お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 145件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2024-01-25
16:10
東京 関西学院大学 丸の内キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Fluid-based Modeling of TCP BBR Congestion Control Mechanism
Shota InoueHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2023-65
 [more] IA2023-65
p.45
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2023-11-16
17:30
沖縄 那覇市IT創造館 高次制御バリア関数を用いた計算遅延を考慮した離散時間安全制御
潮 俊光南山大CAS2023-73 MSS2023-43
安全なデジタル制御において計算遅延による安全性への影響は重要な問題である.本報告では,まず,計算遅延を考慮した離散時間シ... [more] CAS2023-73 MSS2023-43
pp.69-74
SDM 2023-11-10
11:20
東京 機械振興会館 5階 5S-2 会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]キャリアの捕獲・励起過程を導入した自己無撞着モンテカルロデバイスシミュレーション
橋本風渡鈴木刀真三成英樹中﨑暢也小町 潤ソニーセミコンダクタソリューションズ)・佐野伸行筑波大SDM2023-69
本研究では、不純物の離散性とトラップによるキャリア捕獲励起過程をモンテカルロデバイスシミュレーションに正しく導入し、n型... [more] SDM2023-69
pp.31-34
EE, WPT
(併催)
2023-10-05
13:50
大阪 大阪シティアカデミー さんくすホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]離散最適化手法に基づく走行中ワイヤレス給電の最適配置モデル ~ 広域および市街地における計算例 ~
本間裕大長谷川大輔畑 勝裕大口 敬東大WPT2023-20
近年,低炭素モビリティの実現に向けて電気自動車(EV)に注目が集まっている.EVが普及するためには電力供給するインフラ整... [more] WPT2023-20
pp.2-7
EA, ASJ-H
(共催)
2023-08-31
14:15
宮城 東北学院大学五橋キャンパス 音場伝達関数の簡易な測定と臨界距離の推定のための試験信号について
河原英紀和歌山大)・矢田部浩平東京農工大)・榊原健一北海道医療大)・水町光徳九工大)・北村達也甲南大EA2023-20
離散フーリエ変換の周期性と、オールパスフィルタに基づいて提案した広義の時間伸長パルスに基づく方法を検討している。ここでは... [more] EA2023-20
pp.14-17
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2023-07-24
14:00
北海道 北海道自治労会館 合成数を法とする離散対数問題に基づくID-NIKSの秘密計算による鍵生成法の提案
井上颯人三木美月村上恭通阪電通大ISEC2023-21 SITE2023-15 BioX2023-24 HWS2023-21 ICSS2023-18 EMM2023-21
1990 年,村上と笠原は合成数を法とする離散対数問題を利用した予備通信不要な ID 鍵共有方式(MK 方式)を提案した... [more] ISEC2023-21 SITE2023-15 BioX2023-24 HWS2023-21 ICSS2023-18 EMM2023-21
pp.45-51
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2023-07-24
18:20
北海道 北海道自治労会館 離散対数問題に対するShorアルゴリズムの実装と量子計算機シミュレータを用いた実験
岸 海斗山口純平伊豆哲也富士通研)・國廣 昇筑波大ISEC2023-32 SITE2023-26 BioX2023-35 HWS2023-32 ICSS2023-29 EMM2023-32
暗号分野でよく用いられる素体上の離散対数問題は古典計算機では解くための多項式時間アルゴリズムが見つかっていない.一方,量... [more] ISEC2023-32 SITE2023-26 BioX2023-35 HWS2023-32 ICSS2023-29 EMM2023-32
pp.119-126
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2023-07-07
10:10
北海道 小樽商科大学 3号館 102教室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
離散時間区分的線形システムにおける現在状態のオパシティとその検証
松前大河小林孝一山下 裕北大CAS2023-17 VLD2023-17 SIP2023-33 MSS2023-17
オパシティとはサイバー攻撃に対するセキュリティ概念の1つであり,離散事象システム(有限オートマトン)に対して頻繁に定式化... [more] CAS2023-17 VLD2023-17 SIP2023-33 MSS2023-17
pp.84-87
EA 2023-05-25
14:00
ONLINE オンライン開催 離散フーリエ変換に基づく音響計測における巡回畳み込みの副作用を軽減する重み関数について
河原英紀和歌山大)・矢田部浩平東京農工大)・水町光徳九工大)・榊原健一北海道医療大EA2023-1
音響測定や実時間の音響処理において、試験信号の周期性を利用した離散フーリエ変換(実装では高速フーリエ変換:FFT)が多用... [more] EA2023-1
pp.1-8
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
15:05
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]差分データ送信制御を用いた省電力空中計算方式に関する一検討
福田 剛三好誠司四方博之関西大SRW2022-32 SeMI2022-67 CNR2022-25
本稿では、WSNs (Wireless Sensor Networks) に使用されるデータ収集方式であるAirComp... [more] SRW2022-32 SeMI2022-67 CNR2022-25
pp.52-53(SRW), pp.68-69(SeMI), pp.37-38(CNR)
EA, ASJ-H
(共催)
2022-08-04
15:15
宮城 東北大通研
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ウェーブレット変換と深層学習を融合した音源分離
中村友彦東大EA2022-32
音源分離は,複数の音源信号が混合された観測音響信号から各音源信号を分離する技術である.深層ニューラルネットワーク(DNN... [more] EA2022-32
p.25
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-19
09:20
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Discrete Prolate Spheroidal Sequencesを用いた位相変調パルスレーダのための系列設計
實松 豊東工大SIP2022-2 BioX2022-2 IE2022-2 MI2022-2
本稿では,パルス方式のレーダーにおいて,アンビギュイティ関数の原点以外の関数値の絶対値ができるだけ小さくなるような信号の... [more] SIP2022-2 BioX2022-2 IE2022-2 MI2022-2
pp.7-12
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-19
11:20
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
離散フーリエ変換によるバイラテラルフィルタの近似高速化
石川加寿也角谷勇仁福嶋慶繁名工大)・杉本憲治郎Xiaomi)・鎌田清一郎早大SIP2022-7 BioX2022-7 IE2022-7 MI2022-7
コンプレッシブバイラテラルフィルタとは,定数時間バイラテラルフィルタの一つであり,フーリエ級数展開を利用してレンジカーネ... [more] SIP2022-7 BioX2022-7 IE2022-7 MI2022-7
pp.37-42
CAS, CS
(共催)
2022-03-04
10:05
ONLINE オンライン開催 超離散交通流モデルに対する渋滞抑制のための深層学習に基づく知的信号機制御
青木悠紀甲斐健也東京理科大CAS2021-88 CS2021-90
本研究では,超離散交通流モデルに対して深層学習に基づいて信号機を制御する新しい手法を提案する.特に,先行研究において得ら... [more] CAS2021-88 CS2021-90
pp.75-80
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-01
15:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
音楽およびさまざまな音響コンテンツを用いた音響システム計測用ツールの試作について
河原英紀和歌山大)・矢田部浩平早大)・榊原健一北海道医療大)・水町光徳九工大)・北村達也甲南大)・坂野秀樹名城大EA2021-77 SIP2021-104 SP2021-62
離散フーリエ変換の信号の周期性と成分の直交性を利用し、簡単な閾値処理と併用することにより、音楽をはじめとする一般の音響信... [more] EA2021-77 SIP2021-104 SP2021-62
pp.82-89
SS, MSS
(共催)
2022-01-11
13:15
長崎 長崎県建設総合会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
事象と状態の観測に基づく時間付き非決定離散事象システムの\双模倣制御
アウス ムヒーブ高井重昌阪大MSS2021-35 SS2021-22
本稿では,時間付き非決定離散事象システムとしてモデル化されたプラントと仕様に対するスーパバイザ制御問題を考える.まず,制... [more] MSS2021-35 SS2021-22
pp.23-28
ED, THz
(共催)
2021-12-20
16:00
宮城 東北大学・電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
共鳴トンネルダイオード発振器を用いたテラヘルツ波レーダーとイメージング
ドブロユ アドリアン鈴木左文浅田雅洋東工大ED2021-53
 [more] ED2021-53
pp.26-29
NLP 2021-12-17
14:55
大分 J:COM ホルトホール大分 数値微分を利用したPSOによる離散力学系の分岐点探索
川下貴士松下春奈香川大)・黒川弘章東京工科大)・高坂拓司中京大NLP2021-52
力学系において分岐現象を解析することは非常に重要であり,勾配情報と厳密な初期値設定が不要である粒子群最適化(PSO)によ... [more] NLP2021-52
pp.44-47
NLP 2021-12-17
15:20
大分 J:COM ホルトホール大分 改良型入れ子構造型粒子群最適化による分岐点導出法の2次元離散力学系への適用
平山鷹哉松下春奈香川大)・黒川弘章東京工科大)・高坂拓司中京大NLP2021-53
入れ子構造型粒子群最適化(NLPSO)による分岐点導出法には,探索範囲に周期の異なる様々な分岐点が混在する場合において,... [more] NLP2021-53
pp.48-51
MI, MICT
(共催) [詳細]
2021-11-05
14:25
ONLINE オンライン開催 ミリ波レーダを用いた心拍数推定において離散ウェーブレット変換と適応プレフィルタの周波数選択基準に関する基礎検討
佐藤駿佑胡 尭坤戸田 健日大MICT2021-38 MI2021-36
筆者等はこれまで,ミリ波レーダーを用いた心拍数推定において離散ウェーブレット変換とその前段に適応プレフィルタを用いること... [more] MICT2021-38 MI2021-36
pp.49-54
 145件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会