お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-28
16:55
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オントロジーへの短寿命知識の実装と活用
竹田重典中谷多哉子放送大SS2022-5 KBSE2022-15
頻繁に更新される知識をインスタンスモデルのオントロジーに実装すると,知識が更新されるたびにオントロジーを更新する必要があ... [more] SS2022-5 KBSE2022-15
pp.25-30
KBSE 2022-03-09
12:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 概念モデルからユースケースを抽出するためのTraverser拡張
中谷多哉子放送大)・佐藤雄朗なのはなシステム)・紫合 治東京電機大KBSE2021-41
ソフトウェアシステムが我々の日常生活に欠かせないものとなっている.
したがって,要求工学においても,UX(User e... [more]
KBSE2021-41
pp.1-6
KBSE 2022-03-09
16:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) プログラムの画像を用いた深層学習によるコードレビュー支援と有効性の検証
小川一彦中谷多哉子放送大KBSE2021-49
システム開発で,プログラムの品質を高める方法の一つにコードレビューがある.
コードレビューですべての不具合を指摘するこ... [more]
KBSE2021-49
pp.48-53
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-08
14:50
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 深層学習によるプログラムの不具合を画像分析した結果をコードレビューに用いるための研究
小川一彦中谷多哉子放送大SS2021-6 KBSE2021-18
我々は,プログラムの不具合の箇所を予測するため,不具合を起こしたソースコードを画像化し,深層学習による学習を行い,プログ... [more] SS2021-6 KBSE2021-18
pp.31-36
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-09
11:50
ONLINE オンライン開催 (Zoom) D-OODAループのエンタープライズ・アーキテクチャへの適用
秋元毅彦中谷多哉子放送大SS2021-10 KBSE2021-22
企業の現在と将来のあるべき姿をモデル化する手法にエンタープライズ・アーキテクチャがある.デジタル時代は,目標に向かって事... [more] SS2021-10 KBSE2021-22
pp.52-56
KBSE 2021-03-06
13:40
ONLINE オンライン開催 CNN-BIシステムによる物体検出アルゴリズムを用いたプログラムの不具合発見のための研究
小川一彦中谷多哉子放送大KBSE2020-45
我々は,プログラムの不具合の箇所を予測するため,不具合を起こしたプログラムのソースコードを画像化し,物体検出に適用される... [more] KBSE2020-45
pp.65-70
KBSE 2021-03-06
14:25
ONLINE オンライン開催 ベイズ統計機械学習を用いたオープンソースソフトウェア信頼度評価法の提案
杉山 透中谷多哉子OUJKBSE2020-46
近年,産業界でオープンソースソフトウェア(OSS)を製品ソフトウェアに組み込んで使用することが増 えてきているが,品質,... [more] KBSE2020-46
pp.71-76
KBSE 2021-03-06
15:10
ONLINE オンライン開催 BERTを利用したソフトウェア故障報告の深刻度予測 ~ 大規模基幹システムを対象とした事例研究 ~
山田知熙中谷多哉子放送大KBSE2020-47
本論文の目的は、大規模基幹システムの開発プロセスで出現した故障情報について、BERTを利用した分類モデルにより、深刻度に... [more] KBSE2020-47
pp.77-82
KBSE 2020-09-19
10:45
ONLINE オンライン開催 宅配便メールに着目したスミッシングの分析
藤井辰雄中谷多哉子放送大KBSE2020-8
スミッシングと呼ばれるSMSを利用したフィッシング詐欺が報告されている.宅配便を騙るSMSは,2年以上も同様な文言で送信... [more] KBSE2020-8
pp.43-48
KBSE 2020-03-06
14:00
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
新規事業におけるシステム開発履歴の分析
佐藤雄朗中谷多哉子放送大KBSE2019-48
新規事業を立ち上げる場合,システムで取り扱う業務内容や,システム化の対象範囲,システムの運用方針の細部が決め切れていない... [more] KBSE2019-48
pp.13-18
KBSE 2020-03-06
16:30
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
インターネットに投稿されたスミッシングメール画像からの情報分析
藤井辰雄中谷多哉子放送大KBSE2019-51
近年,スミッシングと呼ばれるショートメッセージサービス(SMS)を利用したフィッシング詐欺被害が増加している.電話番号宛... [more] KBSE2019-51
pp.31-36
KBSE 2020-03-07
13:30
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
CNN-BIシステムによるプログラムの不具合発見の精度向上のための研究
小川一彦中谷多哉子放送大KBSE2019-58
ソフトウェアの品質を向上させるため,これまで多くの研究が行われてきた.その方法の一つにソースコードの不具合を推論する方法... [more] KBSE2019-58
pp.73-78
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-24
16:00
東京 機械振興会館 新規開拓事業におけるシステム構築履歴の分析
佐藤雄朗中谷多哉子放送大KBSE2019-6 SWIM2019-6
新規開拓事業は,時間が経過するに従って,社会に浸透し,あたりまえになっていく.
しかし,新規開拓事業を立ち上げるときに... [more]
KBSE2019-6 SWIM2019-6
pp.37-42
KBSE 2019-03-02
10:45
京都 同志社大学寒梅館 情報セキュリティ教育ゲームの学習効果の検証
廣瀬 司中谷多哉子放送大KBSE2018-65
近年,情報セキュリティ事件・事故は人に起因するものが多く発生している.したがって情報セキュリティ教育は大変重要である.情... [more] KBSE2018-65
pp.69-73
KBSE 2019-03-02
12:00
京都 同志社大学寒梅館 会議での意見収集を補完するMinute Paper ~ その事例報告と考察201903 ~
岡本克也中谷多哉子放送大KBSE2018-67
我々はMinute Paperに適切な質問を設定することにより,会議中に参加者が想起したものの発言の機会を得られなかった... [more] KBSE2018-67
pp.81-86
KBSE 2018-03-02
10:00
沖縄 石垣市民会館 中ホール ゲームを用いた情報セキュリティ教育コンテンツの開発
廣瀬 司中谷多哉子放送大KBSE2017-54
本研究は情報セキュリティ教育において,学習者の身近な情報セキュリティ事象を発話によって収集し,後に教育カードゲームのコン... [more] KBSE2017-54
pp.91-95
KBSE 2018-03-02
16:30
沖縄 石垣市民会館 中ホール 保守技術者によるヒヤリハット報告の分析と考察
水澤信彦富士通エフサス)・中谷多哉子放送大KBSE2017-63
本研究の目的は、情報システムに携わる保守技術者(ハードウェアの保守技術者)のヒヤリハットを削減することである。ハインリッ... [more] KBSE2017-63
pp.145-150
KBSE 2017-11-11
09:30
静岡 熱海第一ビル5階C会議室 面接法による心理的阻害要因の構造分析 ~ 開発プロジェクトにおけるリスク対応の向上のために ~
原 秀樹辰巳丈夫中谷多哉子放送大KBSE2017-28
 [more] KBSE2017-28
pp.13-18
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
14:35
北海道 函館コミュニティプラザ IoT活用システムへのゴール指向要求分析の適用に関する考察
岡野道太郎筑波大)・中谷多哉子放送大SS2017-8 KBSE2017-8
多数のセンサーデバイスからのデータを収集し,予測・制御を行うIoT(Internet of Things)技術を活用した... [more] SS2017-8 KBSE2017-8
pp.43-48
KBSE 2017-03-03
14:30
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 漸進型要求獲得プロセスの管理ツールの開発
中谷多哉子放送大)・岡野道太郎筑波大KBSE2016-42
これまで,漸進型要求獲得プロセスについて事例調査を行ってきた.
本稿では要求獲得プロセスを管理するためのツールRCTを... [more]
KBSE2016-42
pp.19-24
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会