お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 内田 誠一 (九大)
副委員長 岩村 雅一 (阪府大), 安倍 満 (デンソーアイティーラボラトリ)
幹事 柴田 剛志 (NTT), 西山 正志 (鳥取大)
幹事補佐 山口 光太 (サイバーエージェント), 松井 勇佑 (東大)

日時 2021年12月16日(木) 10:30 - 18:00
2021年12月17日(金) 10:30 - 16:30
議題 時系列・因果推論・異常検知 
会場名 オンライン開催 
お知らせ ◎ご参加される方は、【開催前日12/15までに】以下のフォームを確認してください。 URL: <締め切りました>
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PRMU研究会)についてはこちらをご覧ください.

12月16日(木) 午前  一般発表1(パラレルセッション:Room A)
座長: 三木亮祐
10:30 - 12:00
(1) 10:30-10:45 合成汚れ画像を用いた深層学習による単一画像の泥汚れ除去 PRMU2021-24 浅田修作小久保嘉人アイシン)・小出 優マクニカ)・山元浩平コーピー)・末次恵久アイシン
(2) 10:45-11:00 LiDAR光反射強度に基づいた日影領域検出補正技術の提案と実証 PRMU2021-25 佐藤将吾八尾泰洋安藤慎吾島村 潤NTT
(3) 11:00-11:15 様々な拡大率に対応した画像超解像器による低解像度虹彩認証 PRMU2021-26 坊良 翼電通大)・戸泉貴裕庄司悠歩荻野有加塚田正人NEC)・市野将嗣電通大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
12月16日(木) 午前  一般発表2(パラレルセッション:Room B)
座長: 金崎朝子
10:30 - 12:00
(4) 10:30-10:45 長期的分類と短期的分類を統合した現実世界での異常検出 PRMU2021-27 渡邉祐大岡部 誠静岡大)・原田泰典鹿島直二中部電力
(5) 10:45-11:00 多次元系列データにおける変化点検出のための選択的推論 PRMU2021-28 杉山諒太戸田博己名工大)・Vo Nguyen Le Duy名工大/理研)・稲津 佑名工大)・竹内一郎名工大/理研
(6) 11:00-11:15 Self-Attention機構を組み込んだPatchCoreによる異常検知 PRMU2021-29 武名佑起静岡大)・野田祥希望月凜平明電舎)・松村 周鉄道総研)・大橋剛介静岡大
(7) 11:15-11:30 現場作業映像における作業指示マニュアル逸脱行動検知のためのデータセット PRMU2021-30 古田諒佑東大)・高木基宏NTT)・菅野裕介佐藤洋一東大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  12:00-13:30 休憩 ( 90分 )
12月16日(木) 午後  招待講演:Room A
座長: 金崎朝子
13:30 - 14:30
  - 清水 昌平先生 「統計的因果探索: セミパラメトリックアプローチを中心に」
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
12月16日(木) 午後  一般発表3(パラレルセッション:Room A)
座長: 西行健太
14:45 - 16:20
(8) 14:45-14:55 Unsupervised Logo Detection Using Adversarial Learning from Synthetic to Real Images PRMU2021-31 Rahul Kumar JainRitsumeikan Univ.)・Takahiro SatoTaro WatasueTomohiro Nakagawatiwaki)・Yutaro IwamotoRitsumeikan Univ.)・Xiang Ruantiwaki)・Yen-Wei ChenRitsumeikan Univ.
(9) 14:55-15:10 Fully automatic scoring of handwritten descriptive answers in Japanese language tests PRMU2021-32 Hung Tuan NguyenCuong Tuan NguyenTUAT)・Haruki OkaUTokyo)・Tsunenori IshiokaThe National Center for University Entrance Examinations)・Masaki NakagawaTUAT
(10) 15:10-15:25 Neural Network-based Local Feature Descriptors for Matching Excavated Mokkan Fragments of Various Sizes PRMU2021-33 Trung Tan NgoHung Tuan NguyenMasaki NakagawaTUAT
(11) 15:25-15:35 [ショートペーパー]プラントシミュレータを用いた時系列因果探索手法の評価 PRMU2021-34 小山和輝藤原大悟切通恵介大川内智海泉谷知範NTTコミュニケーションズ)・浅原啓輔清水昌平滋賀大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
12月16日(木) 午後  一般発表4(パラレルセッション:Room B)
座長: 三木亮祐
14:45 - 16:15
(12) 14:45-15:00 中断時系列分析を用いた人流抑制の効果推定 PRMU2021-35 土井一磨筑波大)・大西正輝産総研
(13) 15:00-15:15 視線情報を用いた入力作業時の状態推定について PRMU2021-36 出崎達也尾後大地小板隆浩同志社大
(14) 15:15-15:30 LSTNetに基づく多変量時系列予測精度改善法 PRMU2021-37 佐野隼乙六井 淳静岡県立大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
12月16日(木) 午後  一般発表5(パラレルセッション:Room A)
座長: 稲木誓哉
16:30 - 18:00
(15) 16:30-16:45 Recurrent Tracknet : DNNを用いた連続的なボールの検出に関する研究 PRMU2021-38 前迫 元和田俊和和歌山大
(16) 16:45-17:00 Object-aware表現学習におけるKLダイバージェンスの周期性アニーリングによる潜在表現の安定化手法の検証 PRMU2021-39 小林篤史早大)・綱島秀樹早大/産総研)・大川武彦東大)・相澤宏旭広島大)・邱 玥片岡裕雄産総研)・森島繁生早大
(17) 17:00-17:15 Class Activation Mapsを用いた弱教師あり学習による画像改ざん箇所の検出 PRMU2021-40 高橋大成飯塚里志福井和広筑波大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
12月16日(木) 午後  一般発表6(パラレルセッション:Room B)
座長: 西行健太
16:30 - 18:00
(18) 16:30-16:45 GCNを用いた顔パターンの構造推定に関する検討 PRMU2021-41 圓岡直哉和田俊和和歌山大
(19) 16:45-17:00 Supervoxel-based Explanation for Action Recognition PRMU2021-42 Ying JiNagoya Univ.)・Yu WangRitsumeikan Univ.)・Kensaku MoriNagoya Univ.)・Jien KatoRitsumeikan Univ.
(20) 17:00-17:15 群衆カウントにおける狭域受容野モデルの有用性の評価 PRMU2021-43 内田準也王 彧加藤ジェーン立命館大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
12月17日(金) 午前  一般発表7(パラレルセッション:Room A)
座長: 堀田一弘
10:30 - 12:00
(21) 10:30-10:45 複数視点動画解析による睡眠中の状態自動推定に関する研究 PRMU2021-44 江畑直幸福元伸也鹿嶋雅之渡邊 睦﨑元仁志石塚貴周中村雅之鹿児島大
(22) 10:45-11:00 時空間TCAVを用いた社会関係認識タスクにおける 映像認識モデルの判断根拠分析 PRMU2021-45 杉山瑠菜立命館大)・吉 頴名大)・王 彧加藤ジェーン立命館大
(23) 11:00-11:15 観衆の顔向きの時空間統合によるステージ上の注目対象及び注目度の推定 PRMU2021-46 武田一馬名大)・川西康友名大/理研)・平山高嗣名大/人間環境大)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・柏野邦夫NTT
(24) 11:15-11:30 アーカイブを活用したダイジェスト映像自動生成フレームワーク PRMU2021-47 渡辺はるな白石壮馬朴 君高橋勝彦NEC)・鍋藤 悠NECソリューションイノベータ
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
12月17日(金) 午前  一般発表8(パラレルセッション:Room B)
座長: 島田伸敬
10:30 - 12:00
(25) 10:30-10:45 撮影条件が異なるCT画像に対してロバストな病変識別を実現するディープラーニング向け学習データ拡張方式の提案 PRMU2021-48 宮崎信浩武部浩明馬場孝之富士通)・寺田大晃檜垣 徹粟井和夫広島大)・嶋田雅彦富士通Japan
(26) 10:45-11:00 Soft targetを用いたクラス一貫性によるドメイン適応のためのData Augmentation PRMU2021-49 今枝 航京セラ)・平川 翼山下隆義藤吉弘亘中部大
(27) 11:00-11:15 ドメイン適応を利用したFIRカメラにおける物体検出 PRMU2021-50 中村 譲石井育規佐藤 智丸山悠樹パナソニック)・山下隆義中部大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
  12:00-13:30 休憩 ( 90分 )
12月17日(金) 午後  フェロー記念講演:Room A
座長: 内田誠一
13:30 - 14:30
  - 直井聡 (元富士通研究所) フェロー記念講演
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
12月17日(金) 午後  一般発表9(パラレルセッション:Room A)
座長: 山下隆義
14:45 - 16:30
(28) 14:45-15:00 データの選択による効率的なDNNの学習 PRMU2021-51 東 遼太和田俊和和歌山大
(29) 15:00-15:15 CNNにおけるドロップアウトを利用した高精度学習法を目指して PRMU2021-52 秋葉浩和和田俊和和歌山大
(30) 15:15-15:30 デルタ相関を用いたLSTMベースプリフェッチャ PRMU2021-53 谷合廣紀中村朋生小泉 透出川祐也入江英嗣坂井修一塩谷亮太東大
(31) 15:30-15:40 [ショートペーパー]簡易アノテーションを用いた癌細胞の分類 PRMU2021-54 杉本龍彦九大)・寺田和弘吉澤明彦京大)・備瀬竜馬九大
(32) 15:40-15:50 [ショートペーパー]子宮頸癌病理画像のセグメンテーション PRMU2021-55 荒木健吾九大)・倉田麻理代寺田和弘吉澤明彦京大)・備瀬竜馬九大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
12月17日(金) 午後  一般発表10(パラレルセッション:Room B)
座長: 大脇崇史
14:45 - 16:15
(33) 14:45-15:00 個人差を考慮した歩き方からの手荷物の重さ推定の検討 PRMU2021-56 水野雅也名大)・川西康友理研)・出口大輔村瀬 洋名大
(34) 15:00-15:15 人物状態認識に基づく適応的情報呈示に関する研究 PRMU2021-57 森田聡太福元伸也鹿嶋雅之渡邊 睦鹿児島大
(35) 15:15-15:30 Task-independent redundancy reduction method using regularization for efficient neural network training PRMU2021-58 Charvi VitthalFlorian BeyeKoichi NiheiHayato ItsumiNEC
(36) 15:30-15:40 [ショートペーパー]Prediction Model of Early Recurrence of Hepatocellular Carcinoma Based on Deep Learning with Attention Module PRMU2021-59 Weibin WangRitsumeikan Univ.)・Fang WangQingqing ChenZhejiang Univ.)・Yutaro IwamotoRitsumeikan Univ.)・Xianhua HanYamaguchi Univ.)・Yen-wei ChenRitsumeikan Univ.
  - 個別ディスカッション個別ディスカッション

PRMU研究会の取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.PRMUが導入したスタイルのセッションは,「発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残時間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.

講演時間
一般講演発表 15 分

問合先と今後の予定
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-orzer 


Last modified: 2021-12-15 18:50:54


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のPRMU研究会 / 次のPRMU研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会