お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1878件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2024-06-20
09:30
沖縄 平良港フェリーターミナル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Novel Cross-Subject Transfer Learning Approach for CSI-Based Wireless Sensing with Network Freezing
He ZhengranMondher BouaziziTomoaki OhtsukiKeio Univ.
 [more]
ED, SDM, CPM
(共催)
2024-05-24
16:15
北海道 北海道大学クラーク会館(札幌キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マイクロ波電力伝送用ワイドバンドギャップ半導体SBDの特性解析
大野泰夫伊藤弘子平岡知己レーザーシステム)・東脇正高阪公立大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MW 2024-05-17
10:25
大阪 大阪大学 豊中キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
地中に埋設した920MHz帯ループアンテナの放射特性
両角典弥島崎仁司京都工繊大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMCJ 2024-04-26
14:35
岡山 岡山大学(岡山市) 3導体伝送系における連続的な平衡度変化によるモード変換の電磁/回路連成解析
河野一斗岡山大)・金尾 奨石川高専)・五百旗頭健吾豊田啓孝岡山大EMCJ2024-1
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EMCJ2024-1
pp.1-6
NS 2024-04-12
11:25
岡山 岡山県立図書館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Implementation and Preliminary Evaluation of an FPGA-based Network Switch Supporting Credit-based Shaper for Time Sensitive Networks
Akram Ben AhmedTakahiro HirofuchiTakaaki FukaiAISTNS2024-11
Time Sensitive Networking (TSN) is a set of novel open stand... [more] NS2024-11
pp.47-52
ICM 2024-03-22
16:30
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
資源制御機能と連携する拡張型自律運用技術に基づく安定で柔軟なサービス提供機構の実証
村松英二井上晃太郎黒田貴之篠原悠介岩井孝法NECICM2023-65
近年,複雑化するネットワークの効率的な運用を目的とした運用自律化技術が盛んに研究されている.関連技術として,利用者がサー... [more] ICM2023-65
pp.107-112
ICM 2024-03-22
16:50
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラフデータベースとAIの融合によるシステム監視・運用・保守の最適化手法の提案
杉本昌司長谷川龍哉佐々木 亮遠藤哲志大野木健太NTTコムウェアICM2023-66
これまで我々は,日本の通信ネットワークを支える多数のオペレーションシステムを開発してきた.
これらのシステムの監視・運... [more]
ICM2023-66
pp.113-118
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2024-03-22
10:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学(OIST) OISTカンファレンスセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
重要施設に設置されたIoT機器のキーワードベース探索手法の検討
川口麻美佐々木貴之木原百々香吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2023-86
遠隔監視を目的とするシステムへのIoT機器の導入が進んでいる.このようなシステムで使用されるIoT機器の中には,設置場所... [more] ICSS2023-86
pp.123-128
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2024-03-22
10:55
沖縄 沖縄科学技術大学院大学(OIST) OISTカンファレンスセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DNNモデルへのバックドア攻撃に対する署名埋込手法の改良
藤本 聖王 イントウ宮地充子阪大ICSS2023-87
近年,機械学習,特に深層学習は飛躍的な進歩を遂げ,交通・医療・金融など多岐にわたる分野での応用により,我々の社会に大きな... [more] ICSS2023-87
pp.129-136
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2024-03-22
12:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学(OIST) OISTカンファレンスセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習を用いた悪性URLクエリ検知に対するラベル反転攻撃の攻撃耐性評価
松波 旭名大)・長谷川皓一NII)・山口由紀子嶋田 創名大ICSS2023-90
近年では,ウェブアプリケーション利用の増加に伴い,関連したサイバー攻撃も増加している.ウェブアプリケーションを狙った攻撃... [more] ICSS2023-90
pp.153-159
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-14
16:35
大阪 大阪大学吹田キャンパス ブロック暗号LBCに対するBit-Based Division Propertyを用いた積分攻撃
芝山直喜五十嵐保隆東京理科大IT2023-131 ISEC2023-130 WBS2023-119 RCC2023-113
LBCは2023年にKapalovaらによって提案された64ビットブロック暗号であり,鍵長は80ビット,ラウンド数は20... [more] IT2023-131 ISEC2023-130 WBS2023-119 RCC2023-113
pp.350-357
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-14
17:00
大阪 大阪大学吹田キャンパス variance gamma事前分布とt-事前分布を用いたスパースBayes線形回帰モデルにおける推定性能のスケールパラメーター依存性の比較
村山一明電通大IT2023-135 ISEC2023-134 WBS2023-123 RCC2023-117
Bayes 線形回帰モデルの回帰係数をスパース推定する際, variance gamma 分布と t-分布を事前分布とし... [more] IT2023-135 ISEC2023-134 WBS2023-123 RCC2023-117
pp.374-379
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-13
14:15
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
浅海水中音響通信のための簡易チャネルシミュレータと簡易チャネルパラメータ評価手法
橋本宏一有田英司下村崇碩國松彩乃藤田太一久保博嗣立命館大RCS2023-262
本報告では,浅海水平方向運用を想定した,水中音響通信 (UWAC) のための簡易なパスバンドチャネルシミュレータと簡易な... [more] RCS2023-262
pp.48-53
NLC, IPSJ-NL
(連催)
2024-03-10
10:50
兵庫 三宮コンベンションセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数モデルの統合とデータ拡充による議論評価
橋口駿亮嶋田和孝九工大NLC2023-23
近年,大学入試や就職試験において人とのコミュニケーション能力を測る手段としてグループディスカッションが活用されている.こ... [more] NLC2023-23
pp.1-6
SS 2024-03-07
13:30
沖縄 石垣市健康福祉センター(沖縄)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Nested Timed Automataに対するZoneに基づく到達可能性解析
城 聖一郎名大)・小川瑞史北陸先端大)・結縁祥治名大SS2023-53
本稿では時間オートマトンをスタックアルファベットとするプッシュダウンオートマトンであるNested Timed Auto... [more] SS2023-53
pp.25-30
SS 2024-03-09
10:35
沖縄 石垣市健康福祉センター(沖縄)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プログラミング演習における編集中のソースコードに対する自動フィードバック方法の考察 ~ 模範解答プログラムの編集遷移グラフを用いた誘導型フィードバック ~
澤田侑希蜂巣吉成吉田 敦桑原寛明南山大SS2023-78
プログラミング演習において,一部の学習者にとって自力でソースコードを完成させることは困難である.自動フィードバックの研究... [more] SS2023-78
pp.174-179
PRMU, IBISML, IPSJ-CVIM
(連催) ※学会内は併催
2024-03-04
10:52
広島 広島大学 東広島キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DnCNNを用いた生成AIに対する画像作品保護
福田有輝也金岡大樹九工大)・田向 権九工大/ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターPRMU2023-71
Stable Diffusionをはじめとする画像生成AIは急速に発展しているが,その一方でクリエイターの画像作品を無許... [more] PRMU2023-71
pp.116-121
MI 2024-03-04
10:46
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
体幹部CT画像における自動筋骨格セグメンテーション
ゴリン サナー アミナ崇風まあぜん大竹義人奈良先端大)・政木勇人奈良先端大-PSP株式会社)・村上陽子永谷幸裕渡邉嘉之滋賀医科大)・上村圭亮阪大)・高尾正樹愛大)・菅野伸彦阪大)・佐藤嘉伸奈良先端大MI2023-70
CTにおける筋骨格系セグメンテーション(MSK)は、体組成分析、バイオメカニクス、診断など、いくつかの専門分野に有用であ... [more] MI2023-70
pp.122-126
R 2024-02-29
16:45
島根 松江テルサ ゴンペルツ可積分差分方程式に基づく確率モデル化
鈴木海斗黒沢 健東京理科大)・佐藤大輔NTTR2023-62
ゴンペルツ曲線を用いた予測法において、確定モデルである可積分差分方程式を用いた方法の確率モデルへの拡張を提案する。可積分... [more] R2023-62
pp.42-45
SeMI, IPSJ-UBI, IPSJ-MBL
(連催)
2024-03-01
10:30
福岡 福岡大学 生体温熱モデルの新生児適用に向けた誤差逆伝播法によるパラメータ最適化の検討
坂元菜摘工藤寛樹内山 彰阪大)・濱田啓介長崎みなとメディカルセンター)・平川英司鹿児島市立病院SeMI2023-81
新生児は体温調節機能が未熟なため,保育器による温度管理が必要不可欠である.現在はプローブを新生児の肌に貼り付け,体温測定... [more] SeMI2023-81
pp.60-65
 1878件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会