お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-01-27 10:55
交通行動が居住地選択に及ぼす影響に関するシミュレーション分析
髙木詩麻森澤哲成伊藤 尚富山高専CAS2022-81 ICTSSL2022-45
抄録 (和) 現在,少子高齢化や人口減少が進むなか持続可能な都市形成が求められ,コンパクトシティ政策が導入されている.コンパクトシティでは都市の機能が中心に集約され,人々が電車やバスといった公共交通,および徒歩といった交通手段を主に用いて移動することでモータリゼーションの問題を解決できるとされている.そこで本研究ではエージェントの交通行動と居住地選択行動が都市構造の変化にどのような影響を与えるのかをマルチエージェントシミュレーションを用いて分析する. 
(英) In recent years, compact city policy has been focused for sustainable urban development in a city with declining birthrate, aging population and shrinking population. In a compact city, people mainly use public transportation such as trains and buses, as well as walking to move around the city because the central location of the city has the urban functions. Therefore, it is considered that a compact city can solve the problem of motorization. In this study, we use multi-agent simulation to analyze how agents' travel behavior and residential location choice behavior affect changes in urban structure.
キーワード (和) コンパクトシティ / 交通行動 / 都市計画 / マルチエージェントシミュレーション / / / /  
(英) compact city / travel behavior / city-planning / multi-agent simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 360, CAS2022-81, pp. 95-98, 2023年1月.
資料番号 CAS2022-81 
発行日 2023-01-19 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2022-81 ICTSSL2022-45

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2023-01-26 - 2023-01-27 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) TBD 
テーマ(和) 学生セッション・一般 
テーマ(英) Student Session, General Session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2023-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 交通行動が居住地選択に及ぼす影響に関するシミュレーション分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation analysis of the influence of travel behavior on residential choice 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンパクトシティ / compact city  
キーワード(2)(和/英) 交通行動 / travel behavior  
キーワード(3)(和/英) 都市計画 / city-planning  
キーワード(4)(和/英) マルチエージェントシミュレーション / multi-agent simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙木 詩麻 / Shima Takagi / タカギ シマ
第1著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT, Toyama College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森澤 哲成 / Tessei Morisawa / モリサワ テッセイ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT, Toyama College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 尚 / Nao Ito / イトウ ナオ
第3著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT, Toyama College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-01-27 10:55:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 CAS 
資料番号 CAS2022-81, ICTSSL2022-45 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.360(CAS), no.361(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数
発行日 2023-01-19 (CAS, ICTSSL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会