お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, SeMI
(併催)
2023-01-19
14:10
徳島 鳴門グランドホテル海月
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Split Computingに向けた無線LANと機械学習モデルの同時最適化
依田光仁西尾理志東工大)・依田大輝鍋谷寿久東芝SeMI2022-77
SC (Split computing)はML (Machine learning)モデルによる推論をリソースに制約のあ... [more] SeMI2022-77
pp.28-29
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
10:30
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]強化学習を用いた低遅延無線LANリソース制御方式の火力発電所環境下における検証
依田大輝鍋谷寿久東芝
産業向けM2M(Machine to Machine)分野では無線技術適用の期待が高まっており、特に制御通信用途において... [more]
SeMI 2022-01-20
15:10
長野 野沢温泉スパリーナ コンベンションホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]強化学習によるSplit inferenceにおける機械学習モデルと無線LANパラメータの同時制御
依田光仁東工大)・板原壮平京大)・西尾理志東工大)・依田大輝鍋谷寿久東芝SeMI2021-66
DI (Distributed Inference)は,DNN (Deep Neural Network) など機械学習... [more] SeMI2021-66
pp.51-54
SRW 2020-01-14
13:50
神奈川 東芝(川崎) [招待講演]5Gバックホール向けEバンド偏波MIMO-OFDM伝送装置を用いた長距離伝送試験
内田大輔河口民雄依田大輝佐野 誠秋田耕司東芝)・Magnus SandellEvgeny TsimbaloSeifallah Jardak瀬戸一郎東芝欧州研SRW2019-55
近年,第5 世代移動通信システム(5G) に関して検討が盛んに行われている.5G では各種サイズのセルが混在し,新たな基... [more] SRW2019-55
p.21
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
14:30
愛知 名古屋大学 [依頼講演]5Gバックホール向け偏波MIMO-OFDM伝送装置を用いた長距離伝送試験
内田大輔河口民雄依田大輝佐野 誠秋田耕司東芝)・Magnus SandellEvgeny TsimbaloSeifallah Jardak瀬戸一郎東芝欧州研SAT2019-27 RCS2019-156
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,... [more] SAT2019-27 RCS2019-156
pp.53-58
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
10:55
岩手 岩手大学 5Gバックホール向け伝搬路変動推定を用いた適応変調方式の一検討
依田大輝内田大輔秋田耕司旦代智哉東芝RCS2018-132
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.バックホール... [more] RCS2018-132
pp.7-12
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
15:50
福岡 福岡大学 [依頼講演]5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討
内田大輔依田大輝秋田耕司旦代智哉東芝AP2017-131 RCS2017-236
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,... [more] AP2017-131 RCS2017-236
pp.125-130(AP), pp.181-186(RCS)
RCS 2017-10-20
14:50
宮城 東北工業大学 [依頼講演]5Gバックホール向け無線通信の高速化に対する取り組み
秋田耕司依田大輝内田大輔旦代智哉東芝RCS2017-197
今後拡大が見込まれる第5世代移動無線通信システム(5G) では、10Gbpsを超える超高速伝送が実現される見込みである。... [more] RCS2017-197
pp.161-165
RCS, SIP
(共催)
2014-01-24
15:15
福岡 九州大学 非線形チャネルにおけるマルチレベル符号化APSKに関する検討
依田大輝落合秀樹横浜国大SIP2013-125 RCS2013-295
衛星通信をはじめとする,高い送信電力が必要となる無線通信においては,高出力電力増幅器(HPA)の使用が必要不可欠である.... [more] SIP2013-125 RCS2013-295
pp.235-239
SAT, WBS
(併催)
2012-05-24
13:25
岩手 岩手県立大学 LDPC符号を用いたマルチレベル符号化APSK変調方式の設計に関する検討
依田大輝落合秀樹横浜国大WBS2012-2
位相振幅変調 (APSK) は,信号点数が等しい場合にピーク対平均電力比が (矩形) 直交振幅変調 (QAM) よ りも... [more] WBS2012-2
pp.7-11
ITS, WBS
(併催)
2011-12-15
11:10
長崎 長崎県美術館 16値APSKを用いたLDPC符号化変調方式の特性比較
依田大輝落合秀樹横浜国大WBS2011-36
振幅位相変調(APSK)は,信号点が等しい場合にピーク対平均電力比が(矩形)直交振幅変調(QAM)よりもひくいため,電力... [more] WBS2011-36
pp.25-29
RCS 2011-06-24
11:10
沖縄 琉球大学 APSKを用いたLDPC符号化変調方式の特性比較
依田大輝落合秀樹横浜国大RCS2011-60
 [more] RCS2011-60
pp.147-152
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会