お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 276件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, EMM
(共催)
2024-05-30
15:35
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 固定長-固定長情報源符号化における符号語の複雑度についての一考察
有村光晴岩本 貢電通大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2024-05-08
14:35
京都 京都大学(楽友会館 2階会議・講演室) アイテムの種類数に制限を持つ物理的バケットソート
小崎仁美・○長尾篤樹お茶の水女子大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2024-05-09
10:45
京都 京都大学(楽友会館 2階会議・講演室) 内積と多数決関数に対する3段論理回路
天野一幸群馬大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS 2024-04-26
09:30
広島 天然温泉尾道ふれあいの里
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低演算ブロック対角化マルチユーザMassive MIMOにおけるヌル空間拡張の性能比較
佐々木友基東京理科大)・荒井 甲電通大)・丸田一輝東京理科大RCS2024-6
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] RCS2024-6
pp.26-31
COMP 2024-03-14
11:00
東京 電気通信大学 たすくえあのNP完全性の証明について
福永智渉大久保誠也静岡県立大COMP2023-29
本研究では,組合せパズルゲームの一種である,たすくえあの解の存在判定がNP 完全問題であることを証明する.具体的には,N... [more] COMP2023-29
pp.6-13
COMP 2024-03-14
16:00
東京 電気通信大学 Time Analysis of Space Efficient Uniform Partitioning in Population Protocols
Pascal SahnerNAIST/RWTH Aachen)・Ryota EguchiNAIST)・Fukuhito OoshitaFUT)・Michiko InoueNAISTCOMP2023-34
 [more] COMP2023-34
pp.34-41
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
15:05
大阪 大阪大学吹田キャンパス 新しいNP困難なテンソルベースの問題に基づいた公開鍵本人確認方式
横田明卓サントソ バグス電通大IT2023-90 ISEC2023-89 WBS2023-78 RCC2023-72
多変数2次多項式 (Multivariate Quadratic Polynomials (MQ)) に基づいた計算問題... [more] IT2023-90 ISEC2023-89 WBS2023-78 RCC2023-72
pp.94-101
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
16:10
大阪 大阪大学吹田キャンパス 求セクション問題の計算量評価が可能な代数曲面の生成に関する考察
坂田康亮東大)・秋山浩一郎東芝IT2023-98 ISEC2023-97 WBS2023-86 RCC2023-80
不定方程式暗号の安全性の根拠となっている代数曲面上の求セクション問題について、同問題の計算量を理論的に評価可能な代数曲面... [more] IT2023-98 ISEC2023-97 WBS2023-86 RCC2023-80
pp.150-157
QIT
(第二種研究会)
2023-12-17
17:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]線形回帰における量子通信計算量の削減
松下紗也輝名大
Quantum Coordinator Modelとは,複数のパーティーと単一のレフェリーとの間でのみ双方向通信が可能な... [more]
COMP 2023-10-24
14:05
愛知 名古屋大学 VBL Solving Distance-constrained Labeling Problems for Small Diameter Graphs via TSP
Tesshu HanakaKyushu Univ.)・Hirotaka Ono・○Kosuke SugiyamaNagoya Univ.COMP2023-12
 [more] COMP2023-12
pp.9-11
COMP 2023-10-24
16:55
愛知 名古屋大学 VBL テント符号の空間計算量について
岡田真明九大)・来嶋秀治滋賀大COMP2023-15
本論文の動機は,カオス系列を効率的に計算することはできるか,例えば,$beta$展開やテント写像,ロジスティック写像とい... [more] COMP2023-15
pp.21-23
SeMI, RCS, RCC, NS, SR
(併催)
2023-07-13
13:25
大阪 大阪大学中之島センター+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周波数選択性チャネルにおけるMIMO-OFDM信号のチャネルのヌル空間を活用したピークキャンセル信号に基づくPAPR抑圧法
斉藤 純樋口健一東京理科大RCS2023-92
本稿では,筆者らが先に報告した周波数選択性チャネルにおけるMIMO (multiple-input multiple-o... [more] RCS2023-92
pp.64-69
SRW 2023-06-12
14:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]マルチターゲットFMCWレーダの超分解能方位-距離測定の簡易化信号処理
小川賢人慶大(現職:JSOL))・徳増 理三次 仁慶大SRW2023-7
本研究では,FMCWレーダを用いたマルチターゲットの超分解能方位-距離測定の簡易化した信号処理による,検討および実装結果... [more] SRW2023-7
pp.33-38
QIT
(第二種研究会)
2023-05-29
10:10
京都 京都大学 桂キャンパス 擬ランダム量子状態に必要な計算量的仮定
白川雄貴京大
擬ランダム量子状態生成器(PRSGs)とはHaarランダムな状態と計算量的に区別出来ない量子状態を効率的に生成するアルゴ... [more]
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2023-05-11
10:00
北海道 北海道大学 擬ランダム量子状態に必要な計算量的仮定
白川雄貴京大COMP2023-2
擬ランダム量子状態生成器(PRSGs)とはHaarランダムな状態と計算量的に区別出来ない量子状態を効率的に生成するアルゴ... [more] COMP2023-2
pp.2-7
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2023-03-15
10:20
山口 山口大学常盤キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Efficient composition of encoding polynomial in distributed coded computing scheme
Daisuke HibinoTomoharu ShibuyaSophia Univ.IT2022-119 ISEC2022-98 WBS2022-116 RCC2022-116
 [more] IT2022-119 ISEC2022-98 WBS2022-116 RCC2022-116
pp.325-330
SIS 2023-03-03
10:50
千葉 千葉工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
環境音解析システムの開発
野村 海木村誠聡・○眞壁義明神奈川工科大SIS2022-51
音環境は法律に基づく騒音レベル規制で保全されており,騒音苦情件数は平成11年までは減少傾向が続いていたが平成12年以降は... [more] SIS2022-51
pp.58-63
RCS, SR, SRW
(併催)
2023-03-01
13:25
東京 東京工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セルラ分散MU-MIMOシステムにおける干渉制御 ~ セル内干渉制御 ~
高橋 領松尾英範安達文幸東北大RCS2022-256
セルラ分散マルチユーザMIMO(MU-MIMO)システムは,広域通信サービスエリア内に超高密度に配置した分散アンテナの位... [more] RCS2022-256
pp.54-59
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI
(連催) [詳細]
2023-02-22
15:35
富山 大学コンソーシアム富山
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自己相似性を持つ画像の美しさと処理流暢性の関係 ~ 同異判断時間課題とマスキング課題を用いた検討 ~
後藤颯斗河地庸介東北大HIP2022-83
先行研究より,画像の美しさを説明しうる要因として,画像内の自己相似性および当該特性に対する処理流暢性が注目されている.し... [more] HIP2022-83
pp.37-42
NC, NLP
(共催)
2023-01-29
10:15
北海道 公立はこだて未来大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スパイキングニューラルネットワークにおける抑制の減弱がもたらす神経活動の複雑性の低下
朴 志勲NICT/阪大)・河合祐司阪大)・浅田 稔IPUT/阪大/中部大/NICTNLP2022-96 NC2022-80
ニューロンの興奮性と抑制性の活動の均衡は脳が正常な機能を発揮するために重要である.本研究は,興奮性ニューロンと抑制性ニュ... [more] NLP2022-96 NC2022-80
pp.81-86
 276件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会