お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-23 15:15
理論言語学と言語心理学と外国語学習 ~ 知の循環モデル ~
山田敏幸群馬大TL2016-16
抄録 (和) 言語研究においてこれまで、理論言語学、言語心理学、外国語学習はそれぞれ独自の方法で研究されてきた。三者の有機的な関係を築くため、「知の循環モデル」を提案する。循環の駆動力は外国語学習者が犯す文法的誤りを含む文(例えば、*John like apples)である。各文の非文性は言語心理学の実験(例えば、容認可能性判断や反応時間計測)によって検証できる。検証された非文は理論言語学において理論構築に使うことができる。このような「誤り分析」をとおして得られた洞察は、効率的な外国語学習を促すために、効果的な言語入力の考案に応用できる。そのような入力によるさらなる学習によって、学習者は新たな非文を産出し、再び循環が駆動することになる。本紙では、日本人英語学習者からの非文を収集した予備的な研究の結果を報告し議論する。データは自由作文課題によって、16名の非英語専攻生のグループ、20名の英語専攻生のグループから収集した。結果は、(1)非英語専攻生の方がより多くの文法的誤りを犯したが、(2)英語専攻生でさえ冠詞について多くの誤りを犯した。これは、日本人英語学習者は英語の冠詞のシステムを習得するのに困難があることを示唆している。提案した「知の循環」の観点から、理論的、実践的/教育的な含意を議論する。 
(英) In linguistic research, theoretical linguistics, psycho-linguistics, and foreign-language learning have been studied in their own ways. To establish their organic relationship, I will propose a model of knowledge cycle. A driving force for the cycle is sentences containing grammatical errors made by foreign-language learners (e.g., *John like apples). The ungrammaticalness of each sentence can be tested by psycho-linguistic experiments such as acceptability judgments, reaction-time tasks. Attested ungrammatical sentences can be used for theory construction in theoretical linguistics. Insights gained through such error analysis can be applied to devise effective input for efficient learning of foreign languages. Based on further learning, learners produce a new set of ungrammatical sentences, which drives the cycle again. In this paper, I will report and discuss the results of a preliminary study that collected ungrammatical sentences from Japanese learners of English as a foreign language. The data were collected by a free-writing task from a group of 16 non-English majors and a group of 20 English-majors. Five major types of error were identified: determiner, preposition, number agreement, subject-verb agreement, and tense/aspect. The results showed that (i) non-English majors made the larger number of errors compared to English majors, and (ii) even English majors made a number of errors in the determiner, which suggested that Japanese learners have difficulty learning the determiner system in English. Theoretical and practical/educational implications are discussed in terms of the proposed knowledge cycle.
キーワード (和) 理論言語学 / 言語心理学 / 外国語学習 / 知の循環 / 非文 / 自由作文課題 / 日本人英語学習者 /  
(英) theoretical linguistics / psycho-linguistics / foreign-language learning / knowledge cycle / ungrammatical sentences / free-writing task / Japanese learners of English as a foreign language /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 159, TL2016-16, pp. 19-24, 2016年7月.
資料番号 TL2016-16 
発行日 2016-07-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-16

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-07-23 - 2016-07-24 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. (Nishi-Waseda Campus) 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-07-TL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 理論言語学と言語心理学と外国語学習 
サブタイトル(和) 知の循環モデル 
タイトル(英) Theoretical linguistics, psycho-linguistics, and foreign-language learning 
サブタイトル(英) A model of their knowledge cycle 
キーワード(1)(和/英) 理論言語学 / theoretical linguistics  
キーワード(2)(和/英) 言語心理学 / psycho-linguistics  
キーワード(3)(和/英) 外国語学習 / foreign-language learning  
キーワード(4)(和/英) 知の循環 / knowledge cycle  
キーワード(5)(和/英) 非文 / ungrammatical sentences  
キーワード(6)(和/英) 自由作文課題 / free-writing task  
キーワード(7)(和/英) 日本人英語学習者 / Japanese learners of English as a foreign language  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 敏幸 / Toshiyuki Yamada /
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-07-23 15:15:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 TL 
資料番号 TL2016-16 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2016-07-16 (TL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会