お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-18
13:00
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 CMAを用いた画像先鋭化処理専用回路の低消費電力化
田島加織井上晶仁馬場裕之ヨウ ドウキン請園智玲佐藤寿倫福岡大VLD2017-68 CPSY2017-112 RECONF2017-56
 [more] VLD2017-68 CPSY2017-112 RECONF2017-56
pp.37-42
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
11:20
熊本 くまもと県民交流館パレア 近似乗算器の内部構成に関する検討
井上晶仁田島加織馬場裕之ヨウ ドウキン請園智玲佐藤寿倫福岡大VLD2017-29 DC2017-35
近似演算器は正確な演算結果値を生成しない論理回路である.近似演算器は精確な演算結果値を生成しない代わりに,簡略化された回... [more] VLD2017-29 DC2017-35
pp.13-18
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-08
13:20
熊本 くまもと県民交流館パレア KVSデータベースRedisからのデータアクセス局所性の解析
馬場裕之請園智玲佐藤寿倫福岡大CPSY2017-46
最近,業務運営の改善や新産業の創出の鍵としてビッグデータが注目されている.また,そのビッグデータを処理するデータベース管... [more] CPSY2017-46
pp.59-62
VLD, CAS, MSS, SIP
(共催)
2012-07-02
14:30
京都 京都リサーチパーク モンテカルロシミュレーションによるソフトエラー率の数量的評価手法
矢野 憲福岡大/JST)・林田隆則福岡大)・佐藤寿倫福岡大/JSTCAS2012-11 VLD2012-21 SIP2012-43 MSS2012-11
本研究では論理回路のSER(Soft Error Rate)の解析を正確に行う数量的評価手法を提案する。提案する手法は仮... [more] CAS2012-11 VLD2012-21 SIP2012-43 MSS2012-11
pp.61-66
VLD 2012-03-07
09:40
大分 ビーコンプラザ 冗長化FF置き換え方式による高信頼性VLSI設計の自動化
矢野 憲福岡大/JST)・吉木崇人林田隆則福岡大)・佐藤寿倫福岡大/JSTVLD2011-133
ディープサブミクロン領域での素子特性のばらつきや、経年劣化、ソフトエラーによるタイミングエラー対策としてカナリアFFを用... [more] VLD2011-133
pp.79-84
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-17
16:05
福岡 北九州学術研究都市 タイミングエラーの予報を目的とするカナリアFFの挿入位置限定
國武勇次九大)・佐藤寿倫福岡大/九大/JST)・山口誠一郎九大)・安浦寛人九大/JST
半導体製造技術の進展に伴い,プロセスばらつき,電源電圧のゆらぎや温度変化などが回路遅延に与える影響が増加している.我々は... [more] VLD2008-74 DC2008-42
pp.85-89
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
16:00
東京 日立中央研究所 入力依存の遅延ばらつきを利用するDVSシステムにおける性能およびエリアオーバーヘッドの改善検討
国武勇次九大)・佐藤寿倫福岡大/JST)・安浦寛人九大
半導微細化技術の進展に伴って素子特性のばらつきが増大し,これまで行われてきた最悪ケースを考慮した設計が困難となっている.... [more] ICD2008-34
pp.93-98
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-27
08:45
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 負荷変動に瞬時適応可能なマルチパフォーマンスプロセッサの設計と評価
山口誠一朗大山裕一郎九大)・国武勇次九工大)・松村忠幸石飛百合子山口聖貴李 東勲金田裕介九大)・舟木敏正九工大)・室山真徳石原 亨佐藤寿倫九大DC2007-84 CPSY2007-80
動的可変電圧プロセッサ(以下DVSプロセッサ)の代用となるマルチパフォーマンスプロセッサについて述べる.マルチパフォーマ... [more] DC2007-84 CPSY2007-80
pp.1-6
CPSY 2007-10-26
09:40
熊本 熊本大学 性能・消費電力・信頼性の間のトレードオフを考慮出来るマルチ・クラスタ型コア・プロセッサ
佐藤寿倫九大)・舟木敏正九工大CPSY2007-31
半導体製造技術における微細化の進展により,ソフトエラーの増加が問題となっている.マルチコアプロセッサを利用しスレッドを冗... [more] CPSY2007-31
pp.39-44
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-05-31
16:15
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール カナリア・フリップフロップを利用するDVS方式の改良
佐藤寿倫九大)・国武勇次九工大
微細化の進展により顕在化しつつあるパラメタばらつきを抑制するために,カナリア・フリップフロップを提案している.これまで,... [more] ICD2007-24
pp.43-48
CPSY 2006-12-15
16:40
東京 東大駒場リサーチキャンパス キャッシュ非共有型マルチコアプロセッサにおけるキャッシュの性能改善に関する研究
伊藤義崇千代延昭宏九工大)・佐藤寿倫九大
 [more] CPSY2006-51
pp.63-68
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-08
14:30
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ 温度を考慮するマイクロアーキテクチャの検討のための物理レジスタアクセス頻度の特徴調査
佐藤寿倫九大)・国武勇次千代延昭宏九工大
動作周波数上昇と集積度向上の恩恵によってマイクロプロセッサは性能向上を図ってきたが,近年消費電力の増加とその過密化による... [more] ICD2006-46
pp.37-42
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-08
15:00
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ タイミング違反を利用するマイクロアーキテクチャの演算器における遅延を考慮した評価
国武勇次千代延昭宏田中康一郎九工大)・○佐藤寿倫九大
回路のクリティカルパスが常には活性化されないことに着目し,積極的にタイミング違反を利用してプロセッサの高速化や省電力化を... [more] ICD2006-47
pp.43-48
CPSY 2005-12-16
14:00
栃木 宇都宮大学工学部アカデミア・ホール 命令カスケーディングにおける典型的パス遅延の効用
佐藤寿倫千代延昭宏九工大
半導体技術のデープサブミクロン化により設計マージンを十分に確保することが困難になり,最悪条件を常に考慮した設計は不可能に... [more] CPSY2005-36
pp.19-24
CPSY 2004-12-20
16:05
東京 お茶の水女子大学 性能低下ゼロを目指した耐過渡故障マイクロプロセッサ
佐藤寿倫九工大
性能ペナルティを被らないフォールトトレラントマイクロプロセッサを実現することを検討する。トランジスタの微細化、クロックの... [more] CPSY2004-60
pp.73-78
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会