お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 454件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-15
16:00
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ブロックチェーンネットワークにおけるPlumtree適用のシミュレーション評価
北川雄介工学院大)・首藤一幸東工大)・水野 修坂野遼平工学院大IA2022-19
ブロックチェーンでは,多数のノードがランダムに相互接続し, Peer-to-Peer ネットワークを形成しており, 各ノ... [more] IA2022-19
pp.26-31
IN, CCS
(併催)
2022-08-04
15:50
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ブロックチェーン技術を活用した情報流通基盤
山下真一NTTデータIN2022-17
暗号通貨の流通によって注目されたブロックチェーン技術はその特徴を生かしエンタープライズ途で利用されつつある。ブロックチェ... [more] IN2022-17
pp.12-14
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-16
11:15
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
効率性と公平性の両観点を最適化するP2P型エネルギーシステムモデル
草竹英一篠宮紀彦創価大CAS2022-4 VLD2022-4 SIP2022-35 MSS2022-4
現在、環境に配慮したエネルギー活用のために、多くの国で分散型エネルギーシステムが利用されている。
電力事業者との直接取... [more]
CAS2022-4 VLD2022-4 SIP2022-35 MSS2022-4
pp.17-21
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-19
11:15
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
端末の移動性と端末間距離を考慮した位置依存形P2Pネットワーク構築手法
礒田知来三好 匠山崎 託シルバーストン トーマス芝浦工大ICM2022-4
近年,多くのモバイル機器にGPS(Global positioning system)が搭載され,位置情報サービス(LB... [more] ICM2022-4
pp.16-19
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:20
ONLINE オンライン開催 分岐あり2段リンクにおける準最適HBHファイル配送スケジューリング
片岡秀斗北口善明山岡克式東工大IN2021-34
HBHファイル配送システムにおいて,最下層が複数ノードへ分岐する分流型モデルに対し,分岐なし2段リンクの既存準最適アルゴ... [more] IN2021-34
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2022-03-11
15:10
ONLINE オンライン開催 任意数の階層構造をもつSkip Graphのホップ数削減のための構造最適化
藤田悠生藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2021-159
IoTデバイスの増加に伴い,デバイス同士が自律分散的にネットワークを構築・維持するP2P型IoTプラットフォームが注目さ... [more] NS2021-159
pp.218-223
NS, IN
(併催)
2022-03-11
16:10
ONLINE オンライン開催 P2Pネットワークを用いたデジタル商品販売システムのためのデータ配布方式
菅野竜司見越大樹日大NS2021-162
近年,オンライン上でのデジタル商品販売が盛んになっているが,一般的に企業への委託販売が主流となっている.これは,事前準備... [more] NS2021-162
pp.236-240
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-07
14:40
ONLINE オンライン開催 P2Pシステムにおける効率的なハッシュ木構築
石原壮真・○双紙正和広島市大ICSS2021-63
ビットコインなどに使われているP2Pシステムが近年注目を集めている.P2Pシステムはデータを分散管理することで負荷が軽減... [more] ICSS2021-63
pp.26-31
IN, IA
(併催)
2021-12-17
10:15
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
P2P通信を用いた対戦格闘ゲームのロールバックネットワーキングの改善
松竹悟志稲井 寛荒井 剛若林秀昭岡山県立大IN2021-21
近年の対戦格闘ゲームは世界中で遊ばれており、インターネットを用いることによってさまざまな国の人との対戦を楽しむこともでき... [more] IN2021-21
pp.17-21
IA, ICSS
(共催)
2021-06-21
15:50
ONLINE オンライン開催 ブロックチェーンネットワークにおけるPlumtreeアルゴリズムの適用検証
北川雄介工学院大)・首藤一幸東工大)・水野 修坂野遼平工学院大IA2021-7 ICSS2021-7
暗号通貨を支える技術としてブロックチェーンが注目を集めている.ブロックチェーンは取引などを記録 するための台帳をネットワ... [more] IA2021-7 ICSS2021-7
pp.39-42
ICM 2021-03-19
10:15
ONLINE オンライン開催 位置依存形P2Pプラットフォームにおける車両向け統合サービス実現手法とその評価
杉山 健三好 匠山崎 託シルバーストン トーマス芝浦工大ICM2020-68
近年,ユーザの位置情報に基づいて適したサービスを提供するLBS(Location-based service)が広く普及... [more] ICM2020-68
pp.48-51
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:30
ONLINE オンライン開催 P2P型MMORPGにおけるk-means++を用いた負荷の軽減
神戸 怜宮田純子芝浦工大IN2020-59
P2P 型MMORPG ではゲーム空間を複数の領域に分割し,ノードを各部分領域に設置し管理させることでゲームを進行する.... [more] IN2020-59
pp.31-36
IN, NS
(併催)
2021-03-05
11:40
ONLINE オンライン開催 P2P型コンテンツ配信とネットワーク構造変化が及ぼすIPトラフィックへの影響
前田 塁原山美知子岐阜大IN2020-85
2010年以降,コンテンツの充実,ネットワークの高品質化,クラウドの普及に伴い,ネットワークの規模とトラフィックは増加の... [more] IN2020-85
pp.184-189
IN, NS
(併催)
2021-03-05
11:00
ONLINE オンライン開催 BitTorrentにおける近傍ピアで形成された協同グループのための効率的なピース取得法
林 優輔藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2020-148
イベント会場におけるコンテンツ配布等, 特定スポットにおいて個人端末間でファイルを共有する機会が増大している.今後は,A... [more] NS2020-148
pp.149-154
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
10:25
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) ビットコイン利用者の特定・追跡の仕組みに関する考察
才所敏明IT企画)・辻井重男中大)・櫻井幸一九大/ATRICSS2020-44
暗号資産の強い匿名性によるマネーロンダリングや不正・不法な取引の決済への利用が急増しつつあり,暗号資産の悪用を防ぐ対策が... [more] ICSS2020-44
pp.108-113
IA 2021-01-29
14:25
ONLINE オンライン開催 Skip Graphにおける迂回経路を活用した範囲検索クエリルーティング手法
三木友弥金子孟司東工大)・坂野遼平東工大/工学院大)・首藤一幸東工大IA2020-33
ノード群による自律分散的なネットワークを構築し,効率的なルーティングを実現するための技術として構造化オーバーレイが知られ... [more] IA2020-33
pp.15-20
NS 2020-05-14
15:10
ONLINE オンライン開催 空間的自己相関をもつデータの検索に適した異種Skip Graphの連携によるクエリ転送法
藤田悠生藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2020-9
IoTデバイスの増加に伴い,デバイス同士が自律分散的にネットワークを構築・維持するP2P型IoTプラットフォームが注目さ... [more] NS2020-9
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
Tit-for-Tat 型 P2P ファイル配信における線形計画法に基づく最小配信時間の分析
西 洋平笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2019-201
ソフトウェアの更新など,定期的な配信を要するファイル配信システムでは,配信直後に配信サーバへの 負荷が集中する傾... [more] NS2019-201
pp.141-146
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
HBH最適ファイル配送スケジューリング2リンク拡張の適用領域検討
湯田 孟北口善明東工大)・菅原真司千葉工大)・山岡克式東工大IN2019-122
HBHファイル配送スケジューリング2リンクモデル拡張として,延べ待機時間を無視した$I_{min}$,および延べ待機時間... [more] IN2019-122
pp.261-266
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
サーバ機能を一時的に代替するStandby P2Pのためのネットワーククラスタ化による応答時間改善
金澤 清高見一正創価大IN2019-138
サーバとクライアントでデータを同期するアプリケーションに対し,一時的にP2Pネットワークがサーバ機能を代替することで,シ... [more] IN2019-138
pp.357-362
 454件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会