お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2022-06-24
11:00
長崎 長崎県立大学シーボルト校
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
中小企業における情報セキュリティ課題の抽出 - M-GTAを用いたインタビュー分析
田中啓介上原哲太郎立命館大)・古川佳和野田幹稀大阪商工会議所IA2022-12 ICSS2022-12
 [more] IA2022-12 ICSS2022-12
pp.67-70
ISEC 2022-05-18
15:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]フォワード安全なメッセージフランキング (from ICISC 2021)
山室宏貴東工大)・原 啓祐産総研/横浜国大)・手塚真徹鶴岡高専)・吉田雄祐田中圭介東工大ISEC2022-5
メッセージフランキングはエンドツーエンド暗号化されたメッセージサービスにおいて, 暗号学的な証拠を含めることで特定の送信... [more] ISEC2022-5
p.20
ISEC 2021-05-19
14:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]タイムロックパズルに対する安全性定義の考察(from ICISC 2020)
平賀大揮東工大)・原 啓祐東工大/産総研)・手塚真徹吉田雄祐田中圭介東工大ISEC2021-7
タイムロックパズルは定められた計算時間が経過するまでメッセージを秘匿することができるパズルを生成する技術である。今までタ... [more] ISEC2021-7
p.32
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
09:50
ONLINE オンライン開催 Constant-Round Two-Party Exponentiation Based on Additive Secret Sharing
Yi LuKeisuke HaraTokyo Tech/AIST)・Kazuma OharaJacob SchuldtAIST)・Keisuke TanakaTokyo TechIT2020-145 ISEC2020-75 WBS2020-64
 [more] IT2020-145 ISEC2020-75 WBS2020-64
pp.201-207
EMT, IEE-EMT
(連催)
2019-11-07
10:10
佐賀 ホテル春慶屋 2つのコアとピットを持つ偏波スプリッタの特性解析 ~ 構造パラメータの偏差による帯域幅への影響 ~
田中啓介日大)・亀田和則佐野日本大短大)・古川慎一日大EMT2019-52
 [more] EMT2019-52
pp.73-77
ISEC 2019-05-17
10:00
東京 機械振興会館 [招待講演]標準的仮定に基づくSIM-RSO-CCA安全性を満たす公開鍵暗号(from SCN 2018)
原 啓祐北川冬航東工大)・松田隆宏花岡悟一郎産総研)・田中圭介東工大ISEC2019-1
 [more] ISEC2019-1
p.1
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
13:40
北海道 札幌コンベンションセンター [招待講演]Obfustopia Built on Secret-Key Functional Encryption (from EUROCRYPT 2018)
Fuyuki KitagawaTokyo Tech)・Ryo NishimakiNTT)・Keisuke TanakaTokyo TechISEC2018-23 SITE2018-15 HWS2018-20 ICSS2018-26 EMM2018-22
 [more] ISEC2018-23 SITE2018-15 HWS2018-20 ICSS2018-26 EMM2018-22
p.91
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
14:10
北海道 札幌コンベンションセンター [招待講演]Memory Lower Bounds of Reductions Revisited (from EUROCRYPT 2018)
Yuyu WangTokyo Tech/AIST/IOHK)・Takahiro MatsudaGoichiro HanaokaAIST)・Keisuke TanakaTokyo TechISEC2018-24 SITE2018-16 HWS2018-21 ICSS2018-27 EMM2018-23
本講演では,2018 年 4 月 29 日から 5 月 3 日にイスラエル・テルアビブ で開催された EUROCRYPT... [more] ISEC2018-24 SITE2018-16 HWS2018-21 ICSS2018-27 EMM2018-23
p.93
ISEC 2017-05-12
17:00
東京 機械振興会館 [招待講演]How to Obtain Fully Structure-Preserving (Automorphic) Signatures from Structure-Preserving Ones
Yuyu WangTokyo Tech/AIST)・Zongyang ZhangBeihang University)・Takahiro MatsudaGoichiro HanaokaAIST)・Keisuke TanakaTokyo TechISEC2017-12
In this paper, we bridge the gap between structure-preservin... [more] ISEC2017-12
p.63
OME 2015-10-23
13:25
大阪 大阪大学中之島センター Alq3系有機EL素子における劣化解析と磁場特性
田中慶佑梶井博武大森 裕阪大OME2015-53
 [more] OME2015-53
pp.17-20
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-20
13:55
北海道 北海道工業大学 紛失通信における合理性と安全性
肥後春菜山田章央田中圭介東工大)・○安永憲司九州先端科学技研ISEC2012-34 SITE2012-30 ICSS2012-36 EMM2012-26
 [more] ISEC2012-34 SITE2012-30 ICSS2012-36 EMM2012-26
pp.181-188
IT 2012-05-25
17:15
福岡 福岡県立飯塚研究開発センター 非同時通信路における合理的秘密分散
河内亮周東工大)・岡本吉央電通大)・田中圭介東工大)・○安永憲司九州先端科学技研IT2012-8
 [more] IT2012-8
pp.41-46
COMP 2010-12-03
13:00
福岡 九州工業大学 Kyutechプラザ 定数ラウンドで復元可能な合理的秘密分散
河内亮周東工大)・岡本吉央北陸先端大)・田中圭介・○安永憲司東工大COMP2010-41
 [more] COMP2010-41
pp.15-21
COMP 2010-12-03
13:35
福岡 九州工業大学 Kyutechプラザ 公開鍵暗号の乱数漏洩に関する一考察
並木 均安永憲司田中圭介東工大COMP2010-42
Naor と Segev により公開鍵暗号の秘密鍵が漏洩した場合の研究が行われ, 秘密鍵漏洩に対して安全な公開鍵暗号方式... [more] COMP2010-42
pp.23-28
COMP 2009-05-26
13:00
埼玉 埼玉大学 [招待講演]サンプリングアルゴリズムとその暗号への応用
田中圭介東工大COMP2009-13
大きいパラメーターをもつ二項分布やPoisson分布から効率的にサンプリングすることを考える。
この目的のためのアルゴ... [more]
COMP2009-13
p.29
COMP 2006-06-23
13:00
埼玉 埼玉大学 Data-Privacy と Key-Privacy の関係について
林 良太郎田中圭介東工大
公開鍵暗号における一般的な安全性指標は,
一方向性 (OW) や判別不可能性 (IND) といった,
暗号化されるデ... [more]
COMP2006-20
pp.21-27
COMP 2005-12-22
13:35
徳島 徳島大学 Universally Anonymizable Public-Key Encryption
Ryotaro HayashiKeisuke TanakaTokyo Inst. of Tech.
本論文では,公開鍵暗号の新しい概念である``universally anonymizable public-key en... [more] COMP2005-52
pp.21-28
MW 2005-05-19
14:25
滋賀 龍谷大学 高アイソレーションなマイクロストリップ線路プローブ対を持つ進行波型導波管電力分割/合成器
田中恵祐佐薙 稔藤森和博野木茂次岡山大
マイクロストリップ線路プローブ対を持つ進行波型導波管電力分割/合成器について検討した。導波管に挿入したマイクロストリップ... [more] MW2005-18
pp.37-42
COMP 2005-03-18
09:00
東京 東京工業大学 RSA ベースの公開鍵暗号と匿名性
林 良太郎田中圭介東工大
2001年,Bellare らにより公開鍵暗号の新しい安全性指標である匿名性が提案された.匿名性をもつ暗号は,誰の公開鍵... [more] COMP2004-73
pp.1-7
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会