お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-03-01 15:40
C-V2Xサイドリンク通信における伝送遅延ジッタ特性の理論解析
眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大NS2023-226
抄録 (和) 高度道路交通システムにおける主要技術の1つであるC-V2X (Cellular-Vehicle to Everything)では, 車両同士が直接通信を行うサイドリンク通信が規格化されており, そのリソース制御にSB-SPS(Sensing Based Semi-Persist Scheduling)方式が採用されている. サイドリンク通信を用いた車両通信における理論解析は, これまでいくつか提案されているが, 伝送遅延ジッタの分布特性を数理的に明らかにする試みはこれまでない.
本稿では, C-V2Xサイドリンク通信における伝送遅延ジッタ特性の理論解析を示す. 連続する伝送遅延値の組み合わせを状態とし, その状態遷移モデルの定常状態確率を求めることでジッタの分布特性が得られることを示す. 計算機によるシミュレーション結果との比較により本解析手法の妥当性を示す. 
(英) In C-V2X (Cellular-Vehicle to Everything), one of the major technologies in Intelligent Transport Systems, side link communication, in which vehicles communicate directly with each other, is standardized, and the SB-SPS (Sensing Based Semi-Persist Scheduling (SB-SPS) method is used for resource control. Although several theoretical analyses have been proposed for vehicular communications using sidelink communication, there has been no attempt to clarify the distribution characteristics of transmission delay jitter mathematically.
This paper presents a theoretical analysis of transmission delay jitter characteristics in C-V2X sidelink communication. It is shown that the distribution characteristics of jitter can be obtained by obtaining the steady-state probabilities from the state transition model of transmission delay combinations. The validity of this analysis method is demonstrated by comparing the results with computer simulation results.
キーワード (和) SB-SPS / サイドリンク通信 / 隊列走行 / C-V2X / 遅延分布 / ジッタ / /  
(英) SB-SPS / Sidelink communication / Platooning / C-V2X / Delay distribution / Jitter / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 397, NS2023-226, pp. 317-322, 2024年2月.
資料番号 NS2023-226 
発行日 2024-02-22 (NS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2023-226

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2024-02-29 - 2024-03-01 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2024-02-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) C-V2Xサイドリンク通信における伝送遅延ジッタ特性の理論解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Transmission Delay Jitter in C-V2X Sidelink Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SB-SPS / SB-SPS  
キーワード(2)(和/英) サイドリンク通信 / Sidelink communication  
キーワード(3)(和/英) 隊列走行 / Platooning  
キーワード(4)(和/英) C-V2X / C-V2X  
キーワード(5)(和/英) 遅延分布 / Delay distribution  
キーワード(6)(和/英) ジッタ / Jitter  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 耕輔 / Kosuke Sanada / サナダ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hartano / ハタノ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 香津夫 / Kazuo Mori / モリ カズオ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-03-01 15:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2023-226 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.397 
ページ範囲 pp.317-322 
ページ数
発行日 2024-02-22 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会