お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-01 17:05
脂質二分子膜内における電界測定のための蛍光イメージング系の構築
小宮麻希安藤大貴陰山弘典渡辺恭也佐藤まどか馬 騰東北大)・鹿又健作廣瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大CPM2021-85
抄録 (和) ヒトの体を構成する細胞を覆っている生体膜には,イオンチャネルと呼ばれる膜タンパク質が存在し,生命活動において重要な役割を担っている.我々はそれら膜タンパク質の機構を評価するべく,人工脂質二分子膜を用いた解析系の開発を行なってきた.最近の我々の研究では,二分子膜内に膜平行方向に電圧を印加することで生じる電界が,膜に包埋された電位依存性Naチャネル(Nav1.5)の膜貫通電流に影響を与えることを発見した.しかしながら,この現象を説明するメカニズムが未解明であるため,本研究ではその原理を解明することを目指し,電圧感受性色素を用いて,二分子膜内電界の蛍光イメージング系を構築したのでここに報告する. 
(英) Ion channels, one of the transmembrane proteins, play important roles in biological activities. We have been developing analytical systems using artificial lipid bilayers to evaluate the mechanism of those ion channel proteins. In our recent study, we found that the electric field generated by the application of a voltage parallel to the lipid bilayer membrane affects the transmembrane current of the voltage-gated sodium ion channel (Nav1.5) embedded in the membrane. However, the mechanism of this phenomenon has not yet been revealed. Therefore, in this study, in order to clarify the mechanism, we had constructed a fluorescence imaging system for detecting the electric field in lipid bilayer membranes using voltage-sensitive dyes.
キーワード (和) 人工細胞膜 / イオンチャネル / / / / / /  
(英) artificial cell membrane / ion channels / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 387, CPM2021-85, pp. 48-49, 2022年3月.
資料番号 CPM2021-85 
発行日 2022-02-22 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2021-85

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2022-03-01 - 2022-03-01 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 若手ミーティング 電子部品材料・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2022-03-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脂質二分子膜内における電界測定のための蛍光イメージング系の構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of a fluorescence imaging system for electric field measurement in lipid bilayers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人工細胞膜 / artificial cell membrane  
キーワード(2)(和/英) イオンチャネル / ion channels  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小宮 麻希 / Maki Komiya / コミヤ マキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 大貴 / Daiki Ando / アンドウ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陰山 弘典 / Hironori Kageyama / カゲヤマ ヒロノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 恭也 / Takaya Watanabe / ワタナベ タカヤ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 まどか / Madoka Sato / サトウ マドカ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬 騰 / Teng Ma / テン マ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿又 健作 / Kensaku Kanomata / カノマタ ケンサク
第7著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 文彦 / Fumihiko Hirose / ヒロセ フミヒコ
第8著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 愛弓 / Ayumi Hirano-Iwata / ヒラノ アユミ
第9著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-01 17:05:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 CPM 
資料番号 CPM2021-85 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.48-49 
ページ数
発行日 2022-02-22 (CPM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会