お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CBE
(併催)
2023-01-26
15:00
茨城 つくば国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
小型ドローンを用いた受粉システムの温室ハウス圃場実験
黒澤達也柳田響介遠藤啓太日本工大)・大矢武志神奈川農技セ)・伊藤暢彦清水博幸進藤卓也平栗健史日本工大
 [more]
CQ, CBE
(併催)
2023-01-26
15:50
茨城 つくば国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習によるナシ花粉量推定
山内実佳遠藤啓太日本工大)・木村共孝同志社大)・清水博幸日本工大)・島田智人埼玉農技研セ)・竹村圭弘鳥取大)・平栗健史日本工大
 [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
13:00
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
受粉システムにおけるドローン間中継に適した感染制御通信の提案制御
黒澤達也日本工大)・木村共孝同志社大)・伊藤暢彦清水博幸平栗健史日本工大CQ2022-50
 [more] CQ2022-50
pp.19-22
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-24
15:40
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]全てにつながる通信とスマート農業の融合
平栗健史黒澤達也清水博幸伊藤暢彦日本工大SRW2022-21 SeMI2022-55 CNR2022-14
 [more] SRW2022-21 SeMI2022-55 CNR2022-14
pp.26-29(SRW), pp.21-24(SeMI), pp.1-4(CNR)
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]セグメンテーション手法を用いたナシの花の受粉経路最適化
遠藤啓太日本工大)・木村共孝同志社大)・清水博幸日本工大)・島田智人埼玉農技研セ)・竹村圭弘鳥取大)・平栗健史日本工大
果樹栽培では,野菜栽培と比較して機械化が進んでおらず,手作業が必要であるため,労働時間が長いという課題がある.特に,果樹... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]受粉システムにおけるエピデミック通信最適化の一検討
黒澤達也日本工大)・木村共孝同志社大)・清水博幸平栗健史日本工大
 [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]静電気による害虫防除に関する研究
滝澤龍人清水博幸平栗健史日本工大
 [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ドローン受粉のための日本ナシの枝の検出手法
常脇航平木村共孝同志社大)・清水博幸平栗健史日本工大
本発表では,小型ドローンを用いた受粉システムを構築するために,機械学習を用いたナシの枝の検出手法を検討する.手作業による... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]機械学習を用いたサツマイモのサイズ判定システムの検討
畑尻浩太木村共孝同志社大)・清水博幸平栗健史日本工大
 [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
10:40
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ドローンを用いた花探索のための人工蜂コロニーアルゴリズムの性能評価
長谷川太悟進藤卓也清水博幸平栗健史伊藤暢彦日本工大
ミニトマトの受粉は,ハウス内に放したマルハナ蜂が移動することによって行われている.しかしながら,夏場は蜂の活動が低下する... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
16:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]千葉県かんしょスマート農業 サプライチェーン実証
平栗健史清水博幸日本工大)・木村共孝同志社大)・篠塚佳典芝山農園)・高橋正巳ジョブファーム)・甲地重春戸舘裕紀ササキコーポレーション)・沖川 淳持続未来)・熱田圭佑千葉県農林水産部)・引地睦子千葉県香取農業事務所)・佐々木祐一NTT東日本)・遠藤大己中戸川将大林 直志NTTアグリ
 [more]
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-15
11:35
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]シイタケの発生促進に起因する雷撃と音の関係
清水博幸平栗健史日本工大)・高梨琢磨森林研究・整備機構)・高木浩一岩手大CQ2022-27
原木によるシイタケの成長促進として,種々の手法が提案されており,高電圧を榾木へ直接印加して電気的な刺激を与える手法などが... [more] CQ2022-27
pp.25-29
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-16
10:00
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
小型ドローンの受粉制御のためのエピデミック通信の最適化
黒澤達也日本工大)・木村共孝同志社大)・清水博幸平栗健史日本工大CQ2022-38
本研究では,小型ドローンを用いた受粉システムの開発を進めている.受粉システムでは通信方式としてエピデミック通信を用いるこ... [more] CQ2022-38
pp.80-84
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-16
10:25
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ロボット実装のための受粉可能なトマトの花の形状判定技術
平栗健史日本工大)・木村共孝同志社大)・遠藤啓太伊藤暢彦清水博幸日本工大CQ2022-39
 [more] CQ2022-39
pp.85-90
CS 2022-07-14
12:00
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
圃場画像を用いたナシの花の受粉経路推定法に関する検討
遠藤啓太日本工大)・木村共孝同志社大)・清水博幸日本工大)・竹村圭弘鳥取大)・平栗健史日本工大CS2022-19
果樹栽培では,野菜栽培と比較して手作業が多く必要であるため,労働時間が長いという課題がある.特に,果樹類の中でもナシは,... [more] CS2022-19
pp.34-35
CS 2022-07-15
10:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
小型ドローン受粉システムの実証実験
黒澤達也柳田響介遠藤啓太伊藤暢彦清水博幸進藤卓也平栗健史日本工大CS2022-31
トマトの温室ハウス圃場では,ハチや人の手によって受粉が行われている.そのため,ハチの管理や作業者の負担が課題である.本研... [more] CS2022-31
pp.78-82
CQ, CBE
(併催)
2022-01-28
09:30
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エピデミック通信方式のデバイス実装と解析
山田直生柳田響介伊藤暢彦清水博幸進藤卓也平栗健史日本工大CQ2021-87
 [more] CQ2021-87
pp.62-66
SR 2022-01-25
10:25
ONLINE オンライン開催 CNNを用いた受粉可能なトマトの花の形状判定と実証実験
福山英亮平栗健史伊藤暢彦進藤卓也清水博幸日本工大SR2021-73
 [more] SR2021-73
pp.73-77
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
16:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ドローンバチによる受粉技術の研究開発
平栗健史伊藤暢彦進藤卓也清水博幸日本工大
 [more]
CQ 2021-08-02
11:10
ONLINE オンライン開催 ドローン実装のためのエピデミック通信システムの開発
柳田響介山田直生黒澤達也日本工大)・木村共孝同志社大)・伊藤暢彦進藤卓也清水博幸平栗健史日本工大CQ2021-23
現在,小型ドローンを群れのように飛行させ情報収集を行う研究を進めている.
この研究では情報収集のために,群れで飛行する... [more]
CQ2021-23
pp.10-13
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会