お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 井ノ上 直己 (NICT)
副委員長 伊藤 敏彦 (北大), 山本 和英 (長岡技科大)
幹事 増市 博 (富士ゼロックス), 村上 浩司 (奈良先端大)
幹事補佐 竹内 孔一 (岡山大), 柳原 正 (KDDI研)

音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 有木 康雄 (神戸大)
副委員長 間野 一則 (芝浦工大)
幹事 李 晃伸 (名工大), 菊池 英明 (早大)
幹事補佐 北村 達也 (甲南大), 小川 厚徳 (NTT)

日時 2009年12月21日(月) 10:00 - 17:00
2009年12月22日(火) 09:30 - 17:50
議題 第11回音声言語シンポジウム(SP・NLC共催/SLP連催) 
会場名 東京大学 本郷キャンパス 山上会館 
住所 〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
交通案内 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html
会場世話人
連絡先
会場世話人:峯松信明先生
他の共催 ◆日本音響学会 音声研究会共催; 情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)連催; 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD),IEEE SP Society Japan Chapter 協賛.
お知らせ ◎問合先:
中野 幹生 (SLP) (株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)
nakano [at] jp.honda-ri.com
伊藤 敏彦 (NLC) 北海道大学
t-itoh [at] media.eng.hokudai.ac.jp
間野 一則 (SP) 芝浦工業大学
mano [at] sic.shibaura-it.ac.jp

※キャンセルがあったため、当初と一日目の時間が変わりました。ご了承ください。
(タイトルに*を付した発表は情報処理学会音声言語情報処理研究会(SLP)連催分です.)
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

12月21日(月) 午前  【開会挨拶】
10:00 - 10:10
  -  
12月21日(月) 午前  【Session-1 音響モデル】
10:10 - 11:50
(1) 10:10-10:35 音声認識のための非線形スペクトル変換を用いた話者適応 NLC2009-12 SP2009-76 林 豊大南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大
(2) 10:35-11:00 話者不変な相対関係特徴を音響単位とする音響モデリングに関する実験的検討 NLC2009-13 SP2009-77 齋藤大輔松浦 良峯松信明広瀬啓吉東大
(3) 11:00-11:25 Unsupervised speaker adaptation for Speech-to-Speech Translation system *
Keiichiro Oura, Junichi Yamagishi, Mirjam Wester, Simon King, Keiichi Tokuda (NITECH)
(4) 11:25-11:50 音声認識のための複数の認識器を利用した能動学習 *
濱中 悠三 (東工大), 江森 正 (NEC情報システムズ), 越仲 孝文 (NEC/東工大), 篠田 浩一 (東工大), 古井 貞熙 (東工大)
12月21日(月) 午後  【Session-2 デコーダ】
13:00 - 13:50
(5) 13:00-13:25 Recent Evaluations of a WFST-Based Speech Recognition Decoder NLC2009-14 SP2009-78 Paul R. DixonJosef R. NovakTasuku OonishiSadaoki FuruiTokyo Inst. of Tech.
(6) 13:25-13:50 サーチエラーリスク最小化に基づくViterbiビーム探索とその評価 NLC2009-15 SP2009-79 堀 貴明渡部晋治中村 篤NTT
12月21日(月) 午後  【Session-3 言語モデル】
13:50 - 14:40
(7) 13:50-14:15 マルチタスク型音声対話システムの対話制御のための発話識別 *
○粟野 健太郎, 伊藤 仁, 伊藤 彰則, 牧野 正三 (東北大)
(8) 14:15-14:40 Topic Dependent Language Model based on On-Line Voting *
○Welly Naptali, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa (Toyohashi University of Technology)
12月21日(月) 午後  【Session-4 招待講演】
14:55 - 15:45
(9) 14:55-15:45 [招待講演]何かが欠けている音声認識研究 NLC2009-16 SP2009-80 古井貞熙東工大
12月21日(月) 午後  【Session-5 パネル討論】
15:45 - 17:00
  - 討論テーマ:「音声認識研究に何が必要か?」
モデレータ:河原達也(京大)
招待講演やASRU最新動向を踏まえて,若手研究者とともに
これからの音声認識の挑戦課題・研究方法等について討論する.
12月22日(火) 午前  【Session-6 韻律・VAD】
09:30 - 10:45
(10) 09:30-09:55 母音間のピッチデルタと発話インターバルを用いた焦燥検知 ~ 現実に基づいた正確な検知を目指して ~ NLC2009-17 SP2009-81 岡田一秀トヨタ自動車
(11) 09:55-10:20 複数の特徴量による条件付確率場に基づく音声区間検出 NLC2009-18 SP2009-82 斎藤 彰南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大
(12) 10:20-10:45 Dirichlet事前分布を用いた音声区間検出の検討 *
○藤本 雅清, 渡部 晋治, 中谷 智広 (NTT)
12月22日(火) 午前  【Session-7 対話】
11:00 - 12:15
(13) 11:00-11:25 音声対話システムのためのN-gramに基づくキーワードからの文生成 NLC2009-19 SP2009-83 吉見孔孝南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大
(14) 11:25-11:50 音声対話システムの対話履歴N-gramを利用したユーザ満足度推定手法 *
原 直, 北岡 教英, 武田 一哉 (名大)
(15) 11:50-12:15 対話データの統計量を用いたPOMDPによる対話制御 *
○南 泰浩, 目黒 豊美, 東中 竜一郎, 森 啓, 堂坂 浩二, 前田 英作 (NTT)
12月22日(火) 午後  【Session-8 招待講演】
13:15 - 14:05
(16) 13:15-14:05 [招待講演]対話インタラクションの文化パラメータ *
片桐 恭弘 (はこだて未来大)
12月22日(火) 午後  【Session-9 音声検索・要約】
14:20 - 15:35
(17) 14:20-14:45 文脈を考慮した確率的モデルによる話し言葉の整形 *
○Graham Neubig, 秋田 祐哉, 森 信介, 河原 達也 (京大)
(18) 14:45-15:10 Web上の語彙を利用した音声クエリ拡張による検索語検出 NLC2009-20 SP2009-84 栗城吾央伊藤慶明小嶋和徳石亀昌明岩手県立大)・田中和世筑波大)・李 時旭産総研
(19) 15:10-15:35 複数音声認識システムを用いた音声中の検索語検出の検討 *
○名取 賢, 西崎 博光, 関口 芳廣 (山梨大)
12月22日(火) 午後  【Session-10 一般(ポスターセッション)】
15:50 - 17:50
(20) 15:50-17:50 音声認識の信頼度に着目した文境界検出に関する検討 *
○畑 昇吾 (千葉大), 西田 昌史 (同志社大), 堀内 靖雄, 黒岩 眞吾 (千葉大)
(21) 15:50-17:50 Buried Markov Model を用いた音声認識モデルの構築法の検討 *
○山本 隆之, 滝口 哲也, 有木 康雄 (神戸大)
(22) 15:50-17:50 ランダムプロジェクションを用いた音響モデルの線形変換 *
○吉井 麻里子, 滝口 哲也, 有木 康雄 (神戸大)
(23) 15:50-17:50 直交関数系の級数展開に基づくスペクトル引き算 NLC2009-21 SP2009-85 赤坂泰司島村徹也埼玉大
(24) 15:50-17:50 音声信号の2重自己相関関数のスペクトル表現とその雑音環境下単語認識システムへの応用 NLC2009-22 SP2009-86 Nguyen Ngoc Dinh島村徹也埼玉大
(25) 15:50-17:50 F0量子化に基づく韻律コンテキストを用いたHMM音声合成 NLC2009-23 SP2009-87 大木康次郎能勢 隆小林隆夫東工大
(26) 15:50-17:50 ユーザの発話を利用した聞き取りやすい英語への音声変換手法 NLC2009-24 SP2009-88 小柴侑一榑松 明白井克彦早大
(27) 15:50-17:50 順位統計量を用いた話者照合のためのコホート話者選択方法 *
○岡本 悠 (千葉大), 柘植 覚 (徳島大), 堀内 靖雄, 黒岩 眞吾 (千葉大)
(28) 15:50-17:50 距離感を与える音声の特徴分析と合成 NLC2009-25 SP2009-89 大町 基岩田和彦小林哲則早大
(29) 15:50-17:50 多重ベータ混合モデルを用いた調波時間構造のモデル化による音声合成の検討 NLC2009-26 SP2009-90 中鹿 亘神戸大)・立花隆輝西村雅史日本IBM)・滝口哲也有木康雄神戸大
(30) 15:50-17:50 F0量子化と非パラレル学習に基づく声質変換の検討 NLC2009-27 SP2009-91 太田悠平能勢 隆小林隆夫東工大
(31) 15:50-17:50 多様な声質を表現するための因子分析モデルに基づくHMM音声合成 NLC2009-28 SP2009-92 鹿住恭介南角吉彦徳田恵一名工大
(32) 15:50-17:50 WWWを利用したトピック関連語推定に基づく言語モデル教師なし適応の性能評価 *
○増村 亮, 伊藤 仁, 伊藤 彰則, 牧野 正三 (東北大)
(33) 15:50-17:50 Google N-gramを用いた音声認識のタスク汎用性評価の試み *
久保 慶伍, 三宅 純平, 川波 弘道, 猿渡 洋, 鹿野 清宏 (奈良先端大)
(34) 15:50-17:50 AAMを用いた顔方位にロバストな唇領域特徴抽出と音声特徴による構音障害者の音声認識 NLC2009-29 SP2009-93 宮本千琴駒井祐人滝口哲也有木康雄神戸大)・李 義昭追手門学院大)・中林稔堯神戸大
(35) 15:50-17:50 英語発音評定における各種正規化の検討 *
○久住 大, 加藤 正治, 小坂 哲夫, 松永 到 (山形大)
(36) 15:50-17:50 ユーザ生成型音声対話コンテンツを用いた音声情報案内システム NLC2009-30 SP2009-94 福田敏則吉見孔孝南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大
(37) 15:50-17:50 音声認識・言語理解システムを用いた音声対話コーパスの収集とその利用 *
○小野 正貴 (東京農工大), 中野 有紀子 (成蹊大)
(38) 15:50-17:50 共通部分単語の提示を併用した単語音声入力インタフェース *
○張 用起, 甲斐 充彦, 王 龍標 (静岡大)
(39) 15:50-17:50 騒音環境下における音声帯域と単語了解度の関係について NLC2009-31 SP2009-95 栗原祥子日和崎祐介佐々木茂明羽田陽一NTT
(40) 15:50-17:50 One study of reasonable acoustic attachment for mute image
-- To Target accurate Automatic Iipreading --
NLC2009-32 SP2009-96
Kazuhide OkadaToyota
(41) 15:50-17:50 人類進化のデジタル符号化要求仮説 *
○得丸 公明 (システム・エンジニア)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先  
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2009-11-28 17:08:44


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /   [SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会