お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-06-23
16:10
ONLINE オンライン開催 エネルギーマッチングAIを用いるノ―マリーオフ型ローカル5G基地局の概念実証
有本和民岡山県立大)・中村 宏坂本龍一鈴木悠太東大)・武部秀治ポコアポコネットワークス)・吉川憲昭木下研作サイバー創研)・大矢智之ドコモ・テクノロジRCS2021-44
オープンソフトウェアと市販のソフトウェア無線機を用いて、エネルギーマッチングAIを用いるノーマリーオフ型ローカル5G基地... [more] RCS2021-44
pp.91-96
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-30
16:15
ONLINE オンライン開催 ノーマリーオフ電力制御によるローカル5G基地局省電力化の初期検討
鈴木悠太坂本龍一中村 宏東大CPSY2020-5 DC2020-5
5G通信は,高速・大容量・低遅延・複数端末との同時接続が可能であるという利点から,ローカル環境での通信への親和性が高い.... [more] CPSY2020-5 DC2020-5
pp.29-35
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-09
13:00
ONLINE オンライン開催 エネルギーマッチングAIを用いるノ―マリーオフ型ローカル5G基地局の構想
有本和民岡山県立大)・中村 宏坂本龍一鈴木悠太東大)・武部秀治ポコアポコネットワークス)・吉川憲昭木下研作サイバー創研RCC2020-4 NS2020-33 RCS2020-67 SR2020-12 SeMI2020-4
 [more] RCC2020-4 NS2020-33 RCS2020-67 SR2020-12 SeMI2020-4
pp.13-18(RCC), pp.13-18(NS), pp.55-60(RCS), pp.19-24(SR), pp.7-12(SeMI)
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
15:45
愛媛 愛媛県男女共同参画センター CNNアクセラレータSNACCの実チップ評価
戸村遼平小島拓也天野英晴慶大)・坂本龍一近藤正章東大CPSY2019-49
SNACC(Scalable Neuro Accelerator Core with Cubic integration... [more] CPSY2019-49
pp.65-70
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-24
10:45
北海道 北見市民会館 ビルディングブロック型積層システムの性能評価
天野英晴茅島秀人小島拓也慶大)・坂本龍一近藤正章東大)・並木美太郎東京農工大CPSY2019-17 DC2019-17
ビルディングブロック型計算システムは、小規模なチップを誘導結合ワイヤレスチップ間
接続TCI(Thru-Chip In... [more]
CPSY2019-17 DC2019-17
pp.1-6
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
14:30
沖縄 具志川農村環境改善センター 無線3次元積層チップを用いたDeep Learningアクセラレータのコンパイラツールチェーン
大久保徹以小島拓也天野英晴慶大)・高田 遼石井 潤坂本龍一近藤正章中村 宏東大CPSY2016-155 DC2016-101
 [more] CPSY2016-155 DC2016-101
pp.357-362
CPSY, DC
(併催)
2014-07-30
18:15
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 組込み向けアクセラレータ用OpenCLライブラリと実行制御機構の設計
坂本龍一佐藤未来子東京農工大)・天野英晴黒田忠広慶大)・宇佐美公良芝浦工大)・中村 宏東大)・並木美太郎東京農工大CPSY2014-46
スマートフォンやタブレット向けのプロセッサは,電力効率の向上のために電力性能に優れたアクセラレータを複数搭載している.一... [more] CPSY2014-46
pp.215-220
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-28
10:25
鹿児島 鹿児島県文化センター 細粒度パワーゲーティングを実装したCPU”Geyser-3”の開発と温度に適応した電源遮断制御
宇佐美公良工藤 優松永健作小坂 翼鶴井敬大芝浦工大)・王 蔚涵天野英晴慶大)・坂本龍一並木美太郎東京農工大)・近藤正章電通大)・中村 宏東大VLD2013-80 DC2013-46
 [more] VLD2013-80 DC2013-46
pp.135-140
CPSY 2013-10-03
11:35
千葉 幕張メッセ ワイヤレス三次元積層マルチコアプロセッサCube-1の実機評価
天野英晴小泉佑介慶大)・三浦典之神戸大)・竹 康宏松谷宏紀黒田忠広慶大)・坂本龍一並木美太郎東京農工大)・宇佐美公良芝浦工大)・近藤正章電通大)・中村 宏東大CPSY2013-33
 [more] CPSY2013-33
pp.13-18
CPSY, VLD, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2013-01-16
16:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス オンチップ・リークモニタによるランタイム・パワーゲーティングの制御にむけた損益分岐点の評価
松永健作工藤 優芝浦工大)・太田雄也小西奈緒芝浦工大)・天野英晴慶大)・坂本龍一並木美太郎東京農工大)・宇佐美公良芝浦工大VLD2012-118 CPSY2012-67 RECONF2012-72
消費電力の削減技術のひとつであるランタイム・パワーゲーティングはリーク電力を低減させることができるが、スリープさせたとき... [more] VLD2012-118 CPSY2012-67 RECONF2012-72
pp.63-68
RECONF 2012-05-29
17:35
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ向けアプリケーション開発
小泉佑介佐々木瑛一天野英晴慶大)・坂本龍一並木美太郎東京農工大RECONF2012-16
本論文では,単一のCPUと複数のアクセラレータを搭載したヘテロジニアスマルチコアプロセッサ向けのアプリケーション開発につ... [more] RECONF2012-16
pp.89-94
DC, CPSY
(併催)
2011-07-29
09:25
鹿児島 かごしま県民交流センター チップ間ワイヤレス接続を利用した三次元積層アーキテクチャの研究
佐々木瑛一佐々木大輔松谷宏紀天野英晴竹 康宏黒田忠広慶大)・坂本龍一並木美太郎東京農工大CPSY2011-10
誘導結合を利用した低電力ビルディングブロック型へテロジーニアス
マルチコアシステムCube-1を提案する。Cube-1... [more]
CPSY2011-10
pp.7-12
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-27
10:50
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス スケーラブルFPGAシステムにおけるハードウェア・アクセラレーション
中條拓伯坂本龍一東京農工大VLD2009-88 CPSY2009-70 RECONF2009-73
現在,教育機関において,ハードウェア実験/実習にFPGAが利用されている.
また,FPGAを用いたハードウェア・アクセ... [more]
VLD2009-88 CPSY2009-70 RECONF2009-73
pp.119-124
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-27
11:15
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス スケーラブルFPGAシステムにおけるハードウェア拡張方式
中條拓伯東京農工大)・三好健文東工大)・船田悟史イーツリーズ・ジャパン)・坂本龍一東京農工大VLD2009-89 CPSY2009-71 RECONF2009-74
近年,高性能計算(HPC) の分野において,膨大な処理を要する計算に対して,定型化されたアルゴリズムをFPGA によりハ... [more] VLD2009-89 CPSY2009-71 RECONF2009-74
pp.125-130
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-03
14:45
高知 高知市文化プラザ スケーラブルFPGAシステムにおけるハードウェア拡張プロトコル
中條拓伯坂本龍一三輪 忍東京農工大
本発表では,現在開発を進めているスケーラブルFPGA システムにハードウェアを拡張するための機構を提案し,その実現可能性... [more]
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会