お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
17:35
ONLINE オンライン開催 熟練した投球における筋肉活動のエフォート依存変調
橋本 翼瀧山 健東京農工大)・三木 豪小林裕央東大)・那須大毅NTT)・井尻哲也桑田真澄東大)・柏野牧夫NTT)・中澤公孝東大NC2020-17
熟練した投球動作において、投手間に共通な動作の特徴と、個々で異なる動作の特徴が共存する。しかしながら、共通な動作の特徴と... [more] NC2020-17
pp.44-49
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
時間反転音声を用いた音声認識のためのデータ拡張 ~ 特徴量系列における反転 ~
芦原孝典田中智大森谷崇史増村 亮篠原雄介柏野牧夫NTTEA2019-110 SIP2019-112 SP2019-59
音声認識システムにおいて,学習データの音響的な網羅性を可能な限り担保し,過学習を防ぐ事を目的としたアプローチの一つに d... [more] EA2019-110 SIP2019-112 SP2019-59
pp.53-58
EA, ASJ-H
(共催)
2019-10-29
14:00
東京 NHK放送技術研究所 [招待講演]スポーツにおける潜在脳機能の解析と調整
柏野牧夫NTTEA2019-49
 [more] EA2019-49
pp.83-86
HIP 2017-12-26
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所 慣性センサを用いたソフトボール打撃特徴の聴覚フィードバックシステムの検討
小林明美那須大毅NTT)・森本洋太MDOOS)・柏野牧夫木村聡貴NTTHIP2017-88
本研究の目的は,野球やソフトボールの練習時に利用できる簡便な打撃動作のセルフモニタリングシステムを作ることである.社会人... [more] HIP2017-88
pp.27-30
HIP 2017-12-26
10:00
宮城 東北大学電気通信研究所 熟練打者の脳情報処理過程を理解するためのバーチャルリアリティシステムの提案
木村聡貴那須大毅小林明美柏野牧夫NTTHIP2017-89
筆者らは、熟練打者の脳情報処理過程を理解する手法として、ヘッドマウントディスプレイを利用した野球・ソフトボール打撃用のバ... [more] HIP2017-89
pp.31-34
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 ペア歩行時の対人印象に影響を与える歩調の引き込みと会話の関係
加藤正晴同志社大/NTT)・小野 士阪大)・廣瀬治人北川智利高野裕治木村聡貴柏野牧夫NTT
誰かと並んで歩いて,いつの間にか二人の歩調が同期してしまうことがある.我々はこの現象は物理学的な引き込み現象と同様であり... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
10:45
沖縄 沖縄産業支援センター ペア歩行時の歩調同期は引き込み現象である
加藤正晴廣瀬治人北川智利高野裕治木村聡貴柏野牧夫NTTHCS2015-27 HIP2015-27
誰かと並んで歩いていると,意識的ではないにもかかわらず,いつの間にか二人の歩調が同期してしまうことがある.この同期は二つ... [more] HCS2015-27 HIP2015-27
pp.177-180
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]タッピング法を用いた顕著性レベルの導出
木谷俊介リャオ シンイ米家 惇柏野牧夫古川茂人NTTSP2014-22
聴覚的顕著性は,注意の引き付けやすさを規定する重要な特性である。しかし,その特性を定量的に測定する手法は確立されていない... [more] SP2014-22
pp.223-226
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]聴覚的に顕著な音の呈示に伴うマイクロサッカードの動的特性の変化
米家 惇リャオ シンイ木谷俊介古川茂人NTT)・柏野牧夫NTT/東工大SP2014-45
聴覚的注意の誘発に伴い,マイクロサッカードとよばれる微小な眼球運動の発生頻度が変化することが知られている.従来の研究の多... [more] SP2014-45
pp.411-414
SP 2012-06-14
14:15
神奈川 NTT厚木研究開発センタ [招待講演]運動理論からみた知覚とコミュニケーション
柏野牧夫NTT/東工大/JSTSP2012-37
 [more] SP2012-37
p.25
SP 2012-06-15
10:30
神奈川 NTT厚木研究開発センタ 音のテンポと呼吸数の組み合わせが自律神経系に与える効果
渡辺 謙東工大)・大石悠貴NTT)・柏野牧夫NTT/東工大/JSTSP2012-41
これまで多くの研究で、音楽が人間の自律神経活動や呼吸に与える影響について調べられてきた。しかし、音楽のどのパラメータがど... [more] SP2012-41
pp.45-49
SP 2012-06-15
16:15
神奈川 NTT厚木研究開発センタ 耳音響放射と時間微細構造処理能力の相関
大塚 翔広田光一東大)・柏野牧夫NTTSP2012-47
複数音が存在する中で対象の音を聞き分ける際に、時間微細構造(TFS)の処理が重要な役割を果たしている可能性が指摘されてい... [more] SP2012-47
pp.75-79
SP 2012-06-15
16:45
神奈川 NTT厚木研究開発センタ 混合音中で複数回出現する新規音の検出に選択的注意は必要か?
益冨恵子東工大/NTT)・Nicolas BarascudTobias OverathUCL)・柏野牧夫NTT/東工大)・Josh H. McDermottNew York Univ.)・Maria ChaitUCLSP2012-48
混合音中で同じ音が繰り返し現れるならば, 聴覚系はその音の時間・周波数パターンを認識し, ひとつの音として検出可能である... [more] SP2012-48
pp.81-84
NC, MBE
(併催)
2009-03-11
15:10
東京 玉川大学 多チャンネル微小電極を有するマイクロダイアリシスプローブの開発
加藤康広NTT)・田中智子JST-ERATO)・柏野牧夫NTT/JST-ERATO)・廣中直行JST-ERATONC2008-110
本研究では、従来実現が困難であった神経活動の電気・化学信号の同部位・同時計測を目指した、多チャンネル微小電極を有するマイ... [more] NC2008-110
pp.43-44
SP
富山 富山県立大 聞こえの変化に気づくときの脳内メカニズム
近藤洋史NTT)・柏野牧夫NTT/NICT/東工大SP2007-29
間断なく繰り返される単語を聞いていると,刺激の物理的な変化がないにもかかわらず聞こえの変化が生じる.この現象は単語変形効... [more] SP2007-29
pp.31-36
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会