-163
pp.7-12
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会