お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2024-01-23
13:00
鹿児島 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Knowledge Management Systemに対する問い合わせ内容の分析
猿渡卓也田村賢之立見博史NTTDGKBSE2023-51
特定分野の有識者を見つけることは,Knowledge Management System の重要な利用目的の一つである.... [more] KBSE2023-51
pp.1-6
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-10
15:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]映像と無線の品質変動を考慮した低遅延アプリケーションのためのMBR制御手法の一検討
阿久津信朗進藤卓也伊藤暢彦日本工大
本研究の目的はモバイル網を活用した低遅延アプリケーションのための,映像品質の変動と無線品質の変動を考慮した通信資源割当手... [more]
SANE 2023-01-20
15:25
東京 電子航法研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別講演]航空交通データの一般への提供と活用促進の取り組み
岡 恵中村陽一福田 豊電子航法研)・成岡 毅NTTデータSANE2022-98
安全で効率的な将来の航空交通システムの構築のために長期ビジョン(CARATS : Collaborative Actio... [more] SANE2022-98
p.51
MBE, MICT
(共催)
IEE-MBE
(連催) [詳細]
2023-01-17
10:40
佐賀 佐賀県教育会館第一会議室 今後の病院ネットワークに発生しうる課題
花田英輔佐賀大)・工藤孝人大分大MICT2022-46 MBE2022-46
病院情報システム(Hospital Information System, HIS)はほぼすべての大規模病院で導入されて... [more] MICT2022-46 MBE2022-46
pp.17-21
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
健康経営支援のための高速道路SA従業員の心身状態常時モニタリング
佐藤章博小木曽里樹一刈良介沓澤 岳小林吉之産総研)・新村 猛産総研/立命館大/がんこフードサービス)・野中朋美立命館大)・蔵田武志産総研
近年,健康経営支援サービスの市場規模が拡大する中で,時空間的制約を解消するための遠隔ヘルスケアへの期待が高まっている.本... [more]
KBSE 2020-09-18
13:30
ONLINE オンライン開催 機械学習応用システムの深化パターンと課題体系
奥田 聡北陸先端大)・石谷規彦ウェザーニューズ)・森 俊樹根本 学北陸先端大)・西村一彦ボイスリサーチ)・内平直志北陸先端大KBSE2020-4
昨今企業内で機械学習応用システムの開発が急速に増加し,従来のITシステム開発になかった新たな課題が発生している.人間が関... [more] KBSE2020-4
pp.19-24
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
13:00
沖縄 琉球大学医学部 情報系学科における公式Webサイトの運用ならびにUX改善に関する取り組み
田場典智長田智和谷口祐治琉球大HIP2019-77
琉球大学知能情報コースが公開している公式Webサイトは,有志の学生と教員で構成されたシステム管理チームと呼ばれる組織を中... [more] HIP2019-77
pp.1-5
ICM 2019-07-11
15:55
北海道 旭川市国際会議場 複数アプリケーションに対する品質最適化のための品質制御モデル作成方式の提案
丹治直幸中村瑞人高田 篤関 登志彦山越恭子NTTICM2019-11
ネットワークサービス提供者は高品質なサービスを提供し続けるために,サービス状況の監視や解析・復旧を行うサービス保守業務を... [more] ICM2019-11
pp.31-36
ICM 2019-03-08
15:20
沖縄 久米島イーフ情報プラザ サービス保守業務におけるBig data管理基盤に求められる機能に関する考察
高田 篤丹治直幸関 登志彦山越恭子NTTICM2018-69
通信事業者は,高品質なネットワークサービスを提供し続けるために,提供中サービスの異常の有無を監視し,必要に応じて解析・復... [more] ICM2018-69
pp.111-116
SWIM 2019-02-22
15:20
東京 機械振興会館 人工知能プロジェクトマネジメントに関する考察
御代川知加大村田 穣新エネルギー・産技総合開発機構SWIM2018-25
経済産業行政の一翼を担う国立研究開発法人であるNEDOは、これまでに、新エネルギー、省エネルギー、半導体開発などハードウ... [more] SWIM2018-25
pp.25-29
ET 2018-03-03
13:10
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) 大学研究室における研究活動の多様性を考慮した管理支援システムの開発
大浦拓馬佐藤克己森本康彦学芸大)・中山祐貴早大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2017-95
大学研究室における研究活動は研究室独自の活動方針(以下,研究室ルール)に基づいて,4つのタスク(研究活動の計画,計画通り... [more] ET2017-95
pp.35-40
ET 2018-03-03
12:50
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) 情報技術演習における演習状況可視化手法の提案
横山貴志信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大ET2017-109
本稿はプログラミングやデータベースなどの情報技術の習得を目指した演習形式の講義において,クラス全体の進捗状況を把握するこ... [more] ET2017-109
pp.119-124
SC 2017-06-02
15:00
福島 会津大学(UBIC 3D) [招待講演]災害時におけるビッグデータおよび情報の管理
宮崎敏明会津大SC2017-5
2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北地域に壊滅的な被害を与えた。我々は、それを通し、災害が発生した際、迅速... [more] SC2017-5
pp.21-26
ICM 2017-03-10
17:00
沖縄 平良港ターミナルビル(旧宮古島マリンターミナル) 順序変化を考慮した同一記述文特定手法に関する検討
渡邉 暁渡辺敬志郎川原亮一NTTICM2016-68
近年の大規模ネットワークにおける故障原因は多様化し,故障対応業務は困難になっている.
特に故障原因の特定は多くの知識と... [more]
ICM2016-68
pp.87-92
LOIS 2017-03-03
13:55
沖縄 大濱信泉記念館 危機対応におけるノウハウ抽出方法の提案
上江洲 愛爰川知宏小阪尚子NTT)・乾 健太郎山口健史東北大)・前田裕二NTTLOIS2016-95
企業や自治体などの組織が想定を超える危機に直面した時,事業継続のためには経営層や管理層の危機対応能力が重要になる.危機事... [more] LOIS2016-95
pp.183-188
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
13:25
東京 機械振興会館 プロジェクトマネジメントの観点に基づく災害対応業務配分検証システムの開発
菅原飛夢新潟大)・井ノ口宗成静岡大)・中野敬介新潟大CAS2016-106 ICTSSL2016-60
近年,日本は多くの自然災害を経験しながらも,災害対応の経験知は十分に継承されておらず,実際の災害時に効果的に機能する災害... [more] CAS2016-106 ICTSSL2016-60
pp.139-143
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCOASTER
(連催) [詳細]
2016-05-18
11:15
沖縄 沖縄産業支援センター 日本人母語話者との初対面インタラクションにおける中国人非母語話者の会話方略
廖 振王 ヒョウセイ湖南大)・正田 悠阪田真己子同志社大HCS2016-4 HIP2016-4
非母語話者が母語話者と会話する場面を接触場面と呼ぶ.接触場面では会話者間の言語的規範や文化規範にしばしばずれ(逸脱)が生... [more] HCS2016-4 HIP2016-4
pp.17-22
SR, RCC, MICT, RCS, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2016-05-16
- 2016-05-17
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [技術展示]Quality-Driven Mobility Management for Enhanced User Experience
Esa PiriJarmo ProkkolaVTT
Today, mobility management uses signal-strength-based analys... [more]
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-02
11:40
東京 東京工業大学 大都市モデルを想定したマルチドメイン無線リソース制御の検討
岸田 朗小泉大輔森広芳文浅井孝浩NTTドコモRCS2015-339
5G無線アクセスネットワークでは,カバレッジとモビリティを確保可能な従来のマクロセルに超高速,大容量伝送を実現するキャパ... [more] RCS2015-339
pp.37-42
IA 2015-11-12
09:00
千葉 成田ビューホテル ICT utilization for disaster management
Shoko MiyagawaKeio Univ.IA2015-37
本論文では、災害時に支援団体がその業務に伴う意思決定を効果的効率的に行うためのICTの活用方法と課題について検討する。著... [more] IA2015-37
pp.1-4
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会