お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM 2022-01-27
15:25
ONLINE オンライン開催 多感覚コンテンツにおける最適振動レベルに影響を及ぼす映像および音響特徴量の検討
阿部翔太坂本修一東北大)・山高正烈愛知工大)・鈴木陽一東北文化学園大)・行場次朗尚絅学院大EMM2021-89
これまで視聴覚コンテンツに全身振動情報を付加することの有効性が示されてきたが,どのような振動情報を付加すればよいか,その... [more] EMM2021-89
pp.31-36
HIP 2021-12-23
14:00
ONLINE オンライン開催 背景画像と背景音の付加が避難喚起音声の印象変化に与える影響
小川航平山高正烈愛知工科大)・坂本修一鈴木陽一邑本俊亮東北大HIP2021-50
テレビやラジオ,屋外拡声放送等による災害避難勧告アナウンスに対して住民が避難行動を起こさない問題が浮き彫りになった.その... [more] HIP2021-50
pp.11-16
HIP 2021-12-23
14:30
ONLINE オンライン開催 サウンドの再生方法の違いによるfrissonとASMRの比較
佐々木尚之前川修太坂本修一坂井信之東北大HIP2021-51
本研究では,サウンドの再生方法の違いに注目してfrissonとASMRの生起メカニズムの違いを明らかにすることを目的とし... [more] HIP2021-51
pp.17-22
HIP 2021-12-24
09:45
ONLINE オンライン開催 頭部運動が相対回転移動音の位置知覚に及ぼす影響
守部颯一郎坂本修一東北大HIP2021-56
音を聴取するとき,聴取者が頭部回転する場合や音源が移動する場合のいずれにおいても聴取者と音源の相対位置は変化する.
こ... [more]
HIP2021-56
pp.43-48
EA, ASJ-H
(共催)
2021-08-20
16:25
ONLINE オンライン開催 空間関数表現に基づくバイノーラル収音再生法の実現モデルの違いが音空間再現精度に与える影響
武元 航坂本修一東北大EA2021-26
本研究では,球状マイクロホンアレイと頭部伝達関数を用いたバイノーラル信号収音再生法の高精度化に向け,バイノーラル信号収音... [more] EA2021-26
pp.33-38
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 聴取によって心が和む音声の合成に向けた基礎検討 ~ 認識・想起した感情および音響特徴量の観点から ~
渡邊悠希坂本修一東北大)・星 貴之長谷芳樹中野 学ピクシーダストテクノロジーズSP2021-19
聴取により心が和む音声の合成を最終的な目的として,様々な感情を想定して発話された音声から認識・想起した感情を評価するとと... [more] SP2021-19
pp.85-90
HIP, VRSJ
(連催)
2021-02-18
16:00
ONLINE オンライン開催 音から生成した全身振動と実測振動が多感覚コンテンツの類似性評価に与える影響
許 淳萌山高正烈愛知工科大)・阿部翔太坂本修一東北大)・行場次朗尚絅学院大)・鈴木陽一東北大HIP2020-80
我々の先行研究では,視聴覚コンテンツの音信号から全身振動を作成する手法を提案し,音信号から生成した振動(ViLA: vi... [more] HIP2020-80
pp.40-43
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]仮想球モデルに基づく分散マイクロホンアレイを用いた音場収音再生法に関する一検討
片田晃輔坂本修一東北大EA2020-23 EMM2020-38
音の波動性を考慮した音空間合成法のひとつである高次アンビソニックス(higher-order Ambisonics:HO... [more] EA2020-23 EMM2020-38
pp.9-14
HIP 2019-12-19
16:30
宮城 東北大学電気通信研究所 脳波を用いた視聴覚注意の空間分布測定
小野 真坂本修一寺岡 諒佐藤好幸羽鳥康裕曽 加蕙栗木一郎塩入 諭東北大HIP2019-69
本研究では、定常的誘発電位を用いた視聴覚注意の空間的広がりの測定を行っている。実験では被験者は文字として現れる視覚刺激と... [more] HIP2019-69
pp.25-30
HIP 2019-12-20
09:00
宮城 東北大学電気通信研究所 防災教育映像による学習が避難喚起音声の印象変化に与える影響
山高正烈愛知工科大)・渋谷 壮坂本修一鈴木陽一邑本俊亮東北大HIP2019-72
テレビやラジオ,屋外拡声放送等による災害避難勧告に対して,住民が避難行動を起こさない原因の一つに,「正常性バイアス」とい... [more] HIP2019-72
pp.41-46
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-16
11:55
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 背景音の付加による避難喚起音声の印象変化
山高正烈愛知工科大)・渋谷 壮坂本修一鈴木陽一邑本俊亮東北大EA2019-5
 [more] EA2019-5
pp.17-22
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
09:55
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) Comparing training effects associated with two sets of HRTF data on auditory localization performance
Sungyoung KimRIT)・Song Hui ChonBelmont Univ.)・Hiraku OkumuraYamaha)・Shuichi SakamotoTohoku Univ.EA2019-11
 [more] EA2019-11
pp.51-56
SP 2019-01-26
14:30
石川 ハルモニー金沢 [依頼講演]単語・文章了解度試験を用いた様々な聴取環境における音声聴取能力測定手法の開発
坂本修一東北大SP2018-52
様々なコミュニケーションシステムを用いて音声情報を聴取者に伝える際には,聴取者がその情報をどの程度正しく受け取れるかを考... [more] SP2018-52
pp.5-8
HIP 2018-12-26
15:20
宮城 東北大学電気通信研究所 7kHz付近のノッチの中心周波数偏移に伴う音色と音像定位の変化
日吉 啓鈴木陽一坂本修一東北大)・ブライアン モアケンブリッジ大HIP2018-75
 [more] HIP2018-75
pp.13-16
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) The effect of target speech distance on reaction time under multi-talker environment
Florent MonasteroloShuichi SakamotoCesar D. SalvadorZhenglie CuiYoiti SuzukiTohoku Univ.EA2018-77 EMM2018-77
 [more] EA2018-77 EMM2018-77
pp.83-88
EA 2018-10-12
10:00
福島 いわき産業創造館(いわき市) 球状マイクロホンアレイを用いた音空間共有型音場合成法の音場測定
清水 拓トレビーニョ ホルヘ坂本修一鈴木陽一東北大)・伊勢友彦アルパインEA2018-58
従来の音場合成法は,聴取者が複数である場合,すべての聴取者を含む大きな領域を合成する必要があり,システム規模が巨大になる... [more] EA2018-58
pp.27-32
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-23
13:45
宮城 東北学院大学 雑音スペクトルの瞬時推定に基づくスペクトラルサブトラクションによる音源分離に関する考察
小澤賢司森勢将雅山梨大)・坂本修一東北大
本研究プロジェクトでは,マイクロホンアレイからの出力を時空間音圧分布画像に変換し,2 次元高速フーリエ変換 (2D F... [more] EA2018-31
pp.19-24
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-24
10:50
宮城 東北学院大学 広帯域ノイズ中のノッチ中心周波数の変移が音色と音像定位に与える影響
日吉 啓鈴木陽一坂本修一東北大
人間は音を聞く際に音の方向性と質を同時に知覚することができる.方位角の定位は両耳間の強度差や時間差を手がかりにしているこ... [more] EA2018-44
pp.103-108
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-24
16:05
宮城 東北学院大学 競合音声存在下における時空間的手がかりが単語了解度に及ぼす影響
藤村達弘寺岡 諒坂本修一川瀬哲明鈴木陽一東北大
人間は,両耳に同時並列的に入力されるたくさんの音情報の中から特定の音情報を聴き取ることができる.この現象はしばしばカクテ... [more] EA2018-52
pp.153-156
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]防災行政無線屋外拡声レベルのU50に基づく最適設計
西村竜一NICT)・坂本修一東北大)・苣木禎史千葉工大)・崔 正烈東北大EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
防災行政無線屋外拡声器による放送は,迅速な報知ばかりでなく,地震により公衆無線回線網のシステム障害やアクセス集中による通... [more] EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
pp.245-250
 87件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会