お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 503件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
18:30
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線センサネットワークにおけるtop-kクエリのためのマルチホップウェイクアップ制御に関する一検討
村上拓矢白石順哉四方博之関西大RCS2022-113
本稿ではウェイクアップ受信機を適用したオンデマンド型WSN(Wireless Sensor Network)におけるデー... [more] RCS2022-113
pp.90-95
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-27
15:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]B5G無線通信のための新たなMAC設計と最適化の研究
リム勇仁北陸先端大WBS2022-16 RCC2022-16 SAT2022-16 MICT2022-16
社会の発展と技術の進歩に伴い,人々は無線データ伝送に対して期待が高まってきている.無線周波数スペクトルが非常に限られてお... [more] WBS2022-16 RCC2022-16 SAT2022-16 MICT2022-16
pp.75-80
NS, IN
(併催)
2022-03-11
11:00
ONLINE オンライン開催 持続可能なリアルタイム情報共有モーバイルネットワーク
田中 晶東京高専)・丸山 充神奈川工科大)・漆谷重雄NII)・辻井利昭阪府大NS2021-147
筆者らはこれまでに,身近な端末や機器から構成される多数のマルチホップネットワークを用い,リアルタイムな情報共有システムを... [more] NS2021-147
pp.146-151
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
15:40
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 無線マルチホップ環境における同期範囲を考慮したSP-MACに基づくメディアアクセス制御
中村一貴小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大CQ2021-132
近年,無線マルチホップ通信を用いた緊急災害時の情報収集のためのアプリケーションの開発が行われている.
しかし,無線マル... [more]
CQ2021-132
pp.170-175
ICM 2022-03-04
16:25
ONLINE オンライン開催 トレイルラン大会運営を支援する走者追跡システム
深江 涼木下和彦徳島大)・船田悟史三好健文イーツリーズ・ジャパンICM2021-59
近年,地方の過疎化・高齢化が問題となり,各自治体の「町おこし」としてトレイルランが注目されている.しかしコース設営や誘導... [more] ICM2021-59
pp.90-95
SRW 2022-01-17
10:10
ONLINE オンライン開催 Wi-SUN FAN ネットワークにおける上りリンク用環境適応送信電力制御法
石橋直樹平川 怜水谷圭一原田博司京大SRW2021-55
近年,センサやメータなどが搭載された機器を無線通信によってインターネットに接続し,大規模なデータ利用を可能とする Int... [more] SRW2021-55
pp.13-18
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
10:35
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CRC付きPolar符号に基づく暗号化後圧縮を用いた高効率マルチホップ伝送法
谷津崚太石橋功至電通大)・遠藤秀樹土屋創太東京ガスRCS2021-175
マルチホップ伝送の高効率化の手法の一つとして,中継端末において複数のパケットをまとめて圧縮し,伝送時間を短縮する手法が提... [more] RCS2021-175
pp.1-6
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
11:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
D2D通信におけるCOREの性能評価
出原佑弥梅原大祐京都工繊大
D2D (Device-to-Device)通信は基地局を介さずに端末間で直接通信を行う技術であり,エネルギー効率や通信... [more]
WBS, RCC
(共催)
SAT, MICT
(併催) [詳細]
2021-05-21
11:35
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 目視外ドローン運航のための169MHz帯マルチホップコマンド・テレメトリ通信実験
三浦 龍加川敏規小野文枝松田隆志単 麟松村 武NICTWBS2021-17 RCC2021-17 SAT2021-15 MICT2021-13
ドローンやロボットなどの無人移動体とその遠隔操縦者との間の通信を安定に確保するため,総務省は2016年に5.7 GHz帯... [more] WBS2021-17 RCC2021-17 SAT2021-15 MICT2021-13
pp.89-94(WBS), pp.89-94(RCC), pp.77-82(SAT), pp.67-72(MICT)
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:50
ONLINE オンライン開催 自律拡張共有メモリによるリアルタイム情報ネットワーク ~ 防災への応用を目指して ~
田中 晶東京高専)・丸山 充神奈川工科大)・漆谷重雄NIINS2020-173
広く普及している小型ボードコンピュータやマイコン,さらには,近年特に異種デバイスの混在環境のコアとしても注目されている再... [more] NS2020-173
pp.299-304
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
17:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]ミリ波マルチホップアナログ中継シングルユーザMIMOに関する検討
米田拓海阪口 啓東工大)・岩渕匡史村上友規NTTSRW2020-83
ミリ波通信は超高速大容量・超低遅延の無線通信を実現するためのキーテクノロジーであり,ミリ波を活用したセルラネットワークや... [more] SRW2020-83
pp.110-115
CQ, CBE
(併催)
2021-01-22
11:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Wi-SUNデバイス搭載モビリティを活用した地域IoTサービス基盤
中内清秀NICTCQ2020-95
スマートメータ向け用途で全国規模で普及している,免許不要のサブGHz帯IoT無線通信規格 Wi-SUN に準拠した無線I... [more] CQ2020-95
p.128
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
11:45
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]海底光無線通信技術と新たなネットワークへの展開
小玉崇宏香川大)・井上文彰阪大)・木村共孝同志社大AP2020-87 RCS2020-126
大容量通信に優れた水中光無線通信の研究開発は,今後のIoT技術による海底探査技術や海底観測技術の飛躍的な発展のために重要... [more] AP2020-87 RCS2020-126
pp.78-82(AP), pp.93-97(RCS)
IA 2020-11-09
16:42
北海道 札幌 and オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
RBCP:WSNにおけるマルチパスに対応した高速画像収集プロトコル
嶋田恵大森 康祐寺岡文男慶大IA2020-23
近年 IoT 機器の増大に伴い,無線通信可能なバッテリ駆動のセンサデバイスのみで構成されるワイヤレスセンサネットワーク ... [more] IA2020-23
pp.33-40
RCS 2020-10-23
10:50
ONLINE オンライン開催 長距離UAVマルチホップネットワークにおけるスロット再利用による高効率TDMAスケジューリング
宮川昂大眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大RCS2020-104
UAVと無線基地局(Base Station, BS)間が100kmを超える長距離UAVネットワークでは,通信局間におけ... [more] RCS2020-104
pp.63-68
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:10
ONLINE オンライン開催 無線マルチホップネットワークにおける機械学習を用いたルーティング手法
田中優希鈴木裕幸小山明夫山形大NS2020-50
無線ネットワークの利用エリアを拡張する試みとして,無線マルチホップネットワークの研究が以前より盛んに行われている.無線マ... [more] NS2020-50
pp.51-56
CQ, CS
(併催)
2020-06-26
14:50
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]海底光無線アクセス/基幹ネットワークの初期検討
小玉崇宏香川大)・井上文彰阪大)・木村共孝同志社大CS2020-13 CQ2020-20
海底光無線ネットワークは,水中移動探査機,水中レーダ,水中センサなどの海底探査技術の開発で重要となる.そこで,複数の水中... [more] CS2020-13 CQ2020-20
pp.53-58(CS), pp.97-102(CQ)
SR 2020-06-05
14:00
ONLINE オンライン開催 異種無線IoTシステムのためのDual-CTS手法:マルチホップ通信のスループット評価
高山彰悟小野謙人亀田 卓末松憲治東北大SR2020-6
IoT (Internet of Things)システムの無線化が進展することで,多数のセンサを広範囲に配置するワイヤレ... [more] SR2020-6
pp.39-44
NS, IN
(併催)
2020-03-05
09:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
キャプチャ効果を考慮した無線LANマルチホップ環境における結合振動子の同期現象に基づくメディアアクセス制御SP-MACのスループット特性評価
中村一貴三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-78
無線LAN環境において,データフレームの衝突を回避することで合計スループットの向上を目指した,結合振動子の同期現象に基づ... [more] IN2019-78
pp.13-18
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
マルチレート伝送を考慮したアドホックネットワーク環境における伝送レート利用率とスループットの特性評価
遠藤丈瑠三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-79
災害時の通信手段として, 基地局を介さずに多数の端末によるマルチホップ通信を用いたアドホックネットワークが注目されている... [more] IN2019-79
pp.19-24
 503件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会