お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-01-19 10:20
デジタル方式電圧モード多周期制御コンバータの一巡伝達関数
舟木秀明前田崇純庄山正仁九大)・米澤 遊名大)・宮澤秋彦モデルコア研EE2023-48
抄録 (和) スイッチング電源はスイッチング周波数を高めることで小型・軽量化が実現できる。しかし,一般に高周波スイッチング電源をデジタル制御器によって制御することは困難である。デジタル制御器では,スイッチング周期毎に制御出力が更新される。よって,制御器の処理能力を超えてスイッチング周波数が高い場合には制御は実現できない。近年,これを解決する手法として,制御出力の更新を複数スイッチング周期毎とする多周期制御が提案されている。しかし,この多周期制御器の動特性についてはこれまで検討されてこなかった。故に,本稿では後縁制御降圧型コンバータを例にとり,この動特性について一巡伝達関数の検討を行った。また,得られた一巡伝達関数について,シミュレーションを用いて得られた動特性とボード線図の形で比較することでその妥当性を確認した。 
(英) SMPSs can be made smaller and lighter by increasing their switching frequency. However, it is generally difficult to realize high-frequency SMPSs using digital controllers. In a digital controller, the control outputs are updated at every switching cycle. Therefore, if the switching frequency is higher than the computation capacity of the controller, control cannot be achieved. In recent years, multi-cycle control has been proposed as a method to solve this problem, in which the control outputs are updated every multiple switching cycles. However, the dynamic characteristics of this multi-cycle controller have not been researched before. Thus, in this paper, we take a trailing-edge controlled Buck converter as an example and verify the open-loop transfer function by comparing it with the dynamic characteristics obtained using simulation in the form of Bode diagrams.
キーワード (和) DC-DCコンバータ / デジタル制御 / 多周期制御 / モデリング / 一巡伝達関数 / / /  
(英) DC-DC converter / Digital controller / Multi-cycle control / Modeling / Loop transfer function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 343, EE2023-48, pp. 49-53, 2024年1月.
資料番号 EE2023-48 
発行日 2024-01-11 (EE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2023-48

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2024-01-18 - 2024-01-19 
開催地(和) 宝山ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路技術及び高効率エネルギー変換技術関連、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2024-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタル方式電圧モード多周期制御コンバータの一巡伝達関数 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Loop Transfer Function of Digital Voltage-Mode Multi-Cycle Controlled Converters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DC-DCコンバータ / DC-DC converter  
キーワード(2)(和/英) デジタル制御 / Digital controller  
キーワード(3)(和/英) 多周期制御 / Multi-cycle control  
キーワード(4)(和/英) モデリング / Modeling  
キーワード(5)(和/英) 一巡伝達関数 / Loop transfer function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟木 秀明 / Hideaki Funaki / フナキ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 崇純 / Takazumi Maeda / マエダ タカズミ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄山 正仁 / Masahito Shoyama / ショウヤマ マサヒト
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 遊 / Yu Yonezawa / ヨネザワ ユウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 秋彦 / Akihiko Miyazawa / ミヤザワ アキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社モデルコア研究所 (略称: モデルコア研)
Model core Laboratories LTD. (略称: MDcore Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-01-19 10:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EE 
資料番号 EE2023-48 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数
発行日 2024-01-11 (EE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会