お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1087件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, NLP
(共催)
2023-01-29
09:50
北海道 公立はこだて未来大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
片側膝上切断者による非対称な重心軌道の速度依存性
木村遼太郎横山 光瀧山 健東京農工大
 [more]
EMCJ 2023-01-27
11:50
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご 幾何光学近似手法による吸収電力密度推定の検討
阿久津裕大東京農工大)・櫛山祐次郎NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大)・長岡智明NICT
 [more]
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
ITE-IDY, EID, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2023-01-27
13:15
ONLINE オンライン開催 (Webex) [基調講演]人に近づく3D表示 ~ 疲労低減、コミュニケーション応用、コンタクトレンズ型 ~
高木康博東京農工大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
11:30
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OCCの移動環境における受信方式に関する検討
佐々木友基丸田一輝東京理科大)・小島 駿東大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
11:55
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャネル時変動環境下における時間領域シンボル拡散を用いたCMAの干渉抑圧性能評価
池田晴哉丸田一輝東京理科大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
RECONF, VLD
(連催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-01-23
10:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
再構成可能仮想アクセラレータ(ReVA)の実現に向けたHLS分割コンパイルツールによる回路分散機構
矢口一基前田依莉子照屋大地東京農工大)・長名保範琉球大)・三好健文わさらぼ)・中條拓伯東京農工大
 [more]
MWPTHz, PN, EMT
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2023-01-24
11:35
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
メタレンズアンテナと共鳴トンネルダイオードの融合による0.3THz帯30dB指向性利得の設計
浦島康平鈴木健仁東京農工大
 [more]
MWPTHz, PN, EMT
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2023-01-24
12:00
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無偏光・高屈折率・低反射なメタサーフェスによるテラヘルツ光渦生成素子の設計
山森駿司浦島康平鈴木健仁東京農工大
 [more]
RECONF, VLD
(連催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-01-24
13:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Virt I/Oインタフェースを用いたLinux向け汎用IPコアの実装
浅沼昂太東京農工大/イーツリーズ・ジャパン)・三好健文イーツリーズ・ジャパン
 [more]
SeMI, SeMI
(併催)
2023-01-19
13:30
徳島 鳴門グランドホテル海月
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]ローリングシャッターを用いた光カメラ通信のためのシンボルタイミング同期法
比嘉諒人東京農工大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
AP, WPT
(併催)
2023-01-20
14:55
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MHz帯WPTシステム用メタマテリアルの小形化
柴田優太朗有馬卓司東京農工大
 [more]
AP, WPT
(併催)
2023-01-20
15:20
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多層基板メタマテリアルを用いた80GHz帯における電磁波吸収体の開発
大藪直威有馬卓司宇野 亨東京農工大
 [more]
PRMU 2022-12-16
10:30
富山 富山国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
手書き解答の自動採点に向けた学習ドリルのディジタル化と筆記解答の収集
朝倉 僚ワコム)・グエン トゥアン フーングエン トゥアン クーン東京農工大)・宮澤 寛土田洋一山本高廣伊藤雅充堀江利彦ワコム)・清水郁子中川正樹東京農工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MBE, NC
(共催)
2022-12-03
13:55
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス スキル学習が及ぼす速度不変性への影響 ~ プロピアニストと未経験者、局所性ジストニアピアニスト間の比較 ~
武田三四郎東京農工大)・古屋晋一ソニーコンピュータサイエンス研)・瀧山 健東京農工大MBE2022-36 NC2022-58
我々は同一の運動を繰り返し学習することで, より優れた運動スキルを獲得する. 加えて、様々な速度で同一の運動を実行する際... [more] MBE2022-36 NC2022-58
pp.62-67
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:55
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
集合対間配線問題に対するSATを用いた配線手法
長倉光輝横屋凛太郎藤吉邦洋東京農工大VLD2022-21 ICD2022-38 DC2022-37 RECONF2022-44
集合対間配線問題とは,同数のソース端子とシンク端子が与えられ,それらの間を任意の組合せで,1対1接続する単層配線問題であ... [more] VLD2022-21 ICD2022-38 DC2022-37 RECONF2022-44
pp.13-18
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-18
13:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]FDTD法を用いたアンテナ解析 ~ 基礎から最新技術まで ~
有馬卓司東京農工大EMT2022-60
電磁界解析は光の領域からごく低周波の領域まで広い範囲で用いられている.この電磁界解析手法としては手法のFDTD法,モーメ... [more] EMT2022-60
pp.89-92
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-16
10:20
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウドソース無線装置(CRU)を用いた適応C-RAN構成におけるシステムレベルシミュレーションによるスループット評価
石井悠斗宗 秀哉湘南工科大)・丸田一輝東京理科大)・中山 悠東京農工大RCS2022-165
増加するモバイルトラヒックを収容するため,集中型無線アクセスネットワーク(C-RAN: Centralized Radi... [more] RCS2022-165
pp.61-66
ICSS 2022-11-08
10:30
北海道 北海道自治労会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ランサムウェアに対する実行遅延タスクスケジューラの提案と評価
榎本秀平東京農工大)・葛野弘樹神戸大)・山田浩史東京農工大)・白石善明森井昌克神戸大ICSS2022-46
ランサムウェアの感染による情報資産の不正な暗号化被害は深刻な問題である.不正な暗号化から情報資産を保護するためには,アン... [more] ICSS2022-46
pp.49-54
CAS, NLP
(共催)
2022-10-21
11:15
新潟 新潟大学駅南キャンパスときめいと
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イジングモデルにおけるスピンの2重化による高速求解の研究
福井香純藤吉邦洋東京農工大CAS2022-30 NLP2022-50
イジングモデルに基づいた組合せ最適化問題の解法は、組合せ最適化問題をイジングモデルにマッピングしてエネルギーが小さくなる... [more] CAS2022-30 NLP2022-50
pp.56-59
AP 2022-10-19
09:30
岐阜 岐阜市文化センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]28GHz/39GHz帯における周波数選択型デュアルバンド薄膜リフレクトアレーの設計
上村 彬久保若奈東京農工大AP2022-100
現在, 通信トラヒックの増大に対応するため, 5G 周波数の拡張が見込まれている. 5G 通信は高周波数 帯の電波を使用... [more] AP2022-100
pp.29-33
 1087件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会