お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-01-31 12:35
[招待講演]mK評価が明らかにするMOSFET極低温動作におけるバンド端準位の役割
岡 博史産総研SDM2023-74
抄録 (和) 高集積量子コンピュータの実現に向けて,量子ビット制御機器の機能を集積回路化して冷凍機内部で信号の送受信を行うクライオCMOS技術の研究開発が進められている.同集積回路は冷凍機内の4 Kステージに配置されることが想定されており,MOSFETの極低温動作特性の理解が重要となる.しかし,極低温では多くのデバイスパラメータが従来のトランジスタモデルに基づく予測から逸脱する.サブスレッショルドスイング(SS)の極低温下での温度比例則からの逸脱はその代表的な例であるが,物理的要因には未解明の部分が多い.本研究では,クライオCMOSの実動作温度4 Kを大幅に下回る15 mKでの評価を通して,SSを含むMOSFET極低温動作特性の決定要因を検証したので報告する. 
(英) Toward large-scale quantum computers, cryogenic CMOS circuits have been developed to control and readout the qubits inside the refrigerator. Since the cryogenic CMOS circuits are operated at 4 K stage in the refrigerator, understanding on the cryogenic performance of MOSFETs is important. At cryogenic temperatures, various parameters of MOSFETs deviate from the extrapolation of conventional model, which is especially noticeable in the subthreshold swing (SS) as discrepant from the temperature-proportional law. However, the physical mechanism of cryo-specific performance of MOSFETs is still not fully understood. In this study, we examined the mK temperature analysis of MOSFETs to elucidate the governing factor of SS and operation mechanism of cryogenic MOSFETs.
キーワード (和) 量子コンピュータ / クライオCMOS / サブスレッショルドスイング / mK温度 / バンド端準位 / / /  
(英) Quantum computer / Cryogenic CMOS / Subthreshold swing / mK temperature / Band-edge state / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 375, SDM2023-74, pp. 1-4, 2024年1月.
資料番号 SDM2023-74 
発行日 2024-01-24 (SDM) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SDM2023-74

研究会情報
研究会 SDM  
開催期間 2024-01-31 - 2024-01-31 
開催地(和) 金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス 
開催地(英) KIT Toranomon Graduate School 
テーマ(和) 先端デバイス・ プロセス技術(IEDM特集) 
テーマ(英) Advanced semiconductor devices and processes (Special feature on IEDM) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SDM 
会議コード 2024-01-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) mK評価が明らかにするMOSFET極低温動作におけるバンド端準位の役割 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Milli-Kelvin Analysis Revealing the Role of Band-edge States in Cryogenic MOSFETs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子コンピュータ / Quantum computer  
キーワード(2)(和/英) クライオCMOS / Cryogenic CMOS  
キーワード(3)(和/英) サブスレッショルドスイング / Subthreshold swing  
キーワード(4)(和/英) mK温度 / mK temperature  
キーワード(5)(和/英) バンド端準位 / Band-edge state  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 博史 / Hiroshi Oka /
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-01-31 12:35:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 SDM 
資料番号 SDM2023-74 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.375 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2024-01-24 (SDM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会