お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-05-19
14:05
東京 機械振興会館 伝達マトリックス法を用いた非線形特性を導入したランジュバン振動子の駆動特性解析
横山広大東大/日本特殊陶業)・笠島 崇日本特殊陶業)・三宅 奏森田 剛東大US2022-7
ボルト締めランジュバン型振動子は圧電体の非線形効果により高い応力条件下での振動速度の飽和や共振周波数の低下が生じることが... [more] US2022-7
pp.26-31
US 2022-05-19
14:30
東京 機械振興会館 チューブ型DPLUSにおける超音波伝搬過程の解明
山田恭平陳 康東大)・入江喬介マイクロソニック)・飯島高志産総研)・三宅 奏森田 剛東大US2022-8
DPLUSは二重放物面と細径導波路を有する超音波振動子であり,広帯域 (20 kHz-2.5 MHz) の強力超音波を局... [more] US2022-8
pp.32-37
US 2021-06-18
13:25
ONLINE オンライン開催 二重反射面構造による円筒型導波路への強力超音波導入(チューブ型DPLUS)
山田恭平陳 康東大)・入江喬介マイクロソニック)・飯島高志東京理科大)・三宅 奏森田 剛東大US2021-9
DPLUSは二重反射面構造により広帯域(0-2.5 MHz)かつ高出力(数MPa)の超音波を細棒先端に局所的に生成できる... [more] US2021-9
pp.6-11
US 2021-05-17
16:20
ONLINE オンライン開催 Reveal the vibration characteristics of DPLUS: the selection criteria of piezoelectric materials
Chen KangUniv. of Tokyo)・Irie TakasukeMicrosonic)・Iijima TakashiTokyo Univ. of Science)・Kasashima TakashiNGK)・Yokoyama KotaSusumu MiyakeMorita TakeshiUniv. of TokyoUS2021-6
 [more] US2021-6
pp.24-29
US 2020-05-18
13:30
ONLINE オンライン開催 金属ガラス導波路の高周波超音波伝搬特性
篠田航平チェン カン東大)・入江喬介マイクロソニック)・飯島高志産総研)・森田 剛東大US2020-8
細径導波路を用いた超音波顕微鏡の開発において、これまで導波路の材質として使用されてきた石英ガラスには金属に比べ脆性破壊し... [more] US2020-8
pp.1-5
US 2019-08-28
16:35
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス DPLUS Based High-Frequency Ultrasonic Tweezers for Micro/Nano Manipulations
Liu QingyangChen KangThe Univ. of Tokyo)・Hu JunhuiNUAA)・Morita TakeshiThe Univ. of TokyoUS2019-45
 [more] US2019-45
pp.45-48
US 2018-12-10
13:55
東京 東京工業大学 Acoustic focusing to the waveguides utilizing double parabolic reflectors
Kang ChenThe Univ. of Tokyo)・Takasuke IrieMicrosonic Co)・Takashi IijimaAIST)・Takeshi MoritaThe Univ. of TokyoUS2018-71
Acoustic waveguides are utilized for guiding sound waves and... [more] US2018-71
pp.5-10
US 2018-02-19
16:00
東京 東京都立産業技術研究センター本部 強力超音波応用圧電材料の特性評価方法
三宅 奏東大)・笠島 崇山崎正人沖村康之日本特殊陶業)・永田 肇東京理科大)・森田 剛東大US2017-118
圧電材料のハイパワー駆動時には、大振幅の歪みに依存した非線形弾性・非線形弾性損失によって振動速度の飽和や共振周波数変化が... [more] US2017-118
pp.37-42
US, EA
(併催)
2018-01-23
13:00
大阪 関西大学 [ポスター講演]超音波振動子の共振周波数動的制御範囲拡大の検討
横澤宏紀東大)・Jens TwiefelMichael Weinsteinハノーファー大)・森田 剛東大US2017-93
 [more] US2017-93
pp.59-62
US 2017-12-11
16:45
東京 日本大学 非線形弾性係数を導入した圧電縦効果の伝達マトリクスによるランジュバン振動子のモデル化
岩間成裕三宅 奏森田 剛東大US2017-81
ボルト締めランジュバン振動子は、圧電体への圧縮予圧によりハイパワー駆動を可能としているが、最適予圧の導出方法は確立されて... [more] US2017-81
pp.37-40
US 2017-06-27
16:55
東京 東京大学・本郷キャンパス セルフセンシング型圧電マニピュレータに関する基礎的研究
鈴木健太東大)・徐 世傑メカノトランスフォーマ)・森田 剛東大US2017-28
マニピュレーションにおいて、把持対象物に対するセンシングは重要であるが、別途センサを取り付けることはデバイスの小型化を妨... [more] US2017-28
pp.43-46
US 2016-12-12
15:25
東京 東京工業大学すずかけ台キャンパス 圧電縦効果における2次非線形項に関する測定
尾崎亮平森田 剛東大US2016-68
 [more] US2016-68
pp.41-46
US 2016-12-12
15:50
東京 東京工業大学すずかけ台キャンパス 共振周波数比の動的制御可能な超音波振動子の設計
横澤宏紀東大)・Jens TwiefelMichael Weinsteinハノーファー大)・森田 剛東大US2016-69
 [more] US2016-69
pp.47-51
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2014-08-21
15:40
北海道 小樽経済センター [依頼講演]900nm帯高出力半導体レーザーバーの開発
影山進人森田剛徳鳥井康介長倉建人高氏基喜前田純也吉田治正浜松ホトニクスR2014-31 EMD2014-36 CPM2014-51 OPE2014-61 LQE2014-35
固体レーザー,ファイバーレーザーの励起用光源や直接集光型レーザー加工用光源に用いられる,900 nm帯高出力半導体レーザ... [more] R2014-31 EMD2014-36 CPM2014-51 OPE2014-61 LQE2014-35
pp.45-49
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2014-08-22
09:35
北海道 小樽経済センター [招待講演]紫外半導体レーザーの現状と展望
吉田治正・○青木優太桑原正和山下陽滋鳥井康介杉山厚志森田剛徳浜松ホトニクスR2014-37 EMD2014-42 CPM2014-57 OPE2014-67 LQE2014-41
紫外レーザーダイオード(LD)の現状として,我々が進めてきたAlGaN系紫外LDの短波長化を中心に述べ,さらに最近の成果... [more] R2014-37 EMD2014-42 CPM2014-57 OPE2014-67 LQE2014-41
pp.71-75
OPE, LQE, CPM, EMD, R
(共催)
2013-08-29
16:30
北海道 サンリフレ函館 [依頼講演]915nm半導体レーザーの高出力化における窓構造とその特性
吉田治正森田剛徳長倉建人鳥井康介高氏基喜前田純也浜松ホトニクスR2013-42 EMD2013-48 CPM2013-67 OPE2013-71 LQE2013-41
IFVD (Impurity-Free Vacancy Disordering)法によって窓構造を形成した915nm高出... [more] R2013-42 EMD2013-48 CPM2013-67 OPE2013-71 LQE2013-41
pp.71-75
US 2011-12-22
15:50
神奈川 東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール集会室1 高次モード結合型ランジュバン振動子を用いた超音波ポンプ
鈴木宗佑西村卓真保坂 寛森田 剛東大US2011-83
マイクロポンプに応用可能な興味深い駆動原理のひとつに,ランジュバン振動子の超音波振動変位を利用した超音波ポンプが考案され... [more] US2011-83
pp.37-40
US 2011-12-22
16:15
神奈川 東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール集会室1 共振駆動型SIDMアクチュエータの小型化に関する研究
横瀬誉実保坂 寛森田 剛東大US2011-84
Smooth Impact Drive Mechanism (以下 SIDM)と呼ばれる圧電アクチュエータでは、これまで... [more] US2011-84
pp.41-45
US 2010-12-16
14:30
神奈川 東京工業大学 すずかけ台キャンパスG4棟2階大会議室 ニオブ酸リチウム振動子による超音波アシスト水熱合成法
五十部 学揚場 遼前田孝文東大)・Peter BornmannTobias HemselUniv. of Paderborn)・森田 剛東大US2010-87
超音波アシストを用いた水熱合成法は、PZT圧電薄膜や非鉛圧電材料の合成に有用である。この超音波アシスト水熱合成法における... [more] US2010-87
pp.13-18
US 2009-10-23
11:10
東京 東京大学 生産技術研究所 水熱合成粉末を用いた(K,Na)NbO3セラミックスの圧電効果
前田孝文滝口哲史東大)・石河睦生東工大)・トビアス ヘムゼルパダーボーン大)・森田 剛東大US2009-68
現在、PZTに代わる非鉛の圧電材料として,高い圧電性,高い電気機械結合係数をもつニオブ酸カリウムナトリウムセラミックスが... [more] US2009-68
pp.61-65
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会