お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-19 10:10
可溶性ポリマーを多層化して作製した青色及び白色発光逆構造有機EL素子
加藤正都関野太介伊東栄次信州大OME2022-20
抄録 (和) 本研究では高分子材料を塗布形成により積層したオール印刷型の逆構造有機EL(iPLED)の作製と性能向上について検討を行った. 半導体層の形成法としてスピンコート法とプッシュコート法に着目し、転写により積層して青または白色のiPLEDを作製した. 素子構造はITO/ Al-doped ZnO(AZO)/ Polyethyleneimine Ethoxylate(PEIE)/ 電子輸送層1,3,5-tri(m-pyrid-3-yl-phenyl)benzene (TmPyPB)/ 高分子発光層(Poly (dioctylfluorene) (F8) or F8:Super Yellow(SY) blend)/ 正孔輸送層Poly[(9,9-dioctylfluorenyl-2,7-diyl)-alt-(4,4'-(N-(4-butylphenyl) (TFB)/ 正孔注入層1,4,5,8,9,11-hexaazatriphenylenehexacarbonitrile (HAT-CN)/ Alであり電極以外はオール塗布で作製した. 比較的溶媒をゆっくり乾かすプッシュコート法を用いてF8を製膜することで高い蛍光量子収率を示すβ相の膜構造が吸収スペクトルから確認でき、スピンコート法を用いた素子よりも外部量子効率(EQE)が増加し、発光開始電圧(Vth)は低下した. 青色で2.6 %、6.8 V、ブレンドで2.2 %、6.8 Vとなった.またプッシュコート法を用いてTFBの厚さを50から150nm程度に変えることでEQEが向上し、発光スペクトルの変化が確認された. 
(英) In this study, we investigated the loe-cost, efficient fabrication techniques of all-printed inverted organic light emitting diodes (iPLEDs) using solution processed polymeric materials. We compared the spincoated and pushcoated method and obtained the multilayered structure by transfer printing. We fabricated multilayered iPLEDs consisting of ITO/ Al-doped ZnO (AZO)/ polyethyleneimine ethoxylate (PEIE)/ 1,3,5-tri(m-pyrid-3-yl-phenyl)benzene (TmPyPB)/ light emitting layer(poly (dioctylfluorene) (F8) or F8:Super Yellow(SY) blend) / poly[(9,9-dioctylfluorenyl-2,7-diyl)-alt-(4,4'-(N-(4-butylphenyl)) (TFB) / 1,4,5,8,9,11-hexaazatriphenylenehexacarbonitrile(HAT-CN)/Al structures. In push-coated F8, Film structure in the β-phase with high fluorescence quantum yield was confirmed from the absorption spectra, and the device performance was better than that of the spin-coated film. The maximum external quantum efficiency (EQE) and the threthold voltage (Vth) were 2.6 % and 6.8 V for blue- and 2.2 % and 6.8 V for white-iPLEDs.
キーワード (和) 逆構造有機EL / 高分子 / 転写 / プッシュコート / / / /  
(英) inverted organic light emitting diode / polymer / transfer printing / push-coating / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 116, OME2022-20, pp. 31-36, 2022年7月.
資料番号 OME2022-20 
発行日 2022-07-11 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2022-20

研究会情報
研究会 OME IEE-DEI  
開催期間 2022-07-18 - 2022-07-19 
開催地(和) 軽井沢観光振興センター会議室 
開催地(英) Karuizawa-machi Tourism promotion center 
テーマ(和) 有機薄膜,有機・バイオデバイス,一般 
テーマ(英) Organic film, Organic-Bio devices, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2022-07-OME-DEI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可溶性ポリマーを多層化して作製した青色及び白色発光逆構造有機EL素子 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of blue and white light emitting polymer based inverted organic light emitting diodes based on multilayer deposition of solution processable polymers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 逆構造有機EL / inverted organic light emitting diode  
キーワード(2)(和/英) 高分子 / polymer  
キーワード(3)(和/英) 転写 / transfer printing  
キーワード(4)(和/英) プッシュコート / push-coating  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正都 / Masato Katou / カトウ マサト
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関野 太介 / Taisuke Sekino / セキノ タイスケ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 栄次 / Eiji Itoh / イトウ エイジ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-07-19 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 OME2022-20 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.116 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2022-07-11 (OME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会