お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2018-08-07
16:00
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 M棟M151 [招待講演]電池駆動されるIoTデバイス向け電源監視技術
川崎健一長田潤一中本裕之富士通研SDM2018-34 ICD2018-21
電池駆動される大量のIoT デバイスを接続し、システムやサービスを安定かつ継続的に運用するためには、各々のIoT デバイ... [more] SDM2018-34 ICD2018-21
pp.47-52
SDM, ICD
(共催)
2015-08-25
13:10
熊本 熊本市 [招待講演]45.5% Energy Reduction by applying DVFS and Multi-Level-Shift Architecture for Low-Power SoCs
田辺 聡村松 篤川崎健一毛利真寿石原輝雄富士通研SDM2015-69 ICD2015-38
 [more] SDM2015-69 ICD2015-38
pp.63-68
CAS 2012-01-19
16:15
福岡 九州大学 [招待講演]低消費電力LSIのための電源電圧制御技術
川崎健一岡野 廣藤澤久典井上淳樹富士通研CAS2011-99
LSI を低消費電力化するためには、状況に応じてLSI に印加する電源電圧を遮断するか、あるいは電源電圧を下げるように制... [more] CAS2011-99
pp.77-81
CAS 2010-01-28
15:25
京都 京大会館 パワーゲーティング技術を搭載したシステムLSIの電源ノイズ抑制
川崎健一中山耕一田辺 聡藤澤久典富士通研CAS2009-69
低消費電力SoC向けに面積オーバーヘッドが小さいパワーゲーティング手法を開発した。
本手法の特徴は、回路への電源供給に... [more]
CAS2009-69
pp.31-36
AP, SAT
(併催)
2009-07-10
10:55
北海道 小樽市民会館 Ku帯固定衛星業務でのサテライトダイバーシティ方式装置実測特性と時間遅延ダイバーシティー(TDD)方式への発展
初田 健初田技術士事務所)・岩森靖卓アイコム)・佐々木 学対馬義行吉村憲民座光寺孝明河崎憲一郎スカパーJSAT)・山下隆久黒田昌利今井克之SEIハイブリッド)・前川泰之阪電通大SAT2009-15
デジタルTVの衛星再送信方式で使用される10GHzを越えるKu帯などの周波数帯では、降雨による信号減衰、アンテナ着雪によ... [more] SAT2009-15
pp.45-50
AP, SAT
(併催)
2008-07-25
10:55
北海道 北海道大学 Ku帯固定衛星業務でのサテライトダイバーシティ/時間遅延ダイバーシティ(Sat. D/TDD)方式の長期特性処理結果
岩森靖卓北海道工大)・初田 健初田技術士事務所)・佐々木 学対馬義行吉村憲民JSAT)・河崎憲一郎座光寺孝明スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)・山下隆久黒田昌利今井克之SEIハイブリッド)・前川泰之阪電通大SAT2008-14
 [more] SAT2008-14
pp.43-48
AP, SAT
(併催)
2008-07-25
11:20
北海道 北海道大学 無着雪カバー付Lune-Qアンテナを使用した地上デジタル放送衛星再送信方式の回線稼動率特性の新しい評価結果
初田 健初田技術士事務所)・岩森靖卓北海道工大)・佐々木 学対馬義行吉村憲民JSAT)・河崎憲一郎座光寺孝明スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)・山下隆久黒田昌利今井克之SEIハイブリッド)・前川泰之阪電通大SAT2008-15
地上デジタル放送の衛星再送信を実施する場合、降雪地帯では、受信アンテナへの着雪によるアンテナビームのずれによる受信信号レ... [more] SAT2008-15
pp.49-54
ICD, SDM
(共催)
2008-07-18
09:50
東京 機械振興会館 突入電流バイパス電源配線を用いて1μs以内で電源復帰できるパワーゲーティング技術
中山耕一川崎健一塩田哲義井上淳樹富士通研SDM2008-141 ICD2008-51
低消費電力SoC向けに1μs以内で電源復帰可能なパワーゲーティング技術を開発した。本技術の特徴は、電源復帰時に発生する電... [more] SDM2008-141 ICD2008-51
pp.77-82
SIP, EA
(共催)
2008-05-30
10:50
大阪 関西大学 ボタン押し音評価に関する検討
石光俊介阪本浩二広島市大)・大西 厳広島国際大)・荒井貴行兵庫県立大)・好美敏和藤本裕一川崎健一パイオニアEA2008-20 SIP2008-29
 [more] EA2008-20 SIP2008-29
pp.13-18
AP, SAT
(併催)
2007-07-20
11:10
北海道 第一滝本館(登別) 無着雪カバー付LuneQアンテナを使用した地上デジタル放送・衛星再送信方式の伝搬特性評価
初田 健岩森靖卓北海道工大)・佐々木 学対馬義行吉村憲民JSAT)・座光寺孝明河崎憲一郎スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)・黒田昌利今井克之SEIハイブリッドSAT2007-18
地上デジタル放送の衛星再送信を実施する場合、降雪地帯では、受信アンテナへの着雪によるアンテナビームのずれによる受信信号レ... [more] SAT2007-18
pp.31-36
AP, SAT
(併催)
2007-07-20
11:30
北海道 第一滝本館(登別) Ku帯固定衛星業務でのサテライトダイバーシティー方式と時間遅延ダイバーシティ方式の特性比較
岩森靖卓初田 健北海道工大)・佐々木 学対馬義行吉村憲民JSAT)・座光寺孝明河崎憲一郎スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)・黒田昌利今井克之SEIハイブリッド)・前川泰行阪電通大SAT2007-19
2003年より地上デジタル放送が開始され、2011年までにすべてデジタルTV化される予定である。地上デジタル放送を離島、... [more] SAT2007-19
pp.37-40
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
15:00
神奈川 YRP IEEE802.15.3c ミリ波WPANに関する研究開発と標準化活動 ~ (1)総論 ~
加藤修三荘司洋三原田博司NICT)・安藤 真東工大)・池田秀人OKI)・大石泰之富士通)・川崎研一ソニー)・高橋和晃松下電器)・豊田一彦NTT)・中瀬博之東北大)・丸橋建一NECRCS2006-278
本予稿は現在IEEE802.15.3cで標準化が進んでいるミリ波通信システム(WPAN, 最低2Gbps及びオプションと... [more] RCS2006-278
pp.175-178
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
15:20
神奈川 YRP IEEE802.15.3c ミリ波WPANに関する研究開発と標準化活動 ~ (2)ターゲットアプリケーションとユーセージモデル ~
荘司洋三Chang-Soon Choi加藤修三NICT)・豊田一彦NTT)・川崎研一ソニー)・大石泰之富士通)・高橋和晃松下電器)・中瀬博之東北大RCS2006-279
IEEE802.15.3c (TG3c)では,免許不要60GHz帯を用いてWPANを実現するための標準策定活動が行われて... [more] RCS2006-279
pp.179-182
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
16:00
神奈川 YRP IEEE802.15.3c ミリ波WPANに関する研究開発と標準化活動 ~ (4) 物理層構成および評価法 ~
原田博司船田龍平雷 鳴Chang-Soon Choi西口嘉紀荘司洋三加藤修三NICT)・武田政宗マスプロ電工)・豊田一彦NTT)・高橋和晃松下電器)・川崎研一ソニー)・北沢祥一ATR)・中瀬博之東北大RCS2006-281
 [more] RCS2006-281
pp.187-190
ICD 2005-05-26
10:30
兵庫 神戸大学 CMOS 90nm製造プロセスにおける組み込み型シングルチップマルチプロセッサの実現
川崎健一塩田哲義川辺幸仁柴本 亘佐藤厚志橋本鉄太郎松村宗明岡野 廣早川文彦多湖真一郎中村泰基富士通研)・三宅英雄富士通LSIテクノロジ)・須賀敦浩高橋宏政井上淳樹富士通研
最高演算性能が 51.2GOPS、1GB/sのデータ転送を行えるシングルチップマルチプロセッサの製造に成功した。製品実測... [more] ICD2005-21
pp.7-12
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会