お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2019-12-19
13:50
広島 サテライトキャンパスひろしま 物理接続構成を動的に変更可能な局舎間ネットワークにおけるトラヒック収容効率の定量的評価
穴澤和也間野 暢井上 武谷口 篤水野晃平NTTIN2019-50
本稿では、遠隔操作によりネットワーク機器の物理的な接続構成を柔軟に変更可能な光回線スイッチを利用し、接続構成に可変性を導... [more] IN2019-50
pp.31-36
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
11:40
宮城 東北大学 電気通信研究所 マルチドメインネットワークでの効率的なネットワーク信頼性評価方法
谷口 篤井上 武水野晃平NTT)・栗本 崇竹房あつ子漆谷重雄NIICS2019-55
近年、遠隔医療や自動運転等といった高信頼なアプリケーションの登場により、アプリケーションを実行するネットワークに対する信... [more] CS2019-55
pp.45-50
ICM 2017-03-09
10:40
沖縄 平良港ターミナルビル(旧宮古島マリンターミナル) [奨励講演]複数データセンタ間を跨るNFVを考慮した構成情報の抽象化に関するデータモデル検討
谷口 篤南 勇貴川幡太一坂井田規夫清水敬司NTTICM2016-56
本稿では,複数拠点間を跨るNFVサービスにおいて,NFVオーケストレータが管理する情報量が膨大になる課題を克服するために... [more] ICM2016-56
pp.19-24
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
14:55
東京 東大 本郷キャンパス IoTに向けた多種多様な無線方式を効率的に収容するための無線アクセス管理システム ~ 無線アクセス仮想化統合管理の提案 ~
山崎敬広清水健司谷口 篤清水敬司NTTMoNA2016-48
IoT時代の多種多様な無線方式による通信インフラを構築するために、無線方式ごとに基地局を設置すると、管理コスト増大、消費... [more] MoNA2016-48
pp.309-314
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2015-05-21
13:30
大分 別府国際コンベンションセンター 複数のデータセンタを跨るNFVを考慮した構成管理情報の配備方法に関する検討
谷口 篤山崎敬広吉田雅裕川幡太一坂井田規夫清水敬司NTTICM2015-1
本稿では,距離の離れた複数のデータセンタ上に生成した仮想NW機能(VNF)を仮想NWで接続して提供するNFVのユースケー... [more] ICM2015-1
pp.77-82
ICM 2011-03-11
16:50
沖縄 宮古島マリンターミナル オーバーギガ級大容量映像配信のためのトラヒック品質変化検知手法の提案と検証
谷口 篤田中宏茂NTTコミュニケーションズ)・清水健司瀬林克啓NTTICM2010-73
オーバギガ級の大容量映像ではマイクロ秒オーダのトラヒックのバースト特性が映像品質に影響を与える.これを解決するためには高... [more] ICM2010-73
pp.109-113
ICM 2010-03-12
16:00
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル オーバーギガ級大容量映像配信の品質監視方法の提案と検証 ~ SNMPの適用可能性について ~
谷口 篤山田慎悟NTTコミュニケーションズ)・清水健司瀬林克啓NTTICM2009-70
オーバーギガ級の大容量映像配信で,安価かつ正確に品質監視を行うために,高精度監視ノードとSNMP等の安価な監視ノードとを... [more] ICM2009-70
pp.145-150
PN, CS, OCS
(併催)
2008-06-12
15:40
北海道 千歳科学技術大学 JGN2テストベットでのASON/GMPLSドメイン間相互接続実験
谷口 篤NTTコミュニケーションズ)・鮫島康則NTT)・岡本修一大谷朋広KDDI研)・築島幸男今宿 亙NTTOCS2008-12
バックボーンネットワークのトラフィックエンジニアリングは効率的に様々なタイプのトラフィックフローを収容するために、それぞ... [more] OCS2008-12
pp.15-20
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会