お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE, SWIM
(共催)
2022-05-21
15:25
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
様々な分野へ適用可能なIoTプロトタイプ構築法の提案と評価
秋山康智アイテック)・石原正仁こども教育宝仙大)・大江信宏サイバー大)・井上雅裕慶大)・小泉寿男M2M研究会KBSE2022-10 SWIM2022-10
現在,IoTシステムが社会システムの基盤となっており,様々な分野において,IoT応用アイディアを創出することが求められて... [more] KBSE2022-10 SWIM2022-10
pp.59-64
SWIM, SC
(共催)
2021-08-27
15:30
ONLINE オンライン開催 (FIT2021との併催) プロトタイプ構築法を基にした分野別応用アイディア創出のIoT教育法の提案と実践評価
秋山康智アイテック阪急阪神)・石原正仁こども教育宝仙大)・大江信宏サイバー大)・井上雅裕慶大)・小泉寿男M2M研究会SWIM2021-24 SC2021-22
本研究の目的は, IoTシステムが社会システムの基盤となっている現状を鑑み,様々な分野において,IoT応用アイディアを創... [more] SWIM2021-24 SC2021-22
pp.69-74
SWIM 2020-02-21
16:50
東京 機械振興会館 UXデザインにおけるペルソナ手法を用いたAIニーズ創出法の提案と実習評価
藤田喜広三菱電機インフォメーションシステムズ)・堂坂 辰メルコテクノ横浜)・秋山康智アイテック阪急阪神)・荻野 正明星大)・井上雅裕芝浦工大)・小泉寿男M2M・IoT研究会SWIM2019-32
 [more] SWIM2019-32
pp.47-54
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-25
11:25
東京 機械振興会館 AIへの新規参加者に対するAI教育法の開発 ~ 非IT技術者および営業担当者へのAI教育はどうあるべきか ~
小泉寿男M2M研究会)・大江信宏東海大)・秋山康智アイテック阪急阪神)・虎渡昌史農研機構)・澤本 潤岩手県立大)・清尾克彦サイバー大)・辻 秀一M2M・IoT研究会)・荻野 正明星大)・井上雅裕中島 毅芝浦工大KBSE2019-10 SWIM2019-10
AIは殆ど全ての分野に適用されつつある.多くのAIシステムが構築され,実用化されるためには,IT系以外の技術者も構築に参... [more] KBSE2019-10 SWIM2019-10
pp.65-72
EMD, R
(共催)
2019-02-15
14:30
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 同一周波数の強電界環境下における中波送信アンテナインピーダンス測定に関する一手法 ~ システムの信頼性向上に向けて ~
有田 渉清水一馬野崎和彦内海俊人NHK)・白窪大司矢野史也NHKアイテック)・金森香子山添雅彦NHKR2018-55 EMD2018-56
中波送信システムの信頼性を確保するためには、送信アンテナを含めた保全が重要である。
しかし、保全にあたり、同一周波数... [more]
R2018-55 EMD2018-56
pp.19-24
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2017-11-23
17:40
大阪 関西大学 梅田キャンパス ダイバー間のハンズフリーな会話を目指した可視光通信システムの検討 ~ 自動光対向機能を備えた光トランシーバ―モジュールの試作 ~
小村優稀前田幹夫工学院大)・中島広一郎NHKアイテック)・小出翔也山小電機製作所)・佐藤昌輝首都高電気メンテナンス
(事前公開アブストラクト) 可視光LEDを用いてハンズフリーなダイバー間の会話を可能とするシステムを提案する。これまでに... [more]
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2015-12-03
11:35
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 PSM変調を用いた直交合成方式中波AM送信機の開発
森山 健NHK)・酒井 渉NHKアイテック)・金古亮平窪田和人山添雅彦NHK
 [more]
R 2014-10-17
15:55
鹿児島 第一工業大学 大電力ラジオ放送所の設計検討における信頼性管理とフィールドデータ分析
川路真也NHK)・木村博行酒井 渉NHKアイテック)・山添雅彦NHKR2014-59
大電力ラジオ放送所は、聴取エリアが広いため設備障害が発生した場合、聴取者へ与える影響が極めて大きい。そこで、システムの設... [more] R2014-59
pp.25-30
MoNA, CQ
(併催)
2012-09-28
10:00
香川 丸亀町レッツホール(高松市) リンク情報を用いた無線LAN映像伝送のためのレート制御手法の検討
黒住正顕小田周平青木勝典NHK)・安食和晃NHKアイテックCQ2012-50
 [more] CQ2012-50
pp.47-51
SWIM 2012-08-21
16:20
東京 東京工芸大学(中野キャンパス) オープンソースソフトウェア環境を基盤としたM2Mデータ分析サービスシステムの開発
北上眞二三菱電機)・山本森樹アイテック)・小泉寿男東京電機大)・菅沼拓夫東北大SWIM2012-13
M2M(Machine-to-Machine)サービスシステムにおけるデータ分析は,大量データ,リアルタイム性,および深... [more] SWIM2012-13
pp.33-38
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-09
16:10
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 遅延プロファイル測定において遅延時間がサンプリング間隔の非整数倍時に生じる誤差の検討と対策
春名達明生岩量久藤坂尚登神尾武司広島市大)・来山和彦NHKアイテックCAS2011-148 SIP2011-168 CS2011-140
地上ディジタル放送の遅延プロファイル測定において遅延波の遅延時間がサンプリング間隔の非整数時の場合には,逆離散フーリエ変... [more] CAS2011-148 SIP2011-168 CS2011-140
pp.231-234
AP, ITE-BCT
(連催)
2012-02-09
11:00
広島 NHK広島 地上ディジタル放送において直接波妨害成分が遅延プロファイル測定に与える影響と対策
春名達明生岩量久広島市大)・来山和彦NHKアイテック大阪支社)・藤坂尚登神尾武司広島市大
 [more]
CPM 2011-10-26
15:20
福井 福井大学 産学官連携本部研修室 MOCVD法によるInGaN膜を被覆した高耐食性固体高分子形燃料電池用ステンレス鋼板製セパレータ
嶋橋政徳アイテック)・松井和也福井大)・岡田晃治アイテック)・杉田憲一福井大)・佐々木 肇アイテック)・山本アキ勇福井大CPM2011-114
固体高分子形燃料電池用金属セパレータとして、InGaN膜を被覆したステンレス鋼(SUS)板の適用を初めて検討した。MOC... [more] CPM2011-114
pp.27-30
RCS 2009-10-16
11:10
京都 ATR 地上デジタル放送における長距離遅延波等化方式の検討
来山和彦NHKアイテック)・生岩量久広島市大)・川那義則NHK)・森井 豊元NHKエンジニアリングサービスRCS2009-124
地上デジタルテレビ放送のSFN(Single Frequency Network)環境下において,長い遅延時間をもち,か... [more] RCS2009-124
pp.83-88
RCS, SAT
(併催)
2008-12-18
16:00
東京 機械振興会館 高度衛星デジタル放送のARIB実証実験
橋本明記NHK)・井上康夫WOWOW)・松本英之ソニー)・方田 勲日立)・上田和也パナソニック)・市川鋼一営電)・佐藤 彰NHKアイテック)・柴田 豊TBS)・石原友和テレビ朝日)・太田陽介フジテレビ)・野崎秀人テレビ東京)・北之園 展スカパーJSAT)・斉藤知弘放送衛星システム)・筋誡 久小島政明NHKSAT2008-53
 [more] SAT2008-53
pp.1-6
MW 2008-08-29
10:45
大阪 大阪大学(豊中) CNRに対するビット誤り率特性を表す高精度な式の導出と評価
来山和彦NHKアイテック)・生岩量久広島市大)・巽 行雄NHKアイテックMW2008-93
地上ディジタル放送で固定受信用として用いられている64QAM(Quardrature Amplitude Modulat... [more] MW2008-93
pp.81-86
RCS, NS
(併催)
2008-07-18
15:30
京都 京都大学 SFN環境下において遅延波の極性判定が可能な長距離遅延プロファイル測定装置の開発
来山和彦NHKアイテック)・生岩量久広島市大)・川那義則NHK)・後藤剛秀アンリツ)・森井 豊NHKエンジニアリングサービスRCS2008-48
新たに考案した伝達関数法と従来の電力スペクトル法を組み合わせることにより,遅延時間1ms以上の遅延波の極性判定(特定) ... [more] RCS2008-48
pp.97-102
R 2008-07-11
15:45
北海道 とかちプラザ(帯広) ラジオ送信設備の信頼性設計に向けたシステム評価
山添雅彦・○三須孝一西森博行NHK)・藤本佑也NHKアイテックR2008-26
 [more] R2008-26
pp.35-40
EMD, R
(共催)
2008-02-15
11:05
京都 オムロン京都センタービル啓真館 無給電光伝送装置の信頼性設計と応用
鳥羽良和精工技研)・若井一顕NHKアイテックR2007-60 EMD2007-115
無給電光伝送置は送信所と受信所を分離することで生じる,雷サージによる送受信間の干渉等による機器の障害を回避することができ... [more] R2007-60 EMD2007-115
pp.7-12
IE, IPSJ-AVM, CS, ITE-BCT
(共催)
2007-12-14
11:15
愛知 名古屋大学 地上ディジタル放送波の安定な海上移動受信のための実験と検討
生岩量久広島市大)・近藤寿志中国放送)・岩木昌三小谷 孝上田大一朗NHKアイテックCS2007-45 IE2007-128
広島―松山間を航行中の船舶を利用して,海上で安定に電波を受信する手法及び船内での再送信技術を確立するための調査を行った結... [more] CS2007-45 IE2007-128
pp.95-100
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会