お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のMW研究会 / 次のMW研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


マイクロ波研究会(MW) [schedule] [select]
専門委員長 末松 憲治 (東北大)
副委員長 河合 正 (兵庫県立大), 大久保 賢祐 (岡山県立大), 中溝 英之 (三菱電機)
幹事 石川 亮 (電通大), 河口 民雄 (東芝)
幹事補佐 長谷川 直輝 (ソフトバンク), 片山 光亮 (徳山高専)

日時 2022年11月15日(火) 10:45 - 17:40
2022年11月16日(水) 09:30 - 15:10
議題 マイクロ波一般 
会場名 福江文化会館 
住所 〒853-0018 五島市池田町1番2号
交通案内 https://nagasaki-bunkanet.jp/hall/%e7%a6%8f%e6%b1%9f%e6%96%87%e5%8c%96%e4%bc%9a%e9%a4%a8/
会場世話人
連絡先
東芝 河口民雄
0959-72-5741
他の共催 ◆IEEE MTT-S Japan Chapter;IEEE MTT-S Kansai Chapter;IEEE MTT-S Nagoya Chapter協賛
お知らせ ◎(10/25更新) 11月研究会はハイブリッド形態で開催します.なお,今後の感染状況の変化によっては,急遽,完全オンライン開催に変更する場合もあり得ますことを予めご了承ください.
参加予定の方は以下の詳細をよくご確認のうえ,参加登録フォーム(最下部にURL記載)より参加登録をお願いいたします.
詳細:https://www.ieice.org/~mw/Term.html
◎現地参加予定の皆様:
(1) 学会の研究会開催方針により,事前参加登録が必須となっております(完全予約制).事前のご登録が確認できない場合には,参加をお断りする場合がございます.また,参加登録時には連絡先(住所・電話番号)のご記入にもご協力をお願いいたします.
(2) 航空券や宿泊等を予約される方は,事前に各々のキャンセル規程等を十分ご確認ください.誠に申し訳ございませんが,キャンセル料は学会で負担いたしかねますので,予めご了承のほどよろしくお願いいたします.
(3) 学会の研究会開催方針により,緊急事態宣言発令の地域に在住もしくは勤務されている方は,現地参加を自粛してください.
(4) 以下の参加登録フォームから事前参加登録のうえ,当日,会場までお越しください.また,マスク着用・手指消毒等の感染防止対策にご協力ください.体調が優れない場合には現地参加をご遠慮ください.
◎オンラインにて発表・聴講予定の皆様:
以下のフォームから事前参加登録を行ってください.研究会開催数日前に接続先URLをメールでご案内いたします.
◎参加登録フォーム(現地・オンラインに関わらず参加者全員):
https://forms.gle/PZfWHk3NQLmUt7796
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(MW研究会)についてはこちらをご覧ください.

  10:45-10:50 挨拶 ( 5分 )
11月15日(火) 午前  アクティブ
座長: 藤原 康平(都立産業技術研究センター)
10:50 - 13:00
(1) 10:50-11:15 1ポートCRLH線路を用いる連続F級/逆F級動作2GHz帯GaN HEMT電力増幅器 MW2022-109 辻 恵梨青沼奏志田中愼一芝浦工大
(2) 11:15-11:40 1ポートCRLH線路の分散制御による高効率電力増幅器の帯域改善 MW2022-110 最上椋太辻 恵梨田中愼一芝浦工大
  11:40-13:00 休憩 ( 80分 )
11月15日(火) 午後  アクティブ
座長: 田中 愼一(芝浦工大)
13:00 - 14:30
(3) 13:00-13:25 準ミリ波帯50Ω設計電力増幅器を使用したアウトフェージング動作による出力バックオフ性能改善の一検討 MW2022-111 芦沢 直本城和彦石川 亮電通大
(4) 13:25-13:50 WiCoPT WPTシステム実現に向けたハイブリッド増幅器の検討 MW2022-112 古本 廉安信大輔西川健二郎鹿児島大
(5) 13:50-14:15 5Gダウンリンク通信におけるRF電力増幅器の消費電力推定及び低消費電力化の検討 MW2022-113 髙木裕貴太田喜元SB
  14:15-14:30 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午後  パッシブ
座長: 谷藤 正一(沖縄高専)
14:30 - 16:00
(6) 14:30-14:55 電波天文用広帯域受信機のための超伝導クワッドバンド帯域通過フィルタの開発 MW2022-114 良知颯太作間啓太山梨大)・赤堀卓也国立天文台)・關谷尚人山梨大
(7) 14:55-15:20 共平面型Hスロット共振器を用いた同軸入出力30GHz帯超電導狭帯域フィルタの検討 MW2022-115 清水隆志金乙翔大宇都宮大
(8) 15:20-15:45 導波管マイクロストリップ変換器を付与したW帯SIWハイブリッドカプラの開発 MW2022-116 藤原康平時田幸一都立産技研センター)・吉田 信シーデックス
  15:45-16:00 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午後  システム・通信
座長: 花澤 理宏(UL Japan)
16:00 - 17:40
(9) 16:00-16:25 TDOAによるドローンの3次元位置推定の検討 MW2022-117 柴田大樹亀井利久防衛大
(10) 16:25-16:50 Wi-Fi受信信号強度のスペクトル推定による周期運動の検知に関する検討 MW2022-118 坂口浩一郎岸原充佳大久保賢祐岡山県立大
(11) 16:50-17:15 短距離MIMO WiCoPTシステムにおける電力およびデータ伝送特性の実験的評価 MW2022-119 渡辺瑛大郎宮 伸大朗奈良太志吉田賢史鹿児島大)・川崎繁男スペース&モバイルワイヤレステクノロジー)・西川健二郎鹿児島大
(12) 17:15-17:40 受信後非線形補償による送受信機の線形性向上の効果 MW2022-120 山尾 泰電通大
11月16日(水) 午前  整流器
座長: 吉田 賢史(鹿児島大)
09:30 - 11:00
(13) 09:30-09:55 ワイヤ・ループアンテナを用いる28GHz帯高効率レクテナ MW2022-121 坂井尚貴角谷直哉野口啓介伊東健治金沢工大
(14) 09:55-10:20 ゼロしきい値 GaAs HEMT を使用したワイヤレス電力伝送用サブmW動作 2.45 GHz 帯高効率整流器の直流電圧合成法 MW2022-122 吉田 剛石川 亮本城和彦電通大
(15) 10:20-10:45 マイクロ波電力増幅器への負ゲートバイアス印加用直流帰還型ゼロ閾値GaAs HEMT整流器および倍電圧ダイオード整流器 MW2022-123 長田多喜本城和彦石川 亮電通大
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
11月16日(水) 午前  発振器
座長: 水谷 浩之(三菱電機)
11:00 - 13:30
(16) 11:00-11:25 マイクロ波の発振・導波・放射に関する提案 ~ 電気/電磁波変換技術と導波・放射技術 ~ MW2022-124 大内和幸波動デバイス
(17) 11:25-11:50 閾値の異なる量子化器を並列化したΔΣ変調回路を用いたディジタルRF信号発生器のSNR改善 MW2022-125 水谷浩之早馬道也萩原達也中溝英之三菱電機
(18) 11:50-12:15 28GHz帯基準信号発生器の開発 MW2022-126 吉田 信シーデックス)・藤原康平時田幸一都立産技研センター)・矢加部利幸マルチポート研
  12:15-13:30 休憩 ( 75分 )
11月16日(水) 午後  測定手法
座長: 清水 隆志(宇都宮大)
13:30 - 15:10
(19) 13:30-13:55 終端開放同軸線路と集中定数理論によるMHz帯での液体の複素誘電率測定 MW2022-127 柴田幸司八戸工大)・藤原康平都立産技研センター
(20) 13:55-14:20 自由空間法を用いた複素比誘電率推定の不確かさに関する検討 MW2022-128 花澤理宏UL Japan)・亀井利久防衛大)・荻野 哲新日本電波吸収体
(21) 14:20-14:45 基板実装部品のsパラメータ測定におけるジグ補正手法の検証 MW2022-129 近藤 崇藤原康平都立産技研センター
(22) 14:45-15:10 プローブ後方反射法を利用したミリ波線路特性の予測 MW2022-130 坂巻 亮小林 健産総研

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
MW マイクロ波研究会(MW)   [今後の予定はこちら]
問合先 河口 民雄(東芝)
E-: oguba
もしくは
石川亮(電通大)
E-: ric 
お知らせ ◎【MW研からのお知らせ】
2020年度より、各年度のMW研の全発表の中から、優秀な研究発表を行った学生講演者を対象として「学生研究優秀発表賞」と「学生研究発表奨励賞」を選定します。


Last modified: 2022-11-07 11:33:13


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[MW研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のMW研究会 / 次のMW研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会