お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CBE
(併催)
2022-01-28
17:05
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
モバイルネットワークの品質改善に向けたエリアコンテキスト推定技術
高野佑紀奈竹下 恵NTTCQ2021-99
ユーザは様々なアプリケーションや端末等でモバイルネットワークを利用しており,ネットワーク事業者がユーザの通信利用状況 (... [more] CQ2021-99
pp.126-131
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-26
17:15
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラスタ遷移テンソルによる変化検知技術の提案
高橋彰子竹下 恵NTTCQ2021-75
あらゆるサービス分野の例に漏れず,通信分野でもAI によるオペレーションの自動化が進行している.
オペレーションの自動... [more]
CQ2021-75
pp.49-54
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
16:20
ONLINE オンライン開催 セルラー網におけるユーザ分布推定に向けたブロッククリギングの拡張
金正英朗池上大介竹下 恵増田征貴NTTCQ2021-49
セルラー網を運用する通信事業者は,ユーザの体感品質向上の観点から,基地局におけるセクタのカバレッジ変更により収容ユーザ数... [more] CQ2021-49
pp.53-58
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
11:45
ONLINE オンライン開催 トラヒック予測に基づくサービス縮退状況把握方式の一検討
竹下 恵副島裕司NTTICM2020-29
 [more] ICM2020-29
pp.49-54
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-15
14:30
ONLINE オンライン開催 装置状態を用いたEnd-End QoS推定精度向上に向けた特徴量設計の検討
丹治直幸高田 篤竹下 恵関 登志彦山越恭子NTTICM2020-5
 [more] ICM2020-5
pp.25-30
ICM 2020-03-03
15:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
トラヒック情報を活用したサービス状態監視方式の一検討
竹下 恵副島裕司NTTICM2019-63
 [more] ICM2019-63
pp.123-128
ICM 2015-07-09
16:50
北海道 札幌コンベンションセンター [特別講演]14th IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management (IM 2015)報告
上山憲昭阪大/NTT)・横田将裕竹下 恵NTTICM2015-12
 [more] ICM2015-12
pp.17-20
AI 2014-11-27
16:00
福岡 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 ユーザの過去のつぶやき情報を用いたカーネル密度推定による場所推定技術の提案
横田将裕竹下 恵西松 研NTTAI2014-22
 [more] AI2014-22
pp.37-42
IN, NWS
(併催)
2014-01-23
11:35
愛知 名古屋国際センター 検索情報を用いた事前配信技術の提案
上村昂平上智大)・横田将裕竹下 恵西松 研長谷川治久NTTIN2013-120
インターネットサービスの急速な発展により様々なコンテンツがインターネットを通して利用されるようになっている.中でも映像コ... [more] IN2013-120
pp.15-20
NS, IN
(併催)
2013-03-08
14:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル コンテンツ利用行動に基づく事前配信手法の検討
横田将裕竹下 恵西松 研長谷川治久NTTIN2012-204
映像サービスの普及によるトラヒックの増加が通信事業者にとって課題となっている.そこで,通信事業者はインターネットキャッシ... [more] IN2012-204
pp.299-303
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-07
13:35
長崎 やすらぎ伊王島 トラヒック予測のための外的要因に関する一考察
秋月俊寛市野将嗣小松尚久早大)・竹下 恵長谷川治久NTTCQ2010-70
近年のインターネット通信の高速化や利用できるサービスの多様化に伴い,トラヒック量の変動が著しい.
トラヒックの混雑を回... [more]
CQ2010-70
pp.19-24
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-19
11:15
京都 京都大学 桂キャンパス LPCケプストラムを用いたネットワークトラヒック分類手法に関する一考察
前田浩明星 健太郎市野将嗣小松尚久早大)・竹下 恵長谷川治久NTTCQ2010-60
近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,様々なサービスを提供する通信トラヒックが急増している.このような状況の中... [more] CQ2010-60
pp.67-72
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-13
16:40
石川 金沢工業大学 トラヒックの時系列データを用いたサービス分類手法に関する一検討
山下剛史星 健太郎市野将嗣小松尚久早大)・竹下 恵辻野雅之NTTCQ2009-54
近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,通信トラヒックは急増している.そこで,サービス毎に区別した品質提供を実施... [more] CQ2009-54
pp.85-90
NS 2009-05-22
11:25
広島 広島市立大学 フロー群情報を用いたアプリケーション分類法の一検討
竹下 恵黒沢 健辻野雅之岩下 基NTT)・市野将嗣小松尚久早大NS2009-28
インターネット上では音声・映像等の品質クラスから見て多様なトラヒックが同じ品質条件で流通している.このような環境では 1... [more] NS2009-28
pp.67-71
NS 2009-05-22
11:50
広島 広島市立大学 トラヒックパターンに着目したサービス分類に関する一検討
山下剛史星 健太郎市野将嗣小松尚久早大)・竹下 恵辻野雅之NTTNS2009-29
 [more] NS2009-29
pp.73-78
ICM, CQ, NS
(併催)
2008-11-13
13:25
福島 日本大学(郡山) 映像トラヒックの統計多重効果に関する一検討
黒沢 健NTT)・大北和也阪大)・西松 研NTT東日本)・竹下 恵岩下 基NTTNS2008-90
インターネットを流れるトラヒックは近年著しく増加しており, 特に映像トラヒックやP2P トラヒックがネットワークの帯域を... [more] NS2008-90
pp.7-11
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-24
09:30
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター 高変動な環境におけるモバイルP2Pネットワークでのオブジェクト検索成功率の向上
竹下 恵笹部昌弘中野博隆阪大CQ2007-81
近年のモバイル端末の普及に伴い,MANET上での情報発見技術の確立が求められている.これまでに,DHTとネットワーク層の... [more] CQ2007-81
pp.1-6
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会