お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-16 14:30
改良型CMAアダプティブアレーによるバイタルサイン追従法
小川悠太本間尚樹村田健太郎岩井守生小林宏一郎岩手大AP2022-162
抄録 (和) 本稿では,MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) レーダにおいて,ブラインド処理によるバイタルサ インの追従・検出を実現するために,CMA (Constant Modulus Algorithm) に改良を加えたビームフォーミング法を 提案する.具体的には,DC オフセットを除去し,出力信号の位相変動幅が呼吸に対応する値となるように,バイタル サインの特徴を考慮したウェイト更新を行う.また,従来法の最大比合成に基づくビームフォーミング法及び位相変 動幅を考慮しないCMA-like 法との心拍推定精度を比較し実験的に評価する.実験の結果,リファレンスとして用い たECG (Electrocardiogram) に対する平均心拍誤差は,最大比合成では11.1 bpm,CMA-like 法では10.5 bpm,提 案する改良型CMA 法では3.47 bpm であり,提案法の有効性が明らかになった. 
(英) This paper proposes a modified beamforming method based on the CMA (Constant Modulus Algorithm) for MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) radar to track and detect a vital sign by blind processing. In this method, the beamforming weight is updated in real-time to remove the DC offset and make the phase variance correspond to the respiratory response in the output signal to consider the features of the vital sign. The proposed method is experimentally evaluated by comparing the heart rate estimation accuracy with the conventional beamforming method based on Maximal Ratio Combining and the CMA-like method. The experimental result showed that the average heart rate errors of the presented methods from the reference ECG (Electrocardiogram) were 11.1 bpm in the Maximal Ratio Combining, 10.5 bpm in the CMA-like method, and 3.47 bpm in the proposed modified CMA method, demonstrating the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) MIMO / アダプティブアレーアンテナ / バイタルサイン / 心拍推定 / / / /  
(英) MIMO / adaptive array antenna / vital sign / heart rate estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 251, AP2022-162, pp. 85-90, 2022年11月.
資料番号 AP2022-162 
発行日 2022-11-08 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2022-162

研究会情報
研究会 RCS AP UWT  
開催期間 2022-11-15 - 2022-11-17 
開催地(和) 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催 
開催地(英) Kyushu University, and Online 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2022-11-RCS-AP-UWT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 改良型CMAアダプティブアレーによるバイタルサイン追従法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vital-Sign Tracking Method Using Modified CMA Adaptive Array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) アダプティブアレーアンテナ / adaptive array antenna  
キーワード(3)(和/英) バイタルサイン / vital sign  
キーワード(4)(和/英) 心拍推定 / heart rate estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 悠太 / Yuta Ogawa / オガワ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 健太郎 / Kentaro Murata / ムラタ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 守生 / Morio Iwai / イワイ モリオ
第4著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 宏一郎 / Koichiro Kobayashi / コバヤシ コウイチロウ
第5著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-16 14:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2022-162 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数
発行日 2022-11-08 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会