お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2022-12-09
15:00
愛知 12/8 名大、12/9 ウインク愛知(会場は、「詳細はこちら」を参照ください) 時間依存密度汎関数法によるカーボンナノチューブのエミッション放出メカニズムの検討
樋口敏春山田洋一佐々木正洋筑波大ED2022-67
 [more] ED2022-67
pp.55-58
ED 2019-11-21
13:25
東京 機械振興会館 時間依存密度汎関数法によるカーボンナノチューブのエミッション電流の計算
樋口敏春山田洋一佐々木正洋筑波大ED2019-60
高輝度電子源材料としてカーボンナノチューブ(CNT)が注目されている. 時間依存密度汎関数法を用いて, ① (5,5)ア... [more] ED2019-60
pp.5-8
ED 2019-11-22
12:05
東京 機械振興会館 Graphene/h-BNの積層構造を用いた平面型電子源
猪狩朋也筑波大/産総研)・長尾昌善産総研)・三石和貴物質・材料研究機構)・佐々木正洋山田洋一筑波大)・村上勝久産総研/筑波大ED2019-75
本研究は,原子層物質であるgraphene及び$h$-BNの積層構造を用いた新規平面型電子放出素子を開発し,その電子放出... [more] ED2019-75
pp.63-66
ED 2018-10-24
16:25
東京 機械振興会館 地下3階1号室 時間依存密度汎関数によるカーボンナノチューブのエミッションパターンの計算
樋口敏春山田洋一佐々木正洋筑波大ED2018-31
時間依存密度汎関数法を用い,カーボンナノチューブ(CNT)のフィールドエミッションパターンを計算した.アームチェア型,ジ... [more] ED2018-31
pp.21-24
ED 2017-10-26
13:30
宮城 東北大学電気通信研究所本館6階大会議室 グラフェンを用いた低真空・低電圧で動作可能な高効率平面型電子放出デバイス
村上勝久産総研)・古家 遼横浜国大)・飯島拓也筑波大)・長尾昌善産総研)・根本善弘竹口雅樹物質・材料研究機構)・鷹尾祥典横浜国大)・山田洋一佐々木正洋筑波大ED2017-36
 [more] ED2017-36
pp.1-4
ED 2017-10-27
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所本館6階大会議室 時間依存密度汎関数法によるカーボン系エミッタのフィールドエミッション電流の計算(第3報)
樋口敏春佐々木正洋山田洋一筑波大ED2017-44
カーボンナノチューブのエミッション電流を時間依存密度汎関数法(TD-DFT)を用いて計算する方法の検討を行っている. フ... [more] ED2017-44
pp.35-38
ED 2016-10-25
15:45
三重 三重大学 新産業創成研究拠点(旧VBL) 時間依存密度汎関数法によるカーボン系エミッタのフィールドエミッション電流の計算(第2報)
樋口敏春佐々木正洋山田洋一筑波大ED2016-48
カーボンナノチューブのエミッション電流を時間依存密度汎関数法(TD-DFT)を用いて計算する方法の検討を行っている. 第... [more] ED2016-48
pp.21-26
ED 2016-10-26
11:25
三重 三重大学 新産業創成研究拠点(旧VBL) 炭素系材料からの電子放出の機構解明の試み ~ アーク炭素膜とC60分子からの電界放出計測を通じて ~
佐々木正洋山田洋一樋口敏春麻薙 健安達 学西山裕二明神拓真筑波大ED2016-55
炭素系材料から、しばしば、その仕事関数、幾何形状で予想されるよりも遥かに低い電界で電子放出が観測されることがあるが、その... [more] ED2016-55
pp.57-62
ED 2015-10-23
09:25
愛知 名城大学名駅サテライト(MSAT) 時間依存密度汎関数法によるカーボン系エミッタのフィールドエミッション電流の計算 (第1報)
樋口敏春佐々木正洋山田洋一筑波大ED2015-62
カーボンナノチューブのエミッション電流を時間依存密度汎関数法(TD-DFT)を用いて計算する方法の検討を行った. Oct... [more] ED2015-62
pp.41-46
ED 2014-10-21
13:30
北海道 北大エンレイソウ カーボン被覆フィールドエミッタの電子放射モデルの検討(第3報)
樋口敏春佐々木正洋堀江翔太山田洋一筑波大)・松本修二福田茂樹高エネルギー加速器研究機構ED2014-62
コーン型シリコンエミッタにカーボンを被覆することにより,エミッション特性は約2桁向上する.我々はエミッション向上機構の解... [more] ED2014-62
pp.1-6
ICM 2014-03-14
10:50
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) OpenFlow環境における仮想ネットワーク毎の疎通・経路確認方式の検討
大塚純一近江貴晴大山誠治長谷川紗弓山田洋一NTTコムウェアICM2013-64
現在,SDNの実現方式の1つとしてOpenFlowが注目されている.OpenFlowを利用したネットワークは,従来のIP... [more] ICM2013-64
pp.75-80
ED 2013-10-22
16:55
北海道 北海道大学エンレイソウ カーボン被覆フィールドエミッタの電子放射モデルの検討(第2報)
樋口敏春佐々木正洋堀江翔太山田洋一筑波大)・松本修二福田茂樹高エネルギー加速器研究機構ED2013-56
 [more] ED2013-56
pp.23-28
ICM 2013-03-15
10:00
鹿児島 屋久島環境文化村センター OpenFlow技術を用いたネットワーク機能動的配置制御方式
蒋 海鷹川原浩一渡邉岳彦山田洋一NTTコムウェアICM2012-66
 [more] ICM2012-66
pp.41-46
ICM, LOIS
(共催)
2013-01-18
14:10
佐賀 佐賀市民会館 [奨励講演]サービスの優先度に対応したフロー制御技術によるネットワーク品質の全体最適化手法
山田 啓近江貴晴川原浩一蒋 海鷹山田洋一NTTコムウェアICM2012-58 LOIS2012-68
近年、SDN(Software Defined Network)が注目を集めている。SDNでは、OpenFlowなどのネ... [more] ICM2012-58 LOIS2012-68
pp.121-126
ED 2012-11-19
14:00
大阪 阪大中之島センター カーボン被覆フィールドエミッタの電子放射モデルの検討 (第1報)
樋口敏春佐々木正洋遠藤俊宏堀江翔太山田洋一筑波大)・松本修二福田茂樹高エネルギー加速器研究機構ED2012-54
コーン型シリコンエミッタにカーボンを被覆することにより,エミッション特性は約2桁向上する.我々はエミッション向上機構の解... [more] ED2012-54
pp.1-6
ICM 2012-03-16
14:20
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ユーザの主観品質に基づく経路選択手法に関する一考察
近江貴晴山崎公義渡邉岳彦蒋 海鷹山田洋一NTTコムウェアICM2011-65
既存のルーティングプロトコル等で用いられている経路探索手法は,ホップ数や遅延などのネットワーク品質をメトリックとし,それ... [more] ICM2011-65
pp.101-106
ICM 2012-03-16
14:40
沖縄 沖縄県男女共同参画センター フロー制御技術を用いたネットワーク品質の全体最適化手法
山崎公義近江貴晴渡邉岳彦蒋 海鷹山田洋一NTTコムウェアICM2011-66
近年注目を集めているSDN(Software Defined Network)では、OpenFlow などのネットワーク... [more] ICM2011-66
pp.107-112
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-10
08:50
青森 弘前大学 SIP信号の統計情報を用いた障害箇所切り分け手法
山崎公義川原浩一近江貴晴山田洋一NTTコムウェアICM2011-20
SIP サーバで構成されるIP 電話網を運用する際には、SNMP 等による装置監視だけでなく、サービスレベルでの監視が求... [more] ICM2011-20
pp.1-6
CS, NS, IN
(併催)
2011-09-02
15:45
宮城 東北大学 メッセージの出力数に着目したノードの異常検知方法の検討
黒川尋論山田洋一瀬林克啓NTTコムウェアIN2011-77
近年のネットワークの大規模化に伴い、ノードがSNMPやSyslog等により出力するメッセージの数や種類が急増した結果、メ... [more] IN2011-77
pp.83-87
ICM 2011-03-10
09:40
沖縄 宮古島マリンターミナル 冗長化構成を含むSIP網のアクティブ監視における効率的なEnd-to-End試験パスの選択手法
山崎公義近江貴晴川原浩一山田洋一NTTコムウェアICM2010-56
冗長化構成を含むSIP網では、多重化された部分でのSIP呼の転送経路が呼毎に異なるため、アクティブ監視によって網全体の正... [more] ICM2010-56
pp.11-16
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会