お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-29
13:25
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
確率的オートマトンとn-gramに基づくRNNに対するバグ限局
石本優太近藤将成鵜林尚靖亀井靖高九大SS2022-10 KBSE2022-20
近年深層学習モデルは自動運転や医療画像解析などの様々な分野で適用されている.深層学習モデルが誤動作すると,重大な事故が発... [more] SS2022-10 KBSE2022-20
pp.55-60
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-30
10:55
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子プログラミングにおけるSelf-Admitted Technical Debtの初期調査
長濱吉慧近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大SS2022-19 KBSE2022-29
 [more] SS2022-19 KBSE2022-29
pp.109-114
SS 2022-03-07
16:45
ONLINE オンライン開催 トレースログを用いたバグ予測の性能評価
森田一成柏 祐太郎中村 司山本大貴近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大SS2021-53
ソフトウェア開発において早い段階でバグを検出するために,ソフトウェアに加えた変更にバグが含まれるか否かを予測する技術が広... [more] SS2021-53
pp.66-71
SS 2022-03-07
17:35
ONLINE オンライン開催 GitHubにおけるバグ報告等の動画および画像の活用実態に関する調査
蔵元宏樹石本優太新堂 風近藤将成柏 祐太郎亀井靖高鵜林尚靖九大SS2021-55
バグ報告レポートは,製品のバグ情報を受け取るための,開発者とユーザーとの間の極めて重要なインターフェースである.
しか... [more]
SS2021-55
pp.78-83
SS 2022-03-08
13:10
ONLINE オンライン開催 プログラミング初学者の編集履歴を考慮した自動プログラム修正手法の評価
松尾春紀近藤将成亀井靖高谷口雄太鵜林尚靖九大SS2021-62
自動プログラム修正 (以下,APR) はプログラム内のエラーを人の手を用いずにコンピュータが自動的に 修正する手法で,特... [more] SS2021-62
pp.121-126
SS, MSS
(共催)
2022-01-12
14:05
長崎 長崎県建設総合会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Add Parameterリファクタリングにおけるメソッド実引数の自動推定
清水一輝柏 祐太郎近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大MSS2021-54 SS2021-41
リファクタリングはソフトウェア品質を向上させるために広く実施されている.しかし,いくつかのリファクタリングはプログラムを... [more] MSS2021-54 SS2021-41
pp.130-135
SS 2021-03-03
13:50
ONLINE オンライン開催 自動生成されたテストケースが自動バグ修正の結果に与える影響の分析
松田雄河山手響介亀井靖高鵜林尚靖九大SS2020-32
ソフトウェア開発においてデバッグにかかるコストを削減するために,自動バグ修正に関する研究が盛んに行われている... [more] SS2020-32
pp.25-30
SS 2021-03-03
15:00
ONLINE オンライン開催 修正履歴を用いた機械翻訳技術による自動バグ修正の性能評価
秋山楽登中村 司亀井靖高鵜林尚靖九大SS2020-34
自動バグ修正手法の一つであるDeepFixは文法エラーを対象としている.
エラーのないプログラムにエラーを埋め込み,エ... [more]
SS2020-34
pp.37-42
SS 2021-03-03
16:15
ONLINE オンライン開催 プログラミング教育支援に向けた深層学習を用いた類似問題検索
山本大貴松尾春紀沖野健太郎亀井靖高鵜林尚靖九大SS2020-36
近年,プログラミング教育の需要が高まっており,プログラミングを扱う授業が増加している.一方で,限られた授業時間内で十分な... [more] SS2020-36
pp.49-54
SS 2021-03-04
14:15
ONLINE オンライン開催 Jupyter Notebookのための実行ログを用いた再現性支援ツールの提案
松原直利松井 健鵜林尚靖亀井靖高九大SS2020-43
Jupyter Notebookはプログラムや説明の文章,実行結果などをまとめて管理できるツールで,様々な分野で利用され... [more] SS2020-43
pp.90-95
SS 2020-03-04
13:25
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
OSSプロジェクトにおけるREADME.mdファイルの作成の支援
清水一輝亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大SS2019-42
GitHub といったホスティングサービスで公開されている OSS 開発プロジェクトにおいて,README.md ファイ... [more] SS2019-42
pp.7-12
SS 2020-03-04
15:40
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
文法エラーに対する自動バグ修正ツールの性能評価
松尾春紀池田 翔亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大SS2019-47
近年,様々な自動バグ修正ツールが開発されている.その中でも,プログラムの文法エラーを修正する DeepFix は深層学習... [more] SS2019-47
pp.37-42
SS 2019-03-05
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター 関数型プログラムの条件式のための反例を用いた自動修正
松井 健佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2018-80
ソフトウェア開発において,手動によるバグ修正には多くの手間と時間がかかる.開発者の負担を減らすため自動バグ修正の研究が行... [more] SS2018-80
pp.169-174
SS 2019-03-05
17:15
沖縄 沖縄産業支援センター 企業内ソースコードに対する自動バグ修正技術適用の試み
池田 翔中野大扉亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大)・吉武 浩矢川博文富士通九州ネットワークテクノロジーズSS2018-84
バグ修正の時間削減による生産性の向上を目的として,自動バグ修正の研究は盛んに行われている.
自動バグ修正は自動でバグ修... [more]
SS2018-84
pp.193-198
SS 2018-03-07
12:30
沖縄 南大東島 関数型言語における停止性検証のためのランキング関数の回帰推定
村本大起佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2017-75
 [more] SS2017-75
pp.63-68
SS 2017-03-10
14:20
沖縄 てんぶす那覇 OSSプロジェクトにおける不確かさに関する実証分析 ~ なぜ不確かさは生まれ、いつ解消されるのか? ~
村岡北斗深町拓也山下一寛鵜林尚靖亀井靖高九大SS2016-82
ソフトウェア開発において「不確かさ」をマネジメントする開発を行うことは重要である.そのためには,実際に不確かさがどのよう... [more] SS2016-82
pp.133-138
SS 2016-03-10
16:30
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 クラウド知識に基づいたプログラミング支援環境CodeConcierge
高橋裕太深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大SS2015-90
ソフトウェア開発において,コーディングに関するクラウド知識(Crowd Knowledge)を利用する機会は往々にしてあ... [more] SS2015-90
pp.85-90
SS 2016-03-11
10:25
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 Stack Overflowを用いたデバッグの有用性に関する実証分析
荻原由輝深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大SS2015-94
Stack OverflowなどのQ&Aサイトにはプログラミング技術に関するデータが数多く蓄積されており,これらをデバッ... [more] SS2015-94
pp.109-114
KBSE 2016-03-03
15:20
大分 由布市湯布院公民館 [招待講演]不確かさを抱擁するモデル駆動開発
鵜林尚靖九大KBSE2015-56
ソフトウェア工学において,不確かさを抱擁したソフトウェア開発は重要な研究課題の一つである.Garlanは,伝統的なソフト... [more] KBSE2015-56
p.49
KBSE 2016-03-03
17:00
大分 由布市湯布院公民館 Gitを用いた不確かさのマネジメント
深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大KBSE2015-57
 [more] KBSE2015-57
pp.51-56
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会