お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 95件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-29
12:00
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
主記憶帯域使用率向上のためのCGRAタンデム化
赤部知也中島康彦奈良先端大CPSY2022-16 DC2022-16
ARMプロセッサをホストとし,AXIインタフェースにより接続されるCGRA型アクセラレータIMAX2は,AXIトランザク... [more] CPSY2022-16 DC2022-16
pp.89-92
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
14:25
ONLINE オンライン開催 IMAX2を用いた高効率な疎行列-疎行列積の実装
船井遼太朗張 任遠中島康彦奈良先端大VLD2021-56 CPSY2021-25 RECONF2021-64
現在,科学技術分野のシミュレータや機械学習などの技術の発展により,爆発的な計算需要が予想されている.一方で日本は,二酸化... [more] VLD2021-56 CPSY2021-25 RECONF2021-64
pp.38-42
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-02
09:20
ONLINE オンライン開催 メムキャパシタを用いたスパイキングニューラルネットワークの開発 ~ シナプス強度とキャパシタンスの変換方式改善による認識精度のロス低減 ~
澤田篤志押尾怜穏木村 睦張 任遠中島康彦奈良先端大VLD2021-32 ICD2021-42 DC2021-38 RECONF2021-40
人工知能に関する研究が急速に発展しており、人工知能の動作に特化した、低消費電力を可能とするコンピュータの開発の必要性が高... [more] VLD2021-32 ICD2021-42 DC2021-38 RECONF2021-40
pp.87-92
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2021-07-21
14:30
ONLINE オンライン開催 シストリックアレイ向け確率的コンピューティングの予備評価
赤部知也中島康彦奈良先端大CPSY2021-9 DC2021-9
半導体の微細化が終焉と言われている中,演算の面積効率を向上させる他の手段が必要とされている.確率を用いた演算である確率的... [more] CPSY2021-9 DC2021-9
pp.49-52
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2021-07-21
16:15
ONLINE オンライン開催 メムキャパシタを用いたスパイキングニューラルネットワークの開発
澤田篤志押尾怜穏野村武司張 任遠木村 睦中島康彦奈良先端大CPSY2021-11 DC2021-11
近年、機械学習の高性能化に伴い消費電力の増加が問題となっている。ニューロモルフィックシステムのうち特にスパイキングニュー... [more] CPSY2021-11 DC2021-11
pp.59-63
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
12:55
ONLINE オンライン開催 IMAX2: GTHの8レーン化を契機とするIMAXの倍速化
中島康彦奈良先端大VLD2020-44 CPSY2020-27 RECONF2020-63
XILINX社製ZCU102をホストとし,AXI3インタフェースと3レーンのGTHによりデイジーチェイン接続されるシスト... [more] VLD2020-44 CPSY2020-27 RECONF2020-63
pp.31-34
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
13:20
ONLINE オンライン開催 シストリックリングアレイ(IMAX2)を用いた高効率誤差逆伝播の実装
稲益秀成中島康彦奈良先端大VLD2020-45 CPSY2020-28 RECONF2020-64
深層学習に多用されるGPUは膨大な主記憶帯域幅と電力を必要とする.低電力および高効率な演算基盤が求められている.本研究で... [more] VLD2020-45 CPSY2020-28 RECONF2020-64
pp.35-39
EID, SDM
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2020-12-02
12:10
ONLINE オンライン開催 IGZO薄膜シナプスを用いた脳型システム
大西祐輝柴山友輝山川大樹龍谷大)・池田裕哉中島康彦奈良先端大)・木村 睦龍谷大/奈良先端大EID2020-7 SDM2020-41
ニューラルネットワークは、将来のエレクトロニクス技術として積極的に研究されてきた。しかし、ノイマン型の算術処理法では大量... [more] EID2020-7 SDM2020-41
pp.25-28
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
15:50
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 動画認識フロントエンドを想定した特徴抽出専用ハードウェアの構想
中島康彦奈良先端大VLD2019-77 CPSY2019-75 RECONF2019-67
半導体微細化の限界を迎え,様々な物理現象をコンピューティングに利用する研究が盛んに行われている.しかし,画像を直接扱う研... [more] VLD2019-77 CPSY2019-75 RECONF2019-67
pp.147-150
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-26
15:20
北海道 北見市民会館 分散CNNにおける通信効率化のための圧縮技術の比較検討
新谷隆太中田 尚中島康彦奈良先端大CPSY2019-36 DC2019-36
ニューラルネットワークの推論処理に必要な計算量は大きいため、データ取得場所付近ではなく、データセンタに設置された潤沢な計... [more] CPSY2019-36 DC2019-36
pp.203-208
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-06-11
13:00
鹿児島 指宿温泉 休暇村 指宿 GPGPUを用いた変分混合ガウスモデルのパラメータ推定高速化
西本宏樹中田 尚中島康彦奈良先端大CPSY2019-1 DC2019-1
 [more] CPSY2019-1 DC2019-1
pp.1-5
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-06-12
09:00
鹿児島 指宿温泉 休暇村 指宿 CGLAにおける高速コンパイルとチューニングのためのアーキテクチャ支援
中島康彦奈良先端大CPSY2019-9 DC2019-9
半導体微細化による低電力化やコストダウンの恩恵がなくなった現在,ノイマン型計算基盤を補完する計算基盤としてCoarse ... [more] CPSY2019-9 DC2019-9
pp.71-76
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2019-03-18
10:15
鹿児島 西之表市民会館(種子島) 一対多のデータフローにおける共有CNNを用いたマルチタスク分割推論実行
平賀由利亜中田 尚中島康彦奈良先端大CPSY2018-113 DC2018-95
 [more] CPSY2018-113 DC2018-95
pp.241-246
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
13:00
広島 サテライトキャンパスひろしま [招待講演]AI専用ハードを横目に見ながらやるべきこと
中島康彦奈良先端大CPSY2018-37
これまで開発してきた,図形表示専用計算機、ベクトルVLIW融合型スパコン、計算再
利用、異種命令混在実行CPU、ディペ... [more]
CPSY2018-37
pp.3-8
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
13:50
広島 サテライトキャンパスひろしま 変分混合ガウスモデルアクセラレータ設計のための変分推論アルゴリズムの解析
西本宏樹中田 尚中島康彦奈良先端大VLD2018-62 DC2018-48
 [more] VLD2018-62 DC2018-48
pp.155-160
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
13:45
広島 サテライトキャンパスひろしま ユニット内フィードバックによるリニアアレイの多重ループ対応手法
岩本 淳菊谷雄真中島康彦奈良先端大CPSY2018-40
近年,計算機の演算性能向上によりDeep Learning等機械学習アルゴリズムの性能が大きく向上している.実社会での活... [more] CPSY2018-40
pp.33-38
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2018-06-14
14:30
山形 たかみや瑠璃倶楽リゾート(山形市蔵王温泉) ニアメモリ型アクセラレータIMAXのプロトタイプ実装と分析
菊谷雄真中島康彦奈良先端大CPSY2018-2 DC2018-2
半導体微細化の限界が近づきつつある昨今では,従来型の計算機では低消費電力化やコストダウンが難しくなっている.プログラマビ... [more] CPSY2018-2 DC2018-2
pp.35-40
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2018-06-15
09:40
山形 たかみや瑠璃倶楽リゾート(山形市蔵王温泉) セルラニューラルネットワークと酸化物半導体を用いた文字補正システムの開発と評価
山根弘樹木村 睦中島康彦奈良先端大CPSY2018-3 DC2018-3
脳の神経回路をモデルとしたニューラルネットワークは自己学習能力があり,文字認識や画像認識など様々な分野に用いられている.... [more] CPSY2018-3 DC2018-3
pp.87-91
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2018-06-15
10:00
山形 たかみや瑠璃倶楽リゾート(山形市蔵王温泉) 共有CNNを用いた高効率なマルチタスクニューラルネットワーク
平賀由利亜三谷剛正中田 尚中島康彦奈良先端大CPSY2018-4 DC2018-4
 [more] CPSY2018-4 DC2018-4
pp.93-98
RCS 2018-04-23
10:20
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ IEEE802.11ahにおけるRTS/CTSのパフォーマンスの調査
吉田怜矢トラン ティ ホン中島康彦奈良先端大RCS2018-3
IEEE802.11ah規格のIoT通信モジュールの低消費電力化を目標に,パケットの衝突を防ぐRTS/CTSが送受信時の... [more] RCS2018-3
pp.13-17
 95件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会