お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, IEE-SPC
(連催)
2020-07-09
11:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 3次元モジュールFPMを用いた太陽光発電の特性
谷内利明望月祐希東京理科大EE2020-6
地球温暖化の抑制を見据えて太陽光発電の大量導入が計画されている.大量導入に当たっては,広範な面積を必要とする太陽光発電で... [more] EE2020-6
pp.7-12
EE, IEE-HCA
(連催)
2012-05-25
13:00
東京 機械振興会館 フィボナッチ数列構成による三次元太陽光発電モジュールの特性
鈴本聖治李 多揚谷内利明東京理科大EE2012-1
近年、人口の増加に伴いエネルギー需要が増加している。このような状況において化石燃料から再生可能エネルギーへの移行が期待さ... [more] EE2012-1
pp.23-28
COMP 2011-03-09
13:00
東京 中央大学 新k shortest simple pathアルゴリズムによる平均時間計算量削減
松浦 洋NTTCOMP2010-49
著者は方向性グラフ上でのk shortest simple path生成を最悪時間計算量O(km(log n + log... [more] COMP2010-49
pp.17-24
IN 2010-12-17
10:25
広島 広島市立大学 計算量最小化を実現するk shortest simple pathアルゴリズム提案
松浦 洋NTTIN2010-107
k shortest pathアルゴリズムはネットワーク上での代替経路生成、複数経路を利用することによる負荷分散等への適... [more] IN2010-107
pp.57-62
COMP 2007-04-26
15:50
京都 京都大学(桂キャンパス) 無限n-ボナッチ文字列の繰り返し構造について
佐々木崇人大崎嗣豊石野 明篠原 歩東北大COMP2007-8
隣接2項の漸化式で表されるフィボナッチ文字列を一般化し,隣接$n$項の漸化式で$n$-ボナッチ文字列を定義する.本研究で... [more] COMP2007-8
pp.55-61
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会