お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SID-JC
(共催)
ITE-IDY, EID
(連催) [詳細]
2022-07-29
16:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) [招待講演]バックコンタクトIGZO-TFTを用いた新規ハイブリッドバックプレーン構造の開発
本城正智武田悠二郎アマン メハディ伊東一篤田中耕平松木薗広志中村 渉SDTC
バックコンタクトIGZO-TFTとLTPSを用いた新規ハイブリッドバックプレーン構造の開発について報告する。本構造ではレ... [more]
MWPTHz 2022-06-03
13:10
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]半導体デバイスを用いたテラヘルツ光科学とその応用
田中耕一郎深澤亮一京大MWPTHz2022-1
 [more] MWPTHz2022-1
pp.1-3
WPT 2022-03-08
10:50
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
太陽電池一体型アンテナの開発
大西隆広東京理科大)・Raza Mudassir総研大)・阿久津壮希齋藤智彦東京理科大)・田中孝治総研大WPT2021-35
 [more] WPT2021-35
pp.66-69
WPT 2022-03-08
15:00
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
小型SAR衛星3号機 -StriX-1- 用展開型アンテナの評価試験
小野寺尚人パイン ブダディットアクバル プリランドSynspective)・齋藤宏文早大)・田中雅人有坂市太郎小畑俊裕Synspective)・田中孝治JAXAWPT2021-38
我々の研究グループでは,100kg級の小型合成開口レーダ(SAR)衛星実現のための平面スロットアレーアンテナの開発を行っ... [more] WPT2021-38
pp.78-81
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-15
10:30
ONLINE オンライン開催 非負値テンソル分解によるDNSクエリログからのユーザ通信行動抽出
畑中耕太朗木村達明滝根哲哉阪大NS2021-43
信ログデータを用いたユーザの通信パターンの分析は, ネットワーク運用やセキュリティ監視などの様々 な場面において重要であ... [more] NS2021-43
pp.57-62
SANE 2021-05-13
14:30
ONLINE オンライン開催 100kg 級小型衛星搭載の合成開口レーダとその軌道上実証
齋藤宏文早大)・田中孝治三田 信JAXA)・プリランド リツキ アクバルブッダ パイン田中雅人渡辺宏弥小野寺尚人有坂市太郎小畑俊裕Synspective)・石村康生早大)・広川次郎東工大SANE2021-7
宇宙科学研究所では昼夜問わず地表の観測が可能な合成開口レーダ(SAR)の実現のために100kg級小型衛星に搭載できる小型... [more] SANE2021-7
pp.38-43
WPT 2021-03-04
10:00
ONLINE オンライン開催 小型SAR実証2号機-Strix-β-用展開型アンテナの評価試験
小野寺尚人Budhaditya PyneAkbar PrilandoSyns.)・斉藤宏文早大)・田中雅人有坂市太郎小畑俊裕Syns.)・田中孝治JAXAWPT2020-34
我々の研究グループでは,昼夜問わず地表の観測が可能な合成開口レーダ(SAR)実現のための100kg級小型衛星の開発を行っ... [more] WPT2020-34
pp.5-9
WPT 2020-03-06
15:30
京都 京都大学宇治キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
小型合成開口レーダ衛星用スロットアレイアンテナパネルのMETLABでの計測 (その4)
ブッダ パインオノデラ ナオトSynspective)・○齋藤宏文早大)・広川二郎戸村 崇東工大)・田中孝治JAXAWPT2019-68
 [more] WPT2019-68
pp.53-59
HCS 2020-03-05
11:30
ONLINE オンライン開催 [オンライン] 顔の記憶における負の示唆性効果の頑健性とプロトタイプ効果の脆弱性 ~ 処理流暢性ヒューリスティックからの考察 ~
加藤 隆関西大)・向田 茂北海道情報大)・田中孝治金沢工大HCS2019-95
オリジナル顔の特徴部位を結合した部位結合型プロトタイプとオリジナル顔を平均化した全体融合型プロトタイプを用いて,プロトタ... [more] HCS2019-95
pp.59-64
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2019-12-05
12:50
東京 産総研臨海副都心センター(東京) クラウドソーシングを用いた手話文字通訳 ~ ライブ動画配信を活用したシステムの試作 ~
田中康平若月大輔皆川洋喜筑波技大WIT2019-39
手話による講演等の場面で,クラウドソーシングにより直接文字に通訳する手話文字通訳について検討する.本研究では,ライブ動画... [more] WIT2019-39
pp.95-100
CW
(第二種研究会)
2019-12-02 石川 金沢工業大学 教育サービスにおける価値共創の質を高めるための心理学教育
田中孝治金沢工大
本研究の目標は,質の高い教育の実現のために学習者の学び方の質を高めることである.本稿では,教育・学習に関する心理学を学ぶ... [more]
CS 2019-10-31
10:15
鹿児島 霧島ホテル 仰角マスク角度によるGNSS単独測位とMADOCA測位の距離差依存性
岩本滉希藤崎宏史高橋 賢田中公一藤原 真八方直久広島市大CS2019-63
 [more] CS2019-63
pp.5-8
ET 2019-10-19
10:00
沖縄 琉球大学 PBLにおける英語コミュニケーションへの動機づけ
岡田 豪田中孝治金沢工大ET2019-33
自ら考え行動する技術者の育成を目標に,筆者らの所属する教育機関では教育の主軸とするプロジェクトベースドラーニング(PBL... [more] ET2019-33
pp.5-8
ET 2019-10-19
16:10
沖縄 琉球大学 授業科目間接続型PBLの担当新任教員の経験学習を促すための全天球パノラマVRコンテンツ
田中孝治田中泰司宮田孝富浦 正広金沢工大ET2019-46
多くの大学において半期の授業科目としてPBLが採り入れられてきており,4年間の学士課程を通した授業科目間接続型のPBLも... [more] ET2019-46
pp.79-84
SP 2019-08-28
13:30
京都 京都大学 WaveCycleGAN2:高品質音声生成のためのニューラル波形ポストフィルタ
田中 宏亀岡弘和金子卓弘北条伸克NTTSP2019-9
 [more] SP2019-9
pp.1-6
SP 2019-08-28
13:55
京都 京都大学 文脈保持機構を用いた系列変換学習による音声変換
田中 宏亀岡弘和金子卓弘北条伸克NTTSP2019-10
 [more] SP2019-10
pp.7-12
CS 2019-07-04
09:15
鹿児島 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター 導電性ウェアhitoeを用いた運動時心電図のLPWA無線伝送方法の検討
藤崎宏史岩本滉希高橋 賢田中公一藤原 真八方直久広島市大CS2019-33
運動トレーニング時においては,運動強度を知るために,しばしば脈拍数が測定される.より詳細な情報を含む心電図や加速度情報を... [more] CS2019-33
pp.85-86
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-10
15:25
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) クラウドソーシングによる手話文字通訳のためのタスクの基礎的検討
田中康平若月大輔皆川洋喜筑波技大WIT2018-83
手話を読み取ることができない者のための,手話を文字通訳する手話文字通訳について検討する.先行研究として,クラウドソーシン... [more] WIT2018-83
pp.165-170
WPT 2019-03-08
16:20
京都 京都大学宇治キャンパス 小型合成開口レーダ衛星用スロットアレイアンテナパネルのMETLABでの計測(その3)
アクバル プリランド リズキ慶大)・○齋藤宏文田中孝治パイン ブダディットJAXA)・広川二郎戸村 崇東工大WPT2018-95
 [more] WPT2018-95
pp.153-158
EMD, R
(共催)
2019-02-15
14:55
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 [招待講演]MOSFETエージングモデルを用いた回路特性劣化SPICEシミュレーション
田中浩治雨宮真一郎岡村 均嶌末政憲モーデックR2018-56 EMD2018-57
今日,半導体製品は様々な製品に用いられており,車載部品や医療機器に代表される高信頼性が必須な製品にも数多く使われている.... [more] R2018-56 EMD2018-57
pp.25-30
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会