お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 122件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2024-03-15
14:00
福井 福井大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
海中環状コンクリート柱を利用した電波伝搬の固有モード解析
石井 望葛生直暉新潟大)・高橋応明千葉大)・袁 巧微東北工大)・陳 強東北大)・吉田 弘JAMSTEC
 [more]
AP 2024-03-15
14:25
福井 福井大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
海中環状コンクリート柱を利用した電波伝搬の電磁界分布
袁 巧微大和紀仁東北工大)・石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構
 [more]
AP 2024-03-15
15:00
福井 福井大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
海中環状コンクリート柱を利用した電波伝搬の同軸モード解析
王 嘉璐陳 強東北大)・石井 望新潟大)・袁 巧微東北工大)・高橋応明千葉大
 [more]
AP 2024-03-15
15:25
福井 福井大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
海中環状コンクリート柱を利用した電波伝搬の周波数解析
石川魁人高橋応明千葉大)・石井 望新潟大)・袁 巧微東北工大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP 2023-10-19
10:00
岩手 岩手大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]単一の受信装置を用いた海中位置推定システムの基礎検討
阪谷新之助高橋応明千葉大AP2023-97
水難事故は世界中で発生しており日本では毎年約1400件の水難事故が発生している.海難事故において,海中のダイバーには浮遊... [more] AP2023-97
pp.43-44
AP, MW
(併催)
2022-09-16
11:00
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電波による褥瘡検知における検出範囲の検討
小川日鶴浅野佑介高橋応明千葉大AP2022-86
 [more] AP2022-86
pp.86-89
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
10:50
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
非接触褥瘡検出システムの開発 ~ ウェーブレット変換による大きさ検知 ~
浅野佑介高橋応明千葉大AP2022-56
褥瘡とは,一般的には床ずれとして知られるものであり,皮膚への長時間の圧力や血流の阻害によって引き起こされる皮膚及び皮下組... [more] AP2022-56
pp.125-128
UWT
(第二種研究会)
2022-03-01
13:05
ONLINE オンライン開催 海中アンテナの開発とその極域探査ロボットへの応用
吉田 弘海洋研究開発機構)・野一色崇志日本無線)・高橋応明屋比久 怜千葉大)・菅 良太郎NICT)・米倉達郎只野竣也岩手大
 [more]
AP 2022-02-17
10:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]鉄道環境におけるミリ波の電波伝搬特性
中村一城岩澤永照岩本功貴河村裕介山口大介北野隆康川﨑邦弘鉄道総研)・吉田正太朗JRSEC)・高橋応明千葉大AP2021-161
鉄道においては,走行する列車と地上間の連絡手段として,無線通信システムが利用されている.しかし,現在主に使用されているV... [more] AP2021-161
pp.16-19
AP 2022-02-18
10:25
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]MIMOアンテナ間の各種電磁結合低減手法その2
佐藤 浩小柳芳雄パナソニック)・高橋応明千葉大)・森下 久防衛大AP2021-169
大容量無線通信実現のため,MIMO技術を小型な端末内へ搭載することが一般化している.この場合,アンテナ素子間の距離が近接... [more] AP2021-169
pp.61-66
UWT
(第二種研究会)
2021-06-15
15:35
ONLINE オンライン開催 機械学習による電磁波を用いた海中位置推定システムの基礎検討
阪谷新之助高橋応明千葉大
水難事故は世界中で発生しており,日本では毎年1300件の水難事故が発生している.海難事故において,救助を行う際はダイバー... [more]
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
09:25
ONLINE オンライン開催 塩水中のアンテナの動作についての一考察
吉田 弘海洋研究開発機構)・石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大AP2020-83 RCS2020-122
 [more] AP2020-83 RCS2020-122
pp.56-59(AP), pp.71-74(RCS)
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
09:50
ONLINE オンライン開催 浅海海中位置推定に特化した電界数値積分の高速化について
石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構AP2020-84 RCS2020-123
著者らは電磁界を利用した浅海海中位置推定について検討している.この場合,例えば,送信側の微小ダイポールからの電磁界を評価... [more] AP2020-84 RCS2020-123
pp.60-65(AP), pp.75-80(RCS)
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
10:15
ONLINE オンライン開催 疑似スケールモデル実験系による複数海面位置受信電力プロファイルを利用した海中位置推定法の検証
佐瀬亮太石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構AP2020-85 RCS2020-124
著者らは,kHz帯において動作させる浅海における海中位置推定システムについて検討を行っている.本稿では,海面に複数の受信... [more] AP2020-85 RCS2020-124
pp.66-71(AP), pp.81-86(RCS)
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
09:50
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
[依頼講演]電磁波を用いた海中通信に挑む
高橋応明千葉大RCS2019-375
 [more] RCS2019-375
p.283
AP, WPT
(併催)
2020-01-23
09:30
香川 サンポートホール高松 短絡構造を有する円板装荷型アンテナ
吉田享平渡邊陽菜山中大輔佐々木凜太郎高橋応明千葉大AP2019-150
現在の社会はスマートフォンやタブレット,Wi-Fiなど,多様な無線システムが普及している.そして,それらの機器は携帯性や... [more] AP2019-150
pp.11-14
AP, WPT
(併催)
2020-01-23
13:35
香川 サンポートホール高松 高精細数値人体モデルにおけるカプセル内視鏡の3次元位置推定
佐々木凜太郎高橋応明千葉大WPT2019-52
カプセル内視鏡検査は,従来のチューブ型内視鏡に比べ侵襲性が低く,消化管内を診断できるイメージングツールとして現在最も普及... [more] WPT2019-52
pp.19-22
AP, WPT
(併催)
2020-01-24
13:20
香川 サンポートホール高松 腕部上における小形センサへの無線電力伝送のためのキャビティスロットアンテナの検討
渡邊陽菜高橋応明千葉大AP2019-172 WPT2019-55
高齢化が進む現代,在宅医療や介護のニーズが高まっている.病院内だけでなく在宅や介護において,パルスオキシメータをはじめ,... [more] AP2019-172 WPT2019-55
pp.121-124(AP), pp.33-36(WPT)
AP 2019-12-12
13:40
東京 機械振興会館 浅海域における海中電磁波信号の海面受信に関する考察
石井 望新潟大)・高橋応明加藤涼介千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構AP2019-143
浅海域における水難事故発生時の潜水捜索でのダイバーの位置を推定するため,我々はダイバーに取り付けた発信機から発せられる電... [more] AP2019-143
pp.7-12
WPT
(第二種研究会)
2019-10-31
- 2019-11-02
海外 西安電子科技大学 カプセル内視鏡用アンテナの電力伝送効率の解析
吉田享平高橋応明千葉大
 [more]
 122件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会