お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-27 13:30
自動運転車室内の乗客の音声に対する視線行動の研究
大澤理恵白山 晋今福翔太東大AI2016-5
抄録 (和) 近年自動運転の研究開発が加速している.自動運転車両においては乗客が自動走行機能を信頼するあまり,前方や周囲の環境を把握しない状況が想定される.しかしながら,初期の自動運転レベルにおいては,緊急時は運転主体が機械から人間へ引き渡されることを前提に設計される.このため,緊急時に人間が直ちに運転行為ができる状態に引き戻すための効果的な方法を開発する必要がある.本研究では,音が視線行動に与える影響に注目する.本稿では,音声による警告を想定し,指向性のある音源と模擬的な車室内空間を利用して,音と視線行動の関係を導くために必要となるデータの計測手法を提案する. 
(英) The research and development for autonomous vehicle technology have been accelerated. Passengers in the autonomous vehicle likely do not pay attention to the environments in front or lateral because they are overestimate autonomous functions. However, at early phase of development, driver will be allocated to the passenger from the vehicle in case of emergency. Then, efficient methods need to be developed for passengers to be ready for driving immediately in such a condition. In our research, we focus the influence of a sound on gaze behavior. In this paper, a method of measurement of passengers’ gaze behavior by auditory stimulus in the simulated cabin of autonomous vehicle is proposed.
キーワード (和) 自動運転 / 乗客 / 警告 / 視線行動 / 視線計測 / シミュレーション / /  
(英) Autonomous vehicle / Passenger / Warning / Eye movement / Eye tracking / Simulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 117, AI2016-5, pp. 25-30, 2016年6月.
資料番号 AI2016-5 
発行日 2016-06-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2016-5

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2016-06-27 - 2016-06-27 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 「人間共生システム」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2016-06-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転車室内の乗客の音声に対する視線行動の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of the gaze behavior of passengers induced by auditory stimulus in the autonomous vehicle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動運転 / Autonomous vehicle  
キーワード(2)(和/英) 乗客 / Passenger  
キーワード(3)(和/英) 警告 / Warning  
キーワード(4)(和/英) 視線行動 / Eye movement  
キーワード(5)(和/英) 視線計測 / Eye tracking  
キーワード(6)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 理恵 / Rie Osawa / オオサワ リエ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白山 晋 / Susumu Shirayama / シラヤマ ススム
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今福 翔太 / Shota Imafuku / イマフク ショウタ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-06-27 13:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 AI 
資料番号 AI2016-5 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.117 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数
発行日 2016-06-20 (AI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会