お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-12-16
09:35
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Radar Target Modeling by Employing Directional Point Source
Hirokazu KobayashiElectromagnetic Wave System Lab.)・Hirohisa OdaSOGO
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SANE 2022-08-18
15:30
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
点波源散乱モデルによるレーダクラッタの一考察
小林弘一波動システム研)・小田浩久綜合電子SANE2022-38
レーダクラッタは,地面,海面,建物などの自然環境内の物体から生成される不要な後方散乱信号として定義される. 近未来の自動... [more] SANE2022-38
pp.26-31
SANE 2022-08-18
15:55
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
指向性を有した点波源散乱モデルの研究
高岡峻一日本無線)・小林弘一波動システム研SANE2022-39
 [more] SANE2022-39
pp.32-37
SANE 2022-05-24
16:25
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ガウスビームで近似したモノパルスレーダのアンテナパターン
小林弘一波動システム研)・風間茂穂綜合電子SANE2022-13
モノパルスレーダは,単一送信パルスによる反射エコーから空間角度の誤差信号を得る高速追尾用のレーダ方式である.反射信号を左... [more] SANE2022-13
pp.67-72
SANE 2021-11-12
10:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Applications of Electromagnetic Array-Factor for Radar Engineering
Hirokazu KobayashiElectromagnetic Wave System Lab.SANE2021-54
Array-factor (AF) theory is the widely and commonly method u... [more] SANE2021-54
pp.114-123
SANE 2021-08-26
14:00
ONLINE オンライン開催 MIMOレーダにおける仮想アレーの一考察
小林弘一波動システム研SANE2021-22
複数の送信アンテナから互いに直交した信号波形を送信し, 複数の受信アンテナを使用してレーダーエコーを受信するMIMOレー... [more] SANE2021-22
pp.1-6
SANE 2021-05-13
11:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]近傍界遠方変換法によるレーダ断面積の評価
小林弘一波動システム研SANE2021-4
この論文では,電気長の大きな物体によるレーダ断面積(Radar Cross-Section: RCS)計測に指向した近傍... [more] SANE2021-4
pp.15-26
SANE 2019-11-29
10:25
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 24GHz帯FMCWレーダにおけるレーダ画像応用と付帯アンテナのパターン測定
柴田雅弘阪工大)・高岡峻一台北科技大)・小林弘一熊本和夫阪工大SANE2019-77
壁透過レーダで誘電体を通して金属物体を測定すると,誘電体で速度が遅くなり,画像上で金属物体の位置がずれる.このずれは誘電... [more] SANE2019-77
pp.41-44
SANE 2019-11-29
11:15
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス NFFFT計測におけるRCSキャリブレーションについて
高岡峻一台北科技大)・小林弘一阪工大)・張 陽郎鞠 志遠台北科技大SANE2019-79
レーダ散乱断面積(RCS)の測定手法の一つとして,近傍の逆合成開口(ISAR)画像を用いた近傍界遠方変換法(Near-F... [more] SANE2019-79
pp.49-53
SANE 2019-01-24
13:00
長崎 長崎県美術館 近傍界遠方変換における多重反射の影響について
小林弘一亀田悠起中村 仁阪工大)・高岡峻一張 陽郎鞠 志遠台北科技大SANE2018-90
電気長が非常に大きな物体に対するRCS (Radar Cross-Section)評価は, 従来の遠方領域における計測で... [more] SANE2018-90
pp.1-6
SANE 2018-11-08
15:50
海外 中国(許昌市) Thinning Technique in Cylindrical Scanning Measurement for RCS Near-field to Far-field Transformation
Shun-ichi TakaokaNTUT)・Hirokazu KobayashiOIT)・Yang-Lang ChangChih-Yuan ChuNTUTSANE2018-70
 [more] SANE2018-70
pp.73-77
SANE 2018-11-09
10:50
海外 中国(許昌市) RCS Near-field to Far-field Transformation Estimation by Using GTD Target Models
Hirokazu KobayashiOIT)・Shun-ichi TakaokaYang-Lang ChangChih-Yuan ChuNTUTSANE2018-77
 [more] SANE2018-77
pp.107-112
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-20
10:45
北海道 北海道大学 近傍界遠方変換によるRCSおよびアンテナパターンの計測
小林弘一阪工大)・高岡俊一台北科技大AP2018-61 SANE2018-25 SAT2018-20
航空機などの電気長の大きな物体に対するRCS評価の要求は, 近年ますます強くなっている. 本論では, このような物体を円... [more] AP2018-61 SANE2018-25 SAT2018-20
pp.113-118(AP), pp.19-24(SANE), pp.55-60(SAT)
SANE 2018-01-26
16:05
長崎 長崎県美術館 RCS近傍電磁界の遠方変換 ~ 理論と応用 ~
小林弘一阪工大)・Andrey OsipovDLR)・Chihyuan ChuNTUTSANE2017-108
 [more] SANE2017-108
pp.129-134
SANE 2017-11-24
11:10
海外 マレーシア(ボルネオ島) Beam Scanning of Conformal Array with Arbitrary Shaped Surface
Hirokazu KobayashiTakeru OkaOIT)・Shun-ichi TakaokaMWFSANE2017-83
 [more] SANE2017-83
pp.105-110
SANE 2017-08-25
10:00
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 曲面アレーのビーム走査特性に関する理論解析
岡 武小林弘一阪工大SANE2017-34
任意形状のコンフォーマル曲面アレーによる放射特性について解析的に考察する. 曲面アレーのビーム走査を行うには, 素子座標... [more] SANE2017-34
pp.31-36
SANE 2016-11-24
13:30
海外 国立台北科技大学 Bragg Scattering in Paddy Fields Observed by ALOS and ALOS2
Yoshio YamaguchiYuto OtakeHiroyoshi YamadaNiigata Univ.)・Hirokazu KobayashiOITSANE2016-61
 [more] SANE2016-61
pp.51-55
SANE 2016-11-25
11:20
海外 国立台北科技大学 Beam Scanning and Radiation Pattern for Conformal Array Antenna
Takeru OkaHirokazu KobayashiOITSANE2016-92
任意形状の曲面アレーのビーム走査アルゴリズムについて解析的に議論する.曲面アレーのビームを走査するには,素子座標から等位... [more] SANE2016-92
pp.215-220
SANE 2016-10-21
15:15
大阪 大阪工業大うめきたナレッジセンター 任意形状の曲面アレーによる放射界の検討
岡 武小林弘一阪工大SANE2016-50
本稿では,任意形状の曲面アレーからの放射特性に関して解析的に考察している.放射界はアレーファクタを使い,方向余弦によりビ... [more] SANE2016-50
pp.57-62
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-22
09:55
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) 曲面矩形パッチおよび曲面アレーによる放射界の計算
小林弘一岡 武阪工大EMT2016-34 MW2016-65 OPE2016-46 EST2016-35 MWP2016-36
曲率を有する曲面矩形パッチおよび曲面アレーによる放射特性に関して解析的に議論する. 曲面パッチは平面上に実装された場合に... [more] EMT2016-34 MW2016-65 OPE2016-46 EST2016-35 MWP2016-36
pp.155-160
 44件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会