お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 83件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
13:35
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Study on data transfer characteristics of LACS for portable SIP4D
Babatunde OjetundeKazuma MatsusakaToshikazu SakanoATR)・Yasunori OwadaToshiaki KuriNICT)・Takeshi IsonoTadashi IseNIED
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
13:55
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ポータブルSIP4Dの実装
大和田泰伯久利敏明NICT)・伊勢 正磯野 猛NIED)・坂野寿和ATR
 [more]
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
16:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 生化学及び生物機構に着想を得た階層化情報ネットワークシステムの冗長構成手法
長谷川 剛東北大)・大和田泰伯徐 蘇鋼NICTCQ2021-107
 [more] CQ2021-107
pp.37-42
SeMI 2022-01-21
10:30
長野 野沢温泉スパリーナ コンベンションホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
災害対応IoT(Disaster Response IoT:DR-IoT)無線システムの検討
大和田泰伯NICT)・髙井峰生阪大)・梶田宗吾スペースタイムエンジニアリング)・井家上哲史明大)・石原 進加藤新良太静岡大)・山本 寛立命館大SeMI2021-79
 [more] SeMI2021-79
pp.109-113
IN 2022-01-18
15:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]レジリエントな情報通信技術と社会実装
大和田泰伯久利敏明井上真杉バボウ シェック サリュー ンバケNICTIN2021-30
 [more] IN2021-30
pp.32-37
SR 2021-01-26
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]自律分散協調機能を備えたレジリエントな情報通信システムの研究開発と社会実装
大和田泰伯天間克宏佐藤剛至久利敏明井上真杉NICTSR2020-58
 [more] SR2020-58
pp.67-72
SeMI 2021-01-21
13:40
ONLINE オンライン開催 コンテナ型VNFによる動的スライシング構成技術
大和田泰伯天間克宏佐藤剛至久利敏明井上真杉NICTSeMI2020-52
ネットワーク機能をハードウェアから切り離し,汎用ハードウェア上で実行できる仮想ネットワークNFV(Network Fun... [more] SeMI2020-52
pp.51-56
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(併催)
2020-06-18
13:25
ONLINE オンライン開催 分散サーバ間の移動体による非同期通信を用いた災害時情報共有システム
大和田泰伯NICT)・前野 誉スペースタイムエンジニアリング)・加藤新良太静岡大)・佐藤剛至天間克宏NICT)・髙井峰生阪大)・久利敏明NICT)・石原 進静岡大SeMI2020-2
大規模かつ多様な自然災害に対し,基礎自治体が的確に,かつ迅速に対応することが求められている.大規模災害時においては,非常... [more] SeMI2020-2
pp.7-12
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]FILSとDTNを用いた通信途絶領域内における災害保健医療情報伝達訓練
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明NICT)・前野 誉スペースタイムエンジニアリング)・加藤新良太石原 進静岡大)・高井峰生阪大
南海トラフ地震などの大規模災害時において,既存通信システムが障害等により途絶することが予測されている.このような状況下に... [more]
SR 2019-05-30
14:55
東京 東京ビッグサイト [依頼講演]プライベートLoRaを活用した緊急車両位置管理システムの実証実験
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明井上真杉NICTSR2019-6
 [more] SR2019-6
pp.37-41
ASN 2019-01-29
09:25
鹿児島 休暇村 指宿 自営LTEを用いた災害時緊急車両通信システムの実証実験
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明熊谷 博井上真杉NICTASN2018-86
 [more] ASN2018-86
pp.41-46
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
11:45
北海道 函館アリーナ LoRaによる車両位置情報共有システム
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明井上真杉NICTRCC2018-28 NS2018-40 RCS2018-85 SR2018-24 ASN2018-21
大規模災害時における災害時医療現場において,既存の携帯網などの通信インフラが途絶・輻輳等により利用できない状況を想定し,... [more] RCC2018-28 NS2018-40 RCS2018-85 SR2018-24 ASN2018-21
pp.19-24(RCC), pp.19-24(NS), pp.31-36(RCS), pp.19-24(SR), pp.31-36(ASN)
ICM 2018-07-05
14:30
青森 青森県観光物産館アスパム [招待講演]耐災害自営網システムの運用事例
大和田泰伯井上真杉佐藤剛至NICTICM2018-14
 [more] ICM2018-14
pp.19-24
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-05
14:30
栃木 鬼怒川温泉ホテル Inter mesh network用ID/ロケータ解決システムの構造評価
大西真晶東工大)・大和田泰伯NICT)・首藤一幸東工大SITE2017-67 IA2017-78
 [more] SITE2017-67 IA2017-78
pp.115-120
MoNA 2017-12-21
13:25
東京 お茶の水女子大学 災害避難所におけるインターネット接続途絶時の情報共有手段の一検討
田中有彩お茶の水女子大)・前野 誉スペースタイムエンジニアリング)・高井峰生カリフォルニア大ロサンゼルス校/阪大)・大和田泰伯NICT)・小口正人お茶の水女子大MoNA2017-34
災害時には,インターネットが遮断されてしまう恐れがある.そのような状況下でどのようにして情報共有するかについて検討してい... [more] MoNA2017-34
pp.37-40
ASN
(第二種研究会)
2017-11-30
14:10
海外 Eastparc Hotel(ジョグジャカルタ) ASEAN地域における耐災害ネットワークを用いた共同プロジェクトの紹介
大和田泰伯佐藤剛至井上真杉NICT
(事前公開アブストラクト)  [more]
IA 2017-10-13
16:05
東京 東京大学 福武ホール Inter mesh network:無線メッシュ網間相互接続による広域網の検討
大西真晶東工大)・大和田泰伯NICT)・首藤一幸東工大IA2017-21
防災無線メッシュ網とその情報システムはインターネットと独立して動作できるべきである.また,同様に独立して動作するように設... [more] IA2017-21
pp.13-18
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-11
11:20
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 津波避難シミュレーションを用いた追従性心理の検証
玉井拓之山﨑達也新潟大)・大和田泰伯佐藤剛至NICTICTSSL2017-34
地域ごとの防災対策を検討する上では,避難訓練などを通じて実際の災害時の行動を模擬することが有効である一方,都市部における... [more] ICTSSL2017-34
pp.29-34
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
09:40
北海道 北海道大学 組込みPCを用いたIoT向けNerveNetの試作
大和田泰伯井上真杉天間克宏佐藤剛至NICTASN2017-25
 [more] ASN2017-25
pp.71-75
ICTSSL 2017-03-03
10:20
新潟 新潟大学 地域防災対策のためのエージェント属性を導入した都市避難シミュレーションの構築
玉井拓之山﨑達也新潟大)・大和田泰伯服部聖彦NICTICTSSL2016-78
地域防災対策を促進するツールとして,避難シミュレーションが注目されている.避難シミュレーションでは避難者を自律的なエージ... [more] ICTSSL2016-78
pp.43-48
 83件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会