お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-29
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ミリ波帯電波に対する生体影響及び温熱知覚閾値評価のための空間合成型ばく露装置開発
尾﨑龍之介日景 隆北大)・増田 宏石竹達也久留米大
 [more]
EMCJ 2021-06-11
15:30
ONLINE オンライン開催 60 GHz帯における生体影響の熱知覚閾値評価のための空間合成型ばく露装置開発
尾﨑龍之介日景 隆北大)・増田 宏久留米大)・田口健治北見工大EMCJ2021-15
第5世代移動通信サービス,5GやBeyond-5Gの候補周波数帯となる60 GHz帯での生体反応の熱閾値に関する知見を取... [more] EMCJ2021-15
pp.23-27
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]第5世代移動通信システム候補周波数帯における生体反応閾値評価のための電波ばく露装置開発
榊原慶太日景 隆北大)・蔭山逸行増田 宏久留米大
第5世代通信システム(5G)やWiGig (IEEE 802.11ad)など,ミリ波帯電波の使用が拡大している.これに伴... [more]
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
15:05
北海道 帯広商工会議所 ラット皮質におけるGHz帯のマイクロ波局所ばく露に対する熱応答モデル
ゴメスタメス ホセ小寺紗千子平田晃正名工大)・増田 宏久留米大EMT2017-12 MW2017-37 OPE2017-17 EST2017-14 MWP2017-14
近年, 10GHz以上を利用する第5世代移動体通信の研究開発が進んでおり, 当該周波数帯の電磁界からの人間の健康への影響... [more] EMT2017-12 MW2017-37 OPE2017-17 EST2017-14 MWP2017-14
pp.37-40
EST 2016-09-09
09:10
沖縄 石垣市商工会館 10GHz帯におけるラット頭部局所ばく露の温度上昇解析
小寺紗千子森本涼太平田晃正名工大)・増田 宏久留米大)・有馬卓司東京農工大)・渡辺聡一NICTEST2016-47
国際電波防護ガイドラインでは,局所ばく露に関する評価指標として局所平均SAR(Specific Absorption R... [more] EST2016-47
pp.219-223
IMQ 2011-09-02
15:00
静岡 静岡大学 (浜松) 12方向オペレータを用いた方向適応型画像拡大処理
増田宏人相良直哉杉山賢二成蹊大IMQ2011-11
 [more] IMQ2011-11
pp.19-22
IMQ
(第二種研究会)
2011-03-18
15:50
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 8方向オペレータを用いた方向適応型画像拡大処理
増田宏人相良直哉杉山賢二成蹊大
画像のリサイズ(スケーリング)において、超解像と呼ばれる高解像度化に関する研究が盛んに行なわれている。フレーム内処理のひ... [more]
MW 2010-03-04
15:15
京都 龍谷大 1.5GHz帯マイクロ波曝露によるラット内温度上昇の不確定性
金井侑也平田晃正藤原 修名工大)・増田 宏ボルドー大)・河井寛記NICT)・有馬卓司NICT/東京農工大)・渡辺聡一NICTMW2009-193
マイクロ波曝露による人体への影響は,電力吸収により生ずる熱作用が支配的とされ,その評価量としては単位質量あたりの電力吸収... [more] MW2009-193
pp.83-88
EMCJ 2009-06-05
16:20
東京 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 1.5GHz帯マイクロ波曝露によるラット内温度上昇の解析
金井侑也平田晃正藤原 修名工大)・増田 宏ボルドー大)・河井寛記NICT)・有馬卓司NICT/東京農工大)・渡辺聡一NICTEMCJ2009-34
マイクロ波曝露による人体への影響は,電力吸収により生ずる熱作用が支配的とされ,その評価量としては単位質量あたりの電力吸収... [more] EMCJ2009-34
pp.69-74
CPM, LQE, OPE, EMD
(共催)
2007-08-23
15:35
北海道 北海道大学 基板間/チップ間高速光信号伝送のための光結合効率およびDMDの基礎評価
若園芳嗣鈴木 敦長尾太介石川隆朗樋野智之橋本陽一増田 宏鈴木修司田村充章鈴木貞一菊地克弥仲川 博青柳昌宏三川 孝産総研EMD2007-38 CPM2007-59 OPE2007-76 LQE2007-39
近年、電気信号伝送の高速化にともない、基板間や基板内での光信号伝送が検討されている。今回、筆者らは、光伝送特有の問題であ... [more] EMD2007-38 CPM2007-59 OPE2007-76 LQE2007-39
pp.49-54
CPM, LQE, OPE, EMD
(共催)
2007-08-24
11:45
北海道 北海道大学 高密度CWDM用モノリシック多波長VCSELの試作
鈴木貞一長尾太介若園芳嗣鈴木 敦石川隆朗増田 宏橋本陽一菊地克弥田村充章仲川 博青柳昌宏三川 孝産総研EMD2007-48 CPM2007-69 OPE2007-86 LQE2007-49
高密度光実装を目指し、左右で発振波長の異なるVCSELをGaAs基板上にモノリシックに作製した。発振波長はVCSELの位... [more] EMD2007-48 CPM2007-69 OPE2007-86 LQE2007-49
pp.101-106
AP, SAT
(併催)
2007-07-20
09:00
北海道 第一滝本館(登別) 非静止衛星を用いた陸上移動体からのKu帯画像データ通信システム
川上陽一井上誠也三菱電機)・市枝正博三菱電機特機システム)・増田宏禎三菱電機)・雨谷 純浜 真一NICTSAT2007-12
非静止衛星を用いた陸上移動体からのKu帯高速画像データ通信システムについて、無線通信規則(RR)の制限値に整合した非静止... [more] SAT2007-12
pp.1-6
OPE, LQE, CPM, EMD
(共催)
2005-08-26
09:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟、A21講義室(2階) [招待講演]高速情報通信装置用光バックプレーンの開発
茨木 修鈴木修司増田 宏斎藤和人木下雅夫岡田義邦青柳昌宏産総研)・佐々木純一NEC
 [more] EMD2005-46 CPM2005-74 OPE2005-54 LQE2005-34
pp.1-6
OPE, R, CPM
(共催)
2005-04-22
13:25
東京 機械振興会館 高密度光配線バックプレーン
斎藤和人増田 宏鈴木修司木下雅夫茨木 修青柳昌宏産総研)・佐々木純一NEC
ネットワークを支えるルータなど情報処理装置の高速高機能化に向けて、装置内信号伝送に光伝送技術を導入することが重要である。... [more] R2005-2 CPM2005-2 OPE2005-2
pp.7-10
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会