お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2021-12-24
15:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]親溶媒性炭素材料を用いた炭素電極の作製と評価
坂口幸一平田綾香林田凪々子森田 翔柴田晴斗林 莉緒菜大竹亜紗美佐賀大OME2021-32
 [more] OME2021-32
pp.25-28
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]聴覚的印象に着目した笑い声検出法
田中聡一郎北陸先端大)・森田翔太福山大)・鵜木祐史北陸先端大EA2020-24 EMM2020-39
本研究では,聴覚的印象に着目し,通常の笑い声だけでなく,愛想笑いなどの特殊な笑い声も検出する手法を提案する.提案法は,特... [more] EA2020-24 EMM2020-39
pp.15-20
OME 2019-12-20
16:20
佐賀 アバンセ(佐賀市:佐賀駅徒歩10分) マイクロ波によるグラファイトの親水化と導電性の評価
森田 翔柴田晴斗松尾大樹坂口幸一佐賀大OME2019-45
過酸化水素水溶液中のグラファイトにマイクロ波を照射することによって、マイクロ波照射酸化グラファイト(MWGO)の合成を行... [more] OME2019-45
pp.41-44
AI 2019-09-14
10:20
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター ドローンを用いた海岸漂着ごみ定量化手法の構築
森田翔平種田哲也加古真一郎鹿児島大AI2019-28
海岸漂着ごみ問題は、現在最も深刻な地球環境問題の一つであるが、漂着ごみを定量的・客観的に精度良く推定する方法は未だ確立さ... [more] AI2019-28
pp.51-54
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-08
13:30
宮城 東北大学 聴覚フィードバック時の気導音と骨導音を考慮した音声合成モデルの検討
森田翔太川本大貴福山大)・鳥谷輝樹北陸先端大EA2019-24
 [more] EA2019-24
pp.7-11
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-07-06
11:05
新潟 トキ交流会館(新潟県佐渡市) 大気圧プラズマ法による親水性炭素材料の合成および電気特性評価
森田 翔松尾大樹白鳥 武・○坂口幸一佐賀大OME2019-16
グラファイトと過酸化水素水の混合液に大気圧プラズマを照射することで、親水化グラファイトを合成することができる。得られた材... [more] OME2019-16
pp.43-46
AI 2018-08-27
15:25
大阪 大阪大学吹田キャンパス 機械学習を用いた海岸漂着ごみ定量化手法の構築
加古真一郎有働冬采森田翔平種田哲也鹿児島大AI2018-22
海岸漂着ごみ問題は、早急に対策が必要な地球環境問題の一つである。これまでも多くの研究者や地方自治体等によって、漂着ごみ定... [more] AI2018-22
pp.51-54
ET 2017-09-09
14:50
広島 広島大学附属福山中・高等学校 IoTシステムを利用したグループ学習の活発度の計測実験
横山大知梅田凌弥山之上 卓森田翔太尾関孝史中道 上福山大ET2017-37
 [more] ET2017-37
pp.35-40
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと インタラクティブコンテンツ利用モデルによる口頭説明場面の抽出
浜 信彦天早健太杉原慶哉中道 上福山大)・渡辺恵太DNP情報システム)・森田翔太福山大
インタラクティブコンテンツ利用時には説明者による口頭説明が必要な場面がある.口頭説明の代わりとなる適切な説明画面によって... [more]
EA 2014-12-12
15:40
石川 金沢大学サテライトプラザ [ポスター講演]帯域分割型音声区間検出法の最適設計に基づく信号対雑音比推定法の検討
森田翔太北陸先端大)・ルー シュガンNICT)・鵜木祐史北陸先端大EA2014-46
信号対雑音比(SNR)の推定法は,雑音除去や音声伝送指標(STI)に基づく音声明瞭度予測において重要な技術である.SNR... [more] EA2014-46
pp.37-42
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]変調伝達関数に基づく雑音残響に頑健な音声区間検出法 ~ 帯域分割型SNR推定法の利用 ~
森田翔太鵜木祐史北陸先端大)・ルー シュガンNICT)・赤木正人北陸先端大SP2014-41
これまでに提案されている音声区間検出(VAD)法は,静音環境や加法性雑音環境を想定していた.そのため,雑音残響環境におけ... [more] SP2014-41
pp.383-388
EA 2013-12-13
13:00
石川 金沢大学サテライトプラザ 背景雑音を考慮した音声伝送指標のブラインド推定法の検討
宮崎晃和森田翔太鵜木祐史北陸先端大EA2013-88
 [more] EA2013-88
pp.1-6
SP, EA, SIP
(共催)
2013-05-17
15:20
岡山 岡山大学 経験的モード分解と変調スペクトルを用いた音声区間検出と雑音除去の同時処理
金井康昭森田翔太鵜木祐史北陸先端大EA2013-25 SIP2013-25 SP2013-25
 [more] EA2013-25 SIP2013-25 SP2013-25
pp.145-150
EA, EMM
(共催)
2012-11-16
11:45
大分 大分大学 MTFに基づいたパワーエンベロープ回復処理における統合的な雑音残響除去
鵜木祐史森田翔太北陸先端大)・Lu XugangNICTEA2012-86 EMM2012-68
現在の多くの音声回復法は,背景雑音や残響を抑圧するために提案されている.これらの方法では,背景雑音の影響を加法性として,... [more] EA2012-86 EMM2012-68
pp.29-34
EA, SP, SIP
(共催)
2012-05-24
11:10
大阪 大阪大学中之島センター 変調伝達関数に基づいたパワーエンベロープ回復処理における音声区間検出の検討
鵜木祐史北陸先端大)・ル シュガンNICT)・ペトリック リコドレスデン工科大)・森田翔太赤木正人北陸先端大)・ホフマン ルディガードレスデン工科大EA2012-2 SIP2012-2 SP2012-2
本論文では,残響環境における,代表的な音声区間検出(VAD)法の頑健性について検討した.ここでは,信号パワーに関する閾値... [more] EA2012-2 SIP2012-2 SP2012-2
pp.7-12
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-12
13:00
大阪 立命館大学 雑音残響環境下での変調伝達関数に基づくパワーエンベロープ回復処理と音声認識への応用
森田翔太北陸先端大)・ルー シュガンNICT)・鵜木祐史赤木正人北陸先端大)・ホフマン ルディガードレスデン工科大EA2011-7 SIP2011-7 SP2011-7
著者らは,これまでに,雑音残響音声から変調伝達関数(MTF)に基づくパワーエンベロープ回復法を提案してきた.提案法は,室... [more] EA2011-7 SIP2011-7 SP2011-7
pp.37-42
EA 2010-10-22
13:50
石川 金沢市近江町交流プラザ 雑音残響環境下におけるMTFに基づくパワーエンベロープ回復処理の検討
森田翔太山崎 悠鵜木祐史赤木正人北陸先端大EA2010-78
著者らは,これまでに,雑音残響環境下で観測した音声(雑音残響音声)から,
その音声のパワーエンベロープをブラインド回復... [more]
EA2010-78
pp.121-126
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会