お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-28 13:30
無人航空機によるNR Sidelinkを用いた災害時の車車間通信における送信所要時間低減に関する一考察
山崎 凜川本雄一加藤 寧東北大AP2022-49 SANE2022-30 SAT2022-25
抄録 (和) 近年,無線通信を用いたサービス需要が急増し,無線通信技術の高度化が求められている.それは,変革期を迎えている自動車業界も例外ではない.自動運転やコネクテッドカーの実現には,V2X (Vehicle-to-Everything) 通信を用いた高度道路交通システム (ITS: Intelligent Transport System) による,厳しい通信要件を満たした車両情報の収集や提供が必要である.しかしITSは災害により地上基地局が損壊した場合,一部機能が欠損する.そこで無人航空機 (UAV: Unmanned Aerial Vehicle) で基地局の機能を代替することを想定する.ITSでは,NR (New Radio) Sidelinkと呼ばれるUE (User Equipment) 同士の直接通信が用いられる.NR Sidelinkによる通信資源割当方法には,基地局が集中制御するモード1と,各UEが自律選択するモード2がある.トラヒック到着から送信完了までの所要時間は,モード毎にUE数に対して異なる依存性を持つため,動作モード,UE 数,及び遅延増加率の相関を考慮する必要がある.そこで本研究では,V2X通信におけるNR Sidelink の利用において,効率的な通信資源割当と遅延の低減化のために,UAV の飛行位置で各UE の動作モードを制御する方式を提案し,性能評価によりその有効性を示す. 
(英) In recent years, the demand for services using wireless communication has increased rapidly, creating a demand for more advanced wireless communication technology. The automobile industry, which is undergoing a period of significant change, is no exception. Towards the realization of autonomous driving and connected cars, collection and transmission of vehicle data must be done under strict communication requirements using Intelligent Transportation Systems (ITS) and Vehicle-to-Everything (V2X). However, ITS is heavily dependent on ground base stations and some services will be halted in case of base station damage. Thus, as a solution to this issue, it is assumed that Unmanned Aerial Vehicles (UAVs) will be used as base stations. In ITS, direct communication between User Equipments (UEs) is called New Radio (NR) Sidelink. There are two modes of NR Sidelink: Mode 1 is centrally controlled by the base station, and Mode 2 is autonomously controlled by the UEs. Transmission delay depends on the number of UEs in each mode, making it necessary to carefully consider the correlation between operating modes, the number of UEs, and the delay. In this study, we propose a method to control the operation mode of each UE based on the UAV's flight position towards efficient allocation of communication resources and comprehensive reduction of delay in NR Sidelink for V2X communications, demonstrating its effectiveness through performance evaluation.
キーワード (和) NR Sidelink / V2X / 高度道路交通システム / 無人航空機 / 通信資源割当 / / /  
(英) NR Sidelink / V2X (Vehicle-to-Everything) / ITS (Intelligent Transport System) / UAV (Unmanned Aerial Vehicle) / Communication Resource Allocation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 137, SAT2022-25, pp. 47-51, 2022年7月.
資料番号 SAT2022-25 
発行日 2022-07-20 (AP, SANE, SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2022-49 SANE2022-30 SAT2022-25

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2022-07-27 - 2022-07-29 
開催地(和) 旭川市大雪クリスタルホール 
開催地(英) Asahikawa Taisetsu Crystal Hall 
テーマ(和) リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Remote sensing, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2022-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無人航空機によるNR Sidelinkを用いた災害時の車車間通信における送信所要時間低減に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reduction of Transmission Time for Vehicle-to-Vehicle Communications Using NR Sidelink with Unmanned Aerial Vehicle in Disaster Situations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NR Sidelink / NR Sidelink  
キーワード(2)(和/英) V2X / V2X (Vehicle-to-Everything)  
キーワード(3)(和/英) 高度道路交通システム / ITS (Intelligent Transport System)  
キーワード(4)(和/英) 無人航空機 / UAV (Unmanned Aerial Vehicle)  
キーワード(5)(和/英) 通信資源割当 / Communication Resource Allocation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 凜 / Rin Yamazaki / ヤマザキ リン
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 雄一 / Yuichi Kawamoto / カワモト ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 寧 / Nei Kato / カトウ ネイ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-07-28 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 AP2022-49, SANE2022-30, SAT2022-25 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.135(AP), no.136(SANE), no.137(SAT) 
ページ範囲 pp.86-90(AP), pp.44-48(SANE), pp.47-51(SAT) 
ページ数
発行日 2022-07-20 (AP, SANE, SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会