お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
15:35
香川 サンポートホール高松 ヘテロジーニアスネットワークにおける実数値遺伝的アルゴリズムを用いたトラヒック分散方式
関井孝弘生越重章香川大IT2017-100 SIP2017-108 RCS2017-314
近年のトラヒックの急増に対し,ヘテロジーニアスネットワーク(Heterogeneous networks, HetNet... [more] IT2017-100 SIP2017-108 RCS2017-314
pp.261-266
NS 2015-10-15
15:00
秋田 秋田大学 [ポスター講演]無線メッシュネットワークにおけるトラヒック分散を利用したスケジューリング手法
吉野ゆり子橋本匡史若宮直紀阪大NS2015-98
無線メッシュネットワーク(WMN) は,端末間が無線で接続されており設置が容易であるといった理由から,一時的な通信インフ... [more] NS2015-98
pp.61-66
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-23
14:15
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) Routing with Traffic Splitting based on Erasure Correcting Code for Instantaneous Recovery
Abu Hena Al MuktadirEiji OkiUniv. of Electro-Comm.PN2013-57 OPE2013-171 LQE2013-157 EST2013-106 MWP2013-77
本論文は,無瞬断回復のための消失訂正符号によるトラヒック分散ルーチングを提案する。 [more] PN2013-57 OPE2013-171 LQE2013-157 EST2013-106 MWP2013-77
pp.123-128
ITS, WBS
(併催)
2013-12-03
13:00
東京 東京理科大学 [ポスター講演]車車間・路車間共用通信制御におけるトラヒック分散手法に関する一検討
丹羽勇太羽多野裕之藤井雅弘渡辺 裕宇都宮大ITS2013-17
2012年2月に車車間通信と路車間通信の標準規格としてARIB STD-T109が策定され,700MHz帯のITS利用が... [more] ITS2013-17
pp.1-6
ITE-CE, ITE-BCT
(共催)
CQ, MoNA
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2011-09-09
13:30
熊本 熊本県立大学 モバイルユーザのための「寄り道」経路制御のモデル化
筧 武志新熊亮一京大)・村瀬 勉本吉 彦NEC)・矢守恭子朝日大)・高橋達郎京大MoMuC2011-26
スマートフォンやシンクライアントのトラヒックを収容するためには,無線LANスポットといった分散的な無線資源も有効に活用す... [more] MoMuC2011-26
pp.55-60
IA 2005-07-29
15:30
東京 浅草ビューホテル(東京) トラヒック特性に基づく複数パスへのトラヒック振り分け方法の検討
北辻佳憲NICT)・勝野 聡KDDI研)・鶴 正人九工大)・滝根哲哉阪大)・尾家祐二九工大
トラヒックエンジニアリングにおいて、エッジルータ間の複数の通信経路(パス)を用いてトラヒックを分散させる場合、単に利用効... [more] IA2005-10
pp.19-24
NS, RCS
(併催)
2005-07-22
17:00
岡山 岡山大学(津島キャンパス) マルチホップ WDM ネットワークにおけるトラヒック分散のための静的トポロジ構成法の改善
木谷友哉阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大
本稿では,マルチホップ WDM (波長分割多重) ネットワークにおいて,各光パスに流れるトラヒックの分散を考慮した階層型... [more] NS2005-76
pp.61-64
IN 2004-07-15
17:30
北海道 はこだて未来大学 [招待講演]トラヒック分散による性能改善効果について
石崎文雄南山大
本稿では、パケット交換網においてトラヒック分散を使用することにより
得られる性能改善の効果を解析的な手法とシミュレーシ... [more]
IN2004-35
pp.49-54
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会