お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-08 12:55
超小型衛星のための厚膜レジストSU-8を用いたエレクトロスプレーイオン源
新宮拓実横浜国大/産総研)・長尾昌善村上勝久村田博雅産総研)・鷹尾祥典横浜国大ED2022-50
抄録 (和) 著者らは以前に,超小型宇宙機用の高推力な推進機として,電界放出電子源の作製技術を利用した高実装密度エレクトロスプレーイオン源を作製した.しかし,電極間距離も小さくなるため別途加速電極が必須であった.本研究では実装密度を緩和して数100 Vを印加可能な電極間距離にすることで,加速電極を要さずに高推力密度化を目指す.そのため,電極間材料に厚膜レジストのSU-8を用いたエミッタアレイを作製した. 
(英) We study electrospray ion sources as high-thrust propulsion for nanosatellites. Previously, we fabricated a high-density emitter array using a field emitter array fabrication technology. However, an additional ion accelerator electrode was necessary because the distance between the emitter and the extractor was small. In this study, the emitter density is reduced, and the distance between the electrodes is increased to apply several hundred volts. Thus, a high thrust density is obtained without the accelerator electrode. For this purpose, we fabricated emitter arrays using SU-8 thick film resist as the inter-electrode material.
キーワード (和) 電気推進 / エレクトロスプレーイオン源 / SU-8 / イオン液体 / / / /  
(英) Electric Propulsion / Electrospray Ion Source / SU-8 / Ionic Liquid / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 298, ED2022-50, pp. 4-7, 2022年12月.
資料番号 ED2022-50 
発行日 2022-12-01 (ED) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2022-50

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2022-12-08 - 2022-12-09 
開催地(和) 12/8 名大,12/9 ウインク愛知(会場は「詳細はこちら」を参照ください) 
開催地(英) 12/8 Nagoya University, 12/9 WINC AICHI 
テーマ(和) 電子・イオンビーム応用 
テーマ(英) Applications of electron and ion beam 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2022-12-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超小型衛星のための厚膜レジストSU-8を用いたエレクトロスプレーイオン源 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Electrospray Ion Sources using SU-8 Thick-Film Photoresist for Microspacecraft 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電気推進 / Electric Propulsion  
キーワード(2)(和/英) エレクトロスプレーイオン源 / Electrospray Ion Source  
キーワード(3)(和/英) SU-8 / SU-8  
キーワード(4)(和/英) イオン液体 / Ionic Liquid  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新宮 拓実 / Takumi Shingu / シングウ タクミ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学/産業技術総合研究所 (略称: 横浜国大/産総研)
Yokohama National University/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: YNU/AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 昌善 / Masayoshi Nagao / マサヨシ ナガオ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 勝久 / Katsuhisa Murakami / カツヒサ ムラカミ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 博雅 / Hiromasa Murata / ヒロマサ ムラタ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹尾 祥典 / Yoshinori Takao / ヨシノリ タカオ
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-08 12:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ED 
資料番号 ED2022-50 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.4-7 
ページ数
発行日 2022-12-01 (ED) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会